Ubuntu Weekly Topics

2011年3月4日号 Developer Week・Upstart 1.0・N+1のUDS・OSC2011 Tokyo/Spring・オフラインミーティング関西・kernelのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

Ubuntu Developer Week

Ubuntuの開発者とユーザーが交流する「お祭り」である,Ubuntu Developer Weekが開催されています(2月28日~3月4日)⁠Developer Weekは,⁠開発に関わろうと思っている人が,開発者に質問をする」ことで,Ubuntuの開発に参加するための糸口を提供するイベントです。

イベントの様子は,Daniel Holbachのblogや,Wikiページのタイムテーブルから確認できます。リアルタイムで参加するだけでなく,どちらかというと後からログを読む,という楽しみ方もできるイベントですので,興味のある分野のセッションのログを覗いてみてください。

Upstart 1.0!

Upstartは,Ubuntu(やRed Hat Enterprise Linux)で使われている「次世代のinitプログラム」です注1)⁠既存のSysVinitに比べると,サービス起動スクリプトを簡便に記述できる・複雑な条件を簡単に指定できる・サービス起動を並列に実行できるので高速,といった多くのメリットを持っています。Ubuntuでは6.10の時代からUpstartを取り込んでいます。

このUpstartが,ついにVersion 1.0を迎えました。0.3(/etc/event.d/時代)から0.6への移行時のような非互換な変更は行われず,非破壊な拡張が行われるであろう,という意味で,1.0は非常に重要なリリースです。もっとも,Upstartの当初案に含まれていた「atやcronの置き換え」注2⁠サービス単位での再起動」といった機能やシステム内での調整にはまだ至っておらず,まだまだ機能は追加されていくはずです。

注1
「initプログラム」を知らない場合,⁠Linuxシステムで最初に起動し,各種サービスを起動するためのもの」⁠何かコアにあたるもの」といった理解で十分です。
注2
initは「システム起動時」や,⁠何か特定のイベントが起きたとき」にサービスを起動するためのプログラムです。この「何か特定のイベントが起きたとき」を,⁠特定の時刻になったとき」に読み替えると,⁠atやcronも本質的にはinitに統合できるのではないか?』という発想に至ります。Upstartの開発ターゲットには,atやcronの代替&統合が掲げられています……が,そうした実装はまだまだこれから,というのが現状です。

「N+1」のDeveloper Summit

Natty(11.04)のリリースを約二ヶ月先に控え,⁠Nの次」⁠N+1)のための動きが始まっています。

Ubuntuの開発は,Ubuntu Developer Summit⁠UDS)と呼ばれる開発者会議から始まります注3)⁠UDSにはUbuntuの開発者だけでなく,Canonicalのパートナー企業・Debian開発者の一部・GNOME等のソフトウェア開発者・Ubuntuを利用するハードウェアベンダのオープンソース関係者,といった「Ubuntuの開発にかかわる人」が集まり,⁠次のバージョン」の開発方針やスケジュールを確定するために,数日にわたってディスカッションを繰り広げる,というものです。

UDSへの参加においては,既存の開発者であればCanonicalによる旅費の補助(ただし,大抵は「費用の一部」⁠が行われます。今回のUDSでも,この補助の募集が開始されました(開発が佳境に入った頃の風物詩とも言います)⁠

UDS N+1は,5月9日〜13日,ハンガリーの首都ブダペストで行われます。

注3
厳密に言うと,コードネームの発表→開発者会議→実際の開発作業,という形で,⁠コードネームの発表」の方が先に来る,という見方はあります。もっとも,コードネームの発表そのものは開発の指針の公表でしかないので,実務的には開発者会議からスタート,という理解で良いでしょう。なお,時期的にはそろそろ「N+1」の開発コードネームの発表があるはずです。

Nattyの開発

builder incident

Nattyの開発そのものにはそれほど大きなShow Stopperは発生していませんが,ビルドに用いられるサーバーではちょっとした事件が発生していました。問題のあった期間にビルドされたパッケージが,万が一システム内に含まれてしまっていないか注意したほうがよいでしょう。

なお,このような「インシデント」は,Incident Reportとして随時まとめられていきます。開発版を利用している場合,あるいはUbuntuをビジネスに利用しているような場合は,ubuntu-devel MLを購読するか,定期的にこのページを確認するようにした方がよいでしょう。

Wayland in natty

将来的にUbuntuでX.orgの代わりに使われるであろうGUIサブシステム,WaylandがNatty用に提供されるようになりました。

現状では完全に「人柱向け」テスター向け」というよりは「勇者求む」というレベル)ではありますが,未来のLinuxデスクトップを体験してみたい,という場合には手を出してみても良いかもしれません。テストする場合には,ML上のアナウンスに記載された注意事項をきちんと読み,予備機を準備してから導入しましょう。

オープンソースカンファレンス 2011 Tokyo/Spring

Ubuntu Japanese Teamは2011年3月4(金),5日(土)に開催されているオープンソースのお祭りオープンソースカンファレンス 2011 Tokyo/Fallに参加します。会場は早稲田大学 西早稲田キャンパスです。ブースにてデモ機の展示を行うほか,5日には「Ubuntu 11.04プレビュー」と称して,Ubuntuの次期バージョン(Natty)に関するセミナセッションを行います。

イベントの概要は次の通りです。皆様のご来訪をお待ちしております。

日程2011年3月4日(金)10:00-17:00, 5日(土) 10:00-17:30 (4日の展示は11:00から,5日の展示は16:00まで)
会場早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館,61号館(地下鉄東京メトロ 副都心線「西早稲田」駅から直結)
参加費用無料
主催オープンソースカンファレンス実行委員会
共催早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科
企画運営株式会社びぎねっと
URLhttp://www.ospn.jp/osc2011-spring/

なお,会場の食堂・自販機には数に限りがありますので,飲料水の持ち込みに加え,昼食を取られる場合は適宜持ち込みをお願いいたします。

図1 今回のブース

図1 今回のブース

オフラインミーティングKansai 11.03

Ubuntu "オフライン" ミーティングは,Ubuntuユーザーが直接顔を合わせいろいろな形で交流を行うためのイベントです。今回は「2010年度の忘年会」と称して,恒例の昼食会&お茶会&セミナ&ライトニングトークを行います。関西のUbuntuユーザ同士の親睦を深めましょう。

イベントの概要は次の通りです。OSC Tokyoに引き続き,こちらも皆様のご来訪をお待ちしております。

日程2011/03/19(土) 12:30 ~ 18:00 (予定)
会場京都高度技術研究所 8Fコミュニケーションルーム (京都リサーチパーク内)
重要参加には事前登録が必要です。ATNDを用いて登録を行ってください。
主催Ubuntu Japanese Team
協賛京都高度技術研究所(ASTEM)様
URLhttps://wiki.ubuntulinux.jp/Events/OfflineKansai201103

その他のニュース

注4
見た目はそれなり以上に揃うのですが,操作感覚が微妙に異なる(なによりウインドウの閉じるボタンや各種アプリケーションの挙動が違う)あたり,⁠すべてのPCで操作を揃えたい」という要望を満たすほどではありません。ですが,非常に良くできています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入