Ubuntu Weekly Topics

2010年9月3日号 GwibberのOAuth対応・Magic trackpadのドライバ・10.10のBeta・10.10のPapercuts(3)・UWN#208

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

GwibberのCall for Testing

Ubuntuでは,10.04から「ブロードキャスト」ソーシャルクライアントとしてGwibberを搭載しています。GwibberはFacebook・Twitterなどのマイクロブログ系のサービスのフロントエンドとして動作するクライアントです。日本国内では多くの方がTwitter用クライアントとして利用しているはずです。しかし,9月1日からTwitter.comではBASIC認証によるログインが行えなくなり,OAuthによる認証が必須となっています。結果として,現時点ではGwibberはTwitter用クライアントとして機能しない状態です。

そこで対処として,OAuthに対応するテスト版が公開されています。Gwibberを主なTwitterクライアントとして利用している場合はテストに参加してみてください。OAuth対応版Gwibberは,このテストが完了後,可能な限り速やかに10.04用の公式なアップデートとして提供される予定です。安全を重視する方,テスト環境をお持ちでない方は,もう少しだけ待つようにしてください。

10.10の開発

10.10はBetaリリースを済ませ,それに伴う機能面での取捨選択(というか「捨選択」⁠が行われ,⁠10.10の完成形」が見えてきました。⁠10.10で動かないと困る」タイプのソフトウェアがある方は,10.10 Betaでの動作を確認するようにしてください。リリース後の修正に比べると,RC以前に報告されたバグの修正は容易です。

現時点で相当数のUI Freeze Exceptionが出ているため,Beta版からRC・Releaseに向けて「見た目」の面ではまだまだ大きな変化が残っています注1)⁠現状での見た目を確認したい場合は,⁠OMG! Ubuntu!」の各種記事を参照するのが手軽でしょうUnity壁紙新しいサウンドパネルなどがまとめられています)⁠

注1
後述のMultitouch関連の修正も予定されているため,⁠中身」の部分でも大きな変化がありそうです。9月16日のKernel Freezeまでの間に,大量のドライバ関連のパッチがマージされるはずです。⁠マージしようと思ったドライバ,UpstreamでKernel Panicするぞって怒られちゃったから修正版出すね」⁠意訳)という恐ろしい会話が交わされてもいるのですが,筆者は見なかったことにしました

Multitouch Device関連

Ubuntu 10.10の目玉機能の一つ,uTouch 1.0は,⁠マルチタッチをサポートするデバイスの,ドライバからユーザランドツール・各種アプリケーション」までをひとまとめにした一種のディストリビューションです。この機能はCanonicalの肝いりで進められているため,非常にハイペースで開発が進んでいます。具体例としては,Magic Trackpadでマルチタッチをサポートするパッチや,各種のドライバ類などが,1週間ごとに大量のpull requestとして結実している様子が見られます。10.10のリリース時点では,かなり期待できる完成度になりそうです。

また,各種マルチタッチデバイスとMTドライバを組み合わせた状態での動作テストも必要となるため,Call for Testingがかけられています。お手元にマルチタッチデバイスのある方は参加してみてください。

10.10から11.04へ延期された機能

Ubuntuの開発では「リリース期限を優先し,間に合わない機能は次のリリース周期へ回す」という措置がしばしば取られます注2)⁠10.10の開発はこれまでのリリースに比べて2週間ほど期間が短いため,いつもよりやや多めに「捨てる」機能が出ています。ここではUbuntu 11.04の新機能の一部とも言える,⁠延期されることになった機能」を見ていきましょう。

注2
むしろ前提となっている部分もあり,かなり無茶な新機能であっても仕様としていったん書いてしまい,走りながら考える,というのが基本的なスタイルです。おおむねBeta前後に取捨選択が行われます。

GRUB2でのフレームバッファサポート

Ubuntuの起動まわりでは,⁠スムーズな画面遷移』がテーマの一つとなっています。9.04からの起動周りの改善に伴い,10.04では「BIOS表示 =>; GRUBの表示 =>; KMS =>; Plymouth =>; GDM =>; デスクトップ画面」という流れで実現されています。このうち,BIOSとGRUBの部分はどうしても低解像度の,テキストベースの表示となってしまっています。BIOS表示の部分はOS側から制御する方法はないので,事実上残された課題はGRUB部分だけです。

10.10では,GRUBをフレームバッファ上に表示することで,高解像度,かつフルカラー表示のOS選択画面を実現する予定でした。しかし,この部分はさまざまな要因が絡みあってくるため実装が難しく,かつ実装後も様々な環境でテストを行う必要があります。Beta時点ではまだ実装すら完了していないため,10.10のリリースには間に合わないという判断が行われました。この機能は11.04に延期されることになります。

Update Managerからのbtrfs snapshotサポート

Btrfs関連の機能については,10.10では次の3点が予定されていました。

  • 第一段階:Kernelとインストーラへの組み込み
  • 第二段階:GRUB2でのBtrfsサポート
  • 第三段階:Update ManagerでのBtrfs snapshotとrevertのサポート注3

このうち,第二段階・第三段階の部分が11.04へ延期となっています。インストーラやKernelへの組み込みは完了しているため,/bootを別パーティションのext3, ext4などで構成するのであれば利用可能です。アップデートの適用前後に手動でsnapshotを取得すれば11.04で実現される機能の模倣も可能ですが,Btrfsの特徴的な機能であるSnapshotを手軽に利用するためのGUIがないため,一般的な用途ではほとんど恩恵を受けられないでしょう。

注3
パッケージアップデートを適用する前にBtrfs snapshotでシステム全体のバックアップを取っておき,その後でアップデータを適用する,という機能です。これにより,アップデータに何らかの問題があった場合に気楽にrevert(巻き戻し)を行うことが可能です。もちろんシステム全体を単純にrevertしてしまうとホームディレクトリなどの「巻き戻ってほしくない領域」まで巻き戻ってしまうため,これを避けてrevertする機能がGUIに組み込まれる予定でした。

クラウド環境用モニター

クラウド環境(UEC)向けの機能として,各仮想マシンのパフォーマンス情報を集約する機能が実現される予定でしたが,これが延期になっています。また,Elastic Load Barancing互換の機能も予定されていましたが,こちらもその大部分は延期となっています。

ARM用Clutter・OpenGL ESアクセラレーション

ARM環境用に,OpenGL ESベースで動作するClutter環境が準備される予定でしたが,延期になりました。

また,EFLベースの軽量なパネルが実装される予定でしたが,11.04に延期になりました。

Network Managerの強化

Maverickで予定されていた一部の機能が実装されませんでした。具体的にはエアプレーンモード(全無線系機能のOff)やNetbook Edition専用のアプレットなどです。

著者プロフィール

Ubuntu Japanese Team

Ubuntu Japanese Teamは,日本におけるUbuntuのローカルコミュニティチームです。Webサイト・フォーラム・ML・Wiki・IRCなどを中心に情報の共有と開発コミュニティへのフィードバックを行い,また,オリジナルに含めることができなかった日本語環境用のパッケージ・日本語ローカライズドDesktop CDを作成・配布しています。

コメント

コメントの記入