Ubuntu Weekly Topics

2010年12月24日号 11.04のDebian Import Freeze・Unityの開発・hp製デスクトップへのCertification

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

11.04の開発

日本を含めた各国がクリスマスシーズンに入り,11.04の開発は非常に落ち着いた状態になっています(若干の問題は起こりましたが,Alpha〜Beta時期の開発,しかも設定ファイルの構成変更時には良く起こることです)⁠

Debian Import Freeze

11.04のDebian Import注1は,年内にフリーズされる予定です。universe・multiverseに含まれるパッケージに「これは必ず使いたい」というものが含まれる場合は,年明け後に動作確認やDebianのバージョンとの比較が必要になります。

なお,Debian側のSqueezeリリース時期との兼ね合いもあり,大量のSync Requestが発生すると見られます。このSync Requestに関する疑問とその回答のやりとりが,ubuntu-devel-discussで行われているので,あわせて確認すると良いでしょう。

また,パッケージングそのものに関連するガイドの整備も,11.04の開発フェーズで行われる予定です。

注1
Ubuntuのuniverseコンポーネントは,自動化されたプロセスによるDebian sidからの単純なコンバートと再ビルドによって構成されています。こうしたsidからのコピーを「Debian Import」と呼んでいます。自動的なImportは開発の比較的初期の段階で打ち切られ(Import Freeze)⁠Import Freeze後は「バグ」として「Sync Request」と呼ばれる『このバージョンのパッケージをsidからImportしてほしい』という要求に基づいてImportが行われるようになります。

Unityの開発

Ubuntu 11.04のデスクトップ環境,⁠Unity⁠の開発が進められています。Unityの完成まではまだまだ膨大な作業が残っているため,広く支援が求められています。

Bitesize Bugの修正,バグの探索,デザインの調整・翻訳等,さまざまな分野の作業が存在するので,腕に覚えのある方は参加してみてはいかがでしょうか。

“ブラックアウトしない”ブート

10.10の開発において一度は諦めた⁠ブラックアウトしない⁠ブート処理(GRUB2の動作モードを変更して,テキストモードに落ちないようにする)が,再び有効にされています。これにより,11.04ではこれまでよりさらにスムーズな画面遷移が実現されることになる見込みです。

hpのデスクトップPC

Ubuntuの開発サポート企業であるCanonicalでは,⁠Ubuntuを動作させられるPC」Certified/Ready認定を発行する,という業務も行っています。CertifiedはCanonicalによる認定,Readyは各ハードウェアによる自主的な(ただし,Canonicalの準備しているツールを使った)認定,という差はありますが,これらの認定を得たハードウェアでは,⁠Ubuntuが正常に動作する」と言えます。

この認定対象に,hpのデスクトップ(ただし,ビジネス向けモデルやWorkstationモデルが中心)も加わりました。日本国内で入手できないモデルも一部含まれるため,国内での入手には微妙なケースもありえますが注2)⁠⁠Ubuntuが動作するモデルがほしい」という要望を満たす上では,非常に良い状態になりつつあります。実際の認定を得た機種の情報はこちら

注2
同じ名称の製品であっても,日本国内で販売される(特にデスクトップ系の)モデルはパーツ構成に違いがあることもありえます。

その他のニュース

注3
Ubuntuの場合,KernelCheck以外にKernel PPAに最新のvanilla kernelが準備されています。

今週のセキュリティアップデート

usn-1033-1:Eucalyptusのセキュリティアップデート
  • Ubuntu 10.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2010-3905を修正します。
  • CVE-2010-3905は,EucalyptusのWebインターフェースのうち,パスワード変更UIにおいて,一定条件下で第三者がパスワードを変更できてしまう問題です。これにより,パスワード変更UIへアクセス可能な第三者がEucalyptus管理者の特権や,通常ユーザの利用権を奪取できる可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
  • 備考:問題の詳細はLP#675372を参照してください。この問題はEucalyptus 2.0.0, 2.0.1のみに存在します。1.x系のEucalyptusは影響を受けません。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入