Ubuntu Weekly Topics

2010年5月14日号 10.10の開発開始・Ubuntu Light・mozc・Japanese Remix ISOイメージの再リリース・10.04の注意点(4)・UWN#192

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

10.10の開発開始

Ubuntu 10.04のリリースが無事に完了したことから,次のバージョンであるUbuntu 10.10 “Maverick Meerkat⁠の開発がスタートしました。

開発者会議であるUDS(UDS-M)が行われ,仕様の策定・アイデアの整理などが行われています。UDSで行われたMark Shuttleworthのキーノートがhttp://blip.tv/file/3603061で閲覧できます(約48分あります)⁠全体を見るだけの時間のない方のためにざっとキーワードをまとめると,以下のようになります。

  • 「キャズムを越えろ」
  • 「フリーソフトウェアを用い,真に普通の人が使えるデスクトップに」
  • 「今回の目標: Webに接続するまで7秒(The web in 7 seconds)⁠
  • 『Ubuntu Light』⁠10:00前後~。特に11:30にインストール方法や機能概要があります。また,33:00頃から「Ubuntu Lightプロトタイプによる動作デモ」を見ることができます)
  • サウンドインジケータの改良
  • 「時刻」メニューの改良
  • ネットワークメニューの改良(コネクションマネージャの導入。10.10ではUNE向け。11.04でDesktopへ)
  • Window indicators(⁠Light』テーマでアキ空間になった「ウインドウの右側」に表示する各種インジケータ)
  • “The Perfect 10.10”
  • 101010=42 ;)注1

各方面で注目のUbuntu Lightは,Clutter(Moblinで使われているライブラリ)ベースのGUI・限界まで軽量化したランチャーとパネルとUnityデスクトップによって構成された,OEM向けのプロダクトです。canonical.comにあるスクリーンショットではブラウザはFirefoxになっていますが,UDSでMark Shuttleworthが示したサンプルデスクトップでは,Chromeにしか見えないブラウザが写っています。現時点でcanonical-dx-teamのPPAからテスト版のUnityをインストールし,実際に試すことができます。

注1
10.10のことを10.10.10という愛称で呼び,これは2進数で42なので,これは「人生,宇宙,すべての答え」なんだという小ネタが一部で流行っています。問題は,小ネタを広めている人がMark Shuttleworthだということで……。

Google日本語入力のオープンソース版

Chrome OS(Chromium OS)向けに利用することを踏まえて,Google日本語入力のオープンソース版が公開されました。プロジェクト名は「Mozc」です。

幸いなことに,Linux Build Instructionに従うことで,非常に簡単にUbuntu 9.10・10.04で動作するibus-mozcパッケージをビルドすることができます。

10.04の注意点(4)

今週も先週までに引き続き,10.04の注意点を示します。

10.04 Japanese Remix ISOイメージの再リリース

10.04 Japanese RemixのISOイメージに,⁠ディスクの破損をチェックする」際に,必ず失敗するバグが確認されました(LP#576887)⁠ご指摘頂いた方に感謝します。バグへの対応として,新しいISOイメージをリリースしました

ただし,これに伴う問題は「ディスクの破損をチェックする」による検証が機能しないことだけです。ISOイメージ公開後に提供されているアップデータの適用はありません。既にインストールに成功している場合・また,ISOイメージからCDを焼く際にベリファイに成功している場合は,新しいイメージと同等ですので,再ダウンロードや再インストールを行う必要はありません。

LANG 環境変数の変化

10.04以降,GDM経由でログインした場合はLANG環境変数に*.utf8形式の値が入ります(これまでは*.UTF-8形式)⁠日本語環境の場合,これまでのja_JP.UTF-8に代わり,ja_JP.utf8が入ることになります。通常,glibcのロケールサポートを利用したソフトウェアであれば,これまで通り動作しますが,LANGに*.UTF-8式の値が含まれていることを期待するソフトウェア(LANG環境変数に含まれる文字列を直接パースして文字コードを切り替えるような実装を行っているもの)が,正常に動作しなくなっています。

これにより,Japanese Remixに含まれるunzipパッケージを利用しても,file-rollerなどからSHIFT_JISファイル名を含むアーカイブを展開でいなくなっています(LP#579116)⁠対処版パッケージをまもなくリリースする予定です。

なお,LANG環境変数の変化については,適用が不完全なため,/etc/default/localeの値・KarmicやHardyからアップグレードした場合・アカウントを新規作成した場合・コンソールからの操作の場合などは*.UTF-8式の値が使われます。

Ubuntu Weekly Newsletter #192

Ubuntu Weekly Newsletter #192がリリースされています。

その他のニュース

  • Upstartが将来的にcronを置き換える話。最近iPadを買ったらしいScott James Remnant(Upstartの主要開発者)によれば,it's planned for the next major versionとのことなので,Ubuntuシステムからcrondがいなくなる注2日が近いかもしれません。
  • SiS 771/671系グラフィックスチップ用ドライバを10.04で使う方法
  • GSoC(Google Summer of Code)で採択されたUbuntu関連プロジェクトの一覧。クリップボードの改良・Android用Ubuntu Oneクライアントなどなど,非常に魅力的なアイデアが並べられています注3)⁠
注2
cron daemonの代わりにUpstartがcronタスクを実行します。crontab等は残るため,ユーザー側で意識すべきことはほとんどありません。また,atコマンドによる実行も同じように置き換えられるはずです。
注3
GSoCで採択されたものは,現状ではアイデアです。これらの提案を行った学生が機能を実装することで,初めて世に出てくることになります。

今週のセキュリティアップデート

usn-936-1:dvipngのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2010-May/001090.html
  • Ubuntu 9.04・9.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2010-0829を修正します。
  • CVE-2010-0829は,dvipngが不正なDVIファイルを変換する際,配列外への参照・書き込みが発生する問題です。これにより,アプリケーションのクラッシュ・任意のコードの実行が発生する可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで必要な変更が行われます。
usn-937-1:TeX Liveのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2010-May/thread.html
  • Ubuntu 8.04 LTS・9.04・9.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2009-1284, CVE-2010-0739, CVE-2010-0827, CVE-2010-1440を修正します。
  • CVE-2009-1284は,TeX Liveに含まれるbibtexが,.bibファイルの処理において,メモリアロケーションに失敗する問題です。glibcによりメモリ破壊が検知され,通常はアプリケーションのクラッシュが発生します。glibcの未知のバグと組み合わせることにより,任意のコードの実行が発生する可能性があります。この問題はUbuntu 8.04 LTS・9.04・9.10にのみ影響します。
  • CVE-2010-0739, CVE-2010-1440は,dvips/dvipskによるdviファイルの取り扱いにおいて,整数オーバーフローが発生する問題です。アプリケーションのクラッシュ・任意のコードの実行が発生する可能性があります。
  • CVE-2010-0827は,dvipsによるdviファイルの取り扱いにおいて,バッファオーバーフローが発生する問題です。アプリケーションのクラッシュ・任意のコードの実行が発生する可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで必要な変更が行われます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入