Ubuntu Weekly Topics

2009年12月11日号 10.04のカーネル・今後のFirefoxのアップデート方針・Ubuntu Magazine Japan vol.2・FCM#31・UWN#170・#171

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

先週は筆者多忙のためお休みを頂いてしまったので,今週は2週間分の動きをまとめてお伝えします。

10.04の開発

過去に引き続き,UDS-Lに向けて登録された,あるいはUDS-Lで議論されたBlueprintや周辺情報や各種開発MLでの議論から,筆者の主観に基づいて「重要そうなもの」⁠気になるもの」⁠凄そうなもの」をお届けします。

12月3日にFeature Freezeはかかっているのですが,開発の進捗が遅い・致命的な問題が見つかったといった理由で開発がキャンセルされることもありますので,⁠かもしれません」「たぶん。きっと」といった語尾を補う必要があるのはこれまでと同様です。なお,12月10日に最初の開発版,Alpha1のリリースが行われています(が,このバージョンはKarmicとほとんど差がありません)⁠

10.04のカーネル

10.04のコアとなるLinuxカーネルは,先日リリースされた2.6.32になる可能性が高そうです。端的な理由としては,2.6.33はUbuntu 10.04のリリースサイクル上,かなりキワになってからリリースされる(2010年4月までリリースされない可能性すらある)からです。10.04はLTSとなるため,長期間にわたってサポートを提供する必要があり,特にサーバー用途では「枯れた」状態のカーネルを投入する必要があるため,2.6.33を無理に入れる,といったことはなさそうです。

基本とするカーネルバージョンで冒険しない分,カーネルモジュールや独自パッチのマージウインドウが広くなりますので,メインライン注1にマージされていないモジュールやパッチは多めに取り込まれる可能性があります注2)⁠

注1
「メインライン」とは,LKMLを中心にLinusが開発している「Linuxカーネルの公式版」のことです。DebianやUbuntuなどの各ディストリビュータは,このメインライン版のカーネルに独自のパッチや機能拡張・ドライバなどを追加したものを配布しています。
注2
早くもkernel-teamのMLでは色々なドライバや機能拡張が提案されはじめており,いつものリリースより,特殊なドライバが必要なノートPCユーザーにとっては嬉しいものになるかもしれません。ただし,前述の通りLTSでは長期間のサポートを提供するためのkernel-teamのコスト負担もあるため,厳選されたパッチだけが取り込まれることに変わりはありません。こうした措置の実務を知りたい場合は,Ubuntuカーネルの差分について検討するこのSPECが参考になるでしょう。

Firefoxの管理

Ubuntuをデスクトップ用途で利用する場合,多くのユーザーはデフォルトのWebブラウザであるFirefoxを使っているはずです。Firefoxには一定のサポート期間があり,セキュリティアップデートを適切に提供するためには,⁠最新のFirefoxを使う」必要があります。これは,Ubuntuの各リリースにおいて,⁠リリース後に最新のFirefoxに更新しなくてはいけない」ということを意味します。

たとえば,Firefox3.0のサポートは2010 年1月までしか提供されません。Firefox3.0をデフォルトで採用するUbuntuの各リリースは,このタイミングでFirefox3.5に更新する必要が出てきます。同様に3.5→3.6といったバージョンアップも将来は必要になるでしょう。Firefoxのリリースサイクルはこうした「小刻みな」マイナーアップデートを重ねる形に移行しようとしており,移行が完了すると,Ubuntuの1リリースが寿命(サポート期限)を迎えるまでの間に,3~4回のアップデートが間に入る計算になります。

Ubuntuのリリースとアップデートのプロセスでは「リリース後」にはアプリケーションの大きな更新は行わないことになっていますから注3)⁠こうした更新は非常に大きな問題となります。

さらに話をややこしくするのは,Firefoxは多くのライブラリとリンクして動作しており,⁠より新しいFirefoxでは,新しいライブラリが必要になる」可能性があることです。これにより,⁠Firefoxを更新するためにはライブラリも更新しないといけない → そのライブラリを更新するには他のソフトウェアAも更新する必要がある → ソフトウェアAを更新するにはライブラリBも更新しないといけない → そしてそのライブラリには他のソフトウェアが依存していて(以下略)⁠といった,アップデートの連鎖が引き起こされる可能性すらあります。

こうした問題を解決するため,Lucidフェーズで新しいFirefoxのリリースポリシーへの対応が検討されることになっています。現時点ではまだ既存の問題点を整理する段階ですが,Firefoxはできるだけシステム内のライブラリを使わず,自力で完結するようにビルドする・依存関係も事前にできるだけ明確にしておき,Firefoxの更新がシステム全体に影響しないようにする・ブラウザコンポーネントが必要なものはXULrunnerではなくWebkitにしてみる,といった対策が検討されています。

最終的には現在のUbuntuのリポジトリで提供されるFirefox3.0・3.5にほぼ完全なside by side注4が実現されているのと同じく,ユーザーが意識せずとも問題なくFirefoxのバージョンが更新されていく状態になるでしょう。

注3
小さな更新(セキュリティアップデートと重大なバグの修正)はリリース後も日常的に行われます。これを「SRU」Stable Release Updateと呼んでいます。
注4
「相互に独立した」⁠お互いに影響を与えない」といった意味の表現です。⁠混ぜるな危険」的なソフトウェアを分離し,互いに影響を与えずに動作させる場合にしばしば使われます(言い換えると,⁠side by side」と書かれていたら,⁠本来は一緒にできないこともある,あるいはそう思われがちであるが,きちんと分離されている」といったニュアンスが含まれます)⁠

3Dが使えない環境用のUNEランチャー

UNE注5では,狭い画面でも任意のソフトウェアを起動しやすくするために,全画面で動作する専用のランチャーが起動するようになっています。9.10ではClutterライブラリ(MoblinのUIを構成するのと同じ,2D/3Dアニメーションライブラリ)を用いて,⁠動き」のあるメニューが実現されています。

ですが,このメニューは内部で暗黙で3D描画を行っているため,3Dアクセラレーションが得られず,かつマシンパワーのない環境では非常に『重い』ソフトウェアとなっていました。これは,特にARMやAtom+Poulsboなどの「MID向け」ハードウェアで顕著な問題となります注6)⁠

9.10ではこの問題に対処するため,2Dベースのランチャーと,3Dベースのランチャーのいずれかから,そのシステムにとって適切なランチャーを起動するように起動時に判定が行われる形となりそうです。すでに⁠2D launcher already exists, in private branch on LP⁠ということなので,近い未来に確認できると思われます。

……ちなみに,古いLinux・*BSDユーザーは,⁠Built with E17 foundation libraries⁠という記述の方が興味深いかもしれません。Enlightenment DR17の成果物が,あまりにも予想外のところで使われることになりそうです。

注5
UNE(Ubuntu Netbook Edition)は,Ubuntu Netbook Remixの後継バージョンです。11月20日号を参照してください)⁠
注6
ARMプロセッサの多くは内部にPowerVRベースの3D描画エンジンを内包していますが,これはフルスクリーンでのみ動作するもので,X上からハードウェア描画を利用することは今の時点では現実的ではありません。

Ubuntu Magazine Japan vol.2

Ubuntu Magazine Japan vol.02が月曜日,11月30日に発売となりました。本邦初のUbuntu専門誌第2号,特別付録は「うぶんちゅ!特製レーベル Ubuntu 9.10 日本語 Remix CD」です。

Full Circle Magazine#31

Ubuntuに関する記事を集めた月刊Webマガジン『Full Circle Magazine』31号がリリースされました。主な内容は次の通りです。

  • ターミナル操作のすすめ。今回はHDDの取り扱い,特にsmartctlやhdparmによるHDDのステータスの取得を学びます。
  • HowTo: Pythonを使ったプログラミング,第5回。wxPythonとBoa Constructorを用いて,GUIアプリケーションの開発を行います。ただし,今回は「ボタンを押したらダイアログが表示される」というところまで。
  • HowTo: Ubuntuで利用できる各種音楽再生ソフトウェアのカタログです。
  • HowTo: Ubuntu ServerでISPConfigを使ったサーバー設定。ISPConfigはブラウザ上で動作する,⁠ホスティングサービス」用のコントロールパネルです。今回はUbuntu Serverをインストールするところまでで,本格的な設定は次回以降です。Ubuntu Serverの入門には良さそうです。

などなど。Full Circle Magazineは豊富なスクリーンショットと平易な英文で記述されているので,日本人が読むのもそれほど苦にならないでしょう(中学英語程度で十分に読めるはずです)⁠

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入