Ubuntu Weekly Topics

2011年4月1日号 Oneiricのアイデア出し・NattyのBeta1・Nattyのカーネルコンフィグ・9.10のEOL・Firefoxのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

Oneiricの新機能

Natty(11.04)の開発がBetaフェーズに入り,⁠次」のための準備作業が始まっています。ubuntu-serverメーリングリストでは,Server関連の開発者に向け,11.10で議論すべきアイデアの募集(Call for Topics)かけられています。

現在並んでいるのは以下のようなものです。気になる場合は,ubuntu-serverメーリングリストを購読するか,アーカイブを追いかけてみてください。

Nattyの開発

Nattyの開発はBeta1のためのFreezeが行われ,無事にリリースされました。ビジネスとしてUbuntuを利用している場合や,⁠動かないと困る」アプリケーションが存在する場合,いわゆる「本番環境」に利用しており,11.04へのアップデートを想定している場合は,Beta1を利用して動作不具合等の検証を行う必要があるでしょう。一般的なソフトウェア開発と同様,リリース後に大きな変更を適用することは困難ですので,Betaフェーズの間に不具合や仕様修正の提案が必要となります。

なお,今回のリリースで「デスクトップ」環境においてコアになるUnityは4月序盤まで開発が続くため,まだまだ使い勝手は改善されていく見込みです。

“Ubuntu”というリリース

Nattyでは,GNOMEに代わり,⁠Unity』がデスクトップ環境として利用されます。⁠Unity』は,これまでNetbook Edition(Netbook Remix)で利用されていたものです注1)⁠これは,⁠11.04のデスクトップ環境は,Netbook Editionと融合する」という意味でもあり,Nattyの開発の初期から,⁠デスクトップ版(Desktop Edition)とNetbook Editionを統合したものがリリースされる」というアナウンスが行われていました注2)⁠

この「デスクトップ + Netbook」の名称については具体的な決定は行われていませんでしたが,様々な議論やCanonicalでの検討を経て,最終的にデスクトップ版といった名称ではなく,⁠Ubuntu』というブランドを用いてリリースする,ということが確定しています注3)⁠Ubuntu 11.04では,これまでの「Ubuntu Desktop Edition」⁠Ubuntu Netbook Edition」といった名称に代わり,いわゆるデスクトップ環境を備えたものが「Ubuntu 11.04」⁠サーバー向けリリースが「Ubuntu Server 11.04」というブランディングになります。

注1
ただし,11.04の開発フェーズでこれまで利用されていたUnity(Clutterベース)から全面的に書きなおされ,Compizベースの新しいソフトウェアとして実装されているため,これまでのUnityとは性能使い勝手ともに大きく改善しています。
注2
「デスクトップ版ではなくノートPC版はないでしょうか?」という誤解を招く,というのも理由のひとつとして挙げられます。Ubuntuの「デスクトップ版」は,いわゆる「デスクトップ環境」を示すもので,⁠デスクトップPC用」という意味ではないのですが,背景を知らなければ無理からぬ誤解と言えるでしょう。
注3
この情報が今まで掲載されていなかったのは,筆者がポカをやらかして忘れていたからです……。

FTBFS

Debian・Ubuntuの開発フェーズではおなじみの光景である,FTBFS(Fails To Build From Source; ソースコードからのビルド失敗)を調査したNattyにおける報告。今回は比較的重要なパッケージでもFTBFSが起きており,対処が必要になる見込みです。腕に覚えのある方は問題を解決し,バグ報告をしてみてください。

Kernel configの変更点のまとめ

UbuntuのKernelは,Betaフェーズの直前までパッチのpullやcherry-pickが行われ,Betaリリースの時点で原則として凍結することが通例となっています。以降のバグフィックスはリリース後に行います。また,機能の追加を目的としたコンパイルオプション・カーネルコンフィグの変更は原則として行われず,凍結時点のカーネルコンフィグがリリース版にも適用されることになります。

Nattyにおいてもこの方針は同様であったため,Betaリリースを迎えた時点で,Maverick(10.10)からの比較表があらためて提供されるようになっています。

Upstart関連

Upstartと/etc/default/*

Natty~Oneiricの目標のひとつとして,⁠Upstartへの移行を一段落させ,仕様を確定する」というものがあります。これに伴い,10.04・10.10に引き続いて多くのスクリプトがUpstart native jobに切り替えられています。具体的な作業は,SysV initスクリプトをNative jobのためのconfファイルに書き換えていく,というものです。

しかし,この作業においては幾つかのバグが生じています。パッケージングミスによりSysV initとUpstart confが同時に存在する状態になっている・/etc/default/*ファイルが無視されるようになっている,といったものが挙げられます。後者については悩みどころで,Upstart native job側で/etc/default/*ファイルを読み込むように修正すると,ただでさえ煩雑な処理が必要なシステム起動時に,余計なファイル読み込みが必要になってしまいます注4)⁠

そのため,Oneiricではパッケージに含まれるメンテナスクリプトによってこれらを処理させ,SysV initからUpstart native jobへ移行する際等に,/etc/default/*にある設定を自動的に引き継げるように改造するべきではないだろうか,という提案が行われています。

すべての起動スクリプトがUpstart native jobになり,かつ,適切に依存関係が記述されるとサービスの再起動等,面倒な処理が大幅に自動化されるので注5)⁠Oneiricの「次」⁠O+1)に来る新しいLTSに大きな期待が持てそうです。

注4
余計なファイルを読み込む=余計なディスクI/Oが発生する=起動が遅くなる,ということで,あまり望ましい処理ではありません。
注5
たとえば現在のUbuntu環境では,ネットワークインターフェースの設定が変更されても,Apacheやbindといったネットワークサービスは自動的には再起動されないので,管理者が手動でプロセスを再起動するまではプロセスにバインドされたIPアドレス等はインターフェース設定の変更に追従しません。結果として,変更後に手動でSIGHUPを送る,といった面倒かつ口伝的な処理が必要になっています。Upstartではこうした処理を自動化するための依存関係を記述できるので,各種起動スクリプトが完全に移行されると,こうした処理をシステム側に任せることができます。

Upstart cookbook

Ubuntuで利用されている次世代init,Upstartの詳細な解説ドキュメント(Upstart cookbook)が公開されています。

9.10のEOL

11.04や11.10の開発が盛り上がりを見せている中,2009年10月にリリースされた9.10が4月30日にEOL(End of Life)を迎えようとしています。

UbuntuにおけるEOLとは,⁠セキュリティパッチを含む,あらゆるアップデータの新規開発が行われなくなる」ことを意味します。アーカイブサーバーやold-releasesサーバーを利用し,EOL時点までパッケージを更新すること・新規にパッケージをインストールすることは可能ですが,新たなバグフィックス等は行われません。特に,セキュリティアップデートが提供されない(セキュリティアップデートの必要性の精査もされない)ことは,通常の利用では致命的な結果をまねく可能性があります。

9.10から最新のLTSである10.04へは一回のアップグレードで到達できますので,早めにアップグレードしておくべきでしょう。なお,これまでのEOLではEOL直後はアーカイブサーバーから削除されず,⁠次のリリースのEOL」の間まで(=半年間)は猶予期間としてサーバー上にパッケージが残されていましたので,9.10も同様にしばらくの間はアーカイブサーバー本体に残留し,しばらく経ってからold-releasesサーバーに移行されることになるはずです。

pad.lv

Ubuntuの開発に利用されるBTS・Q&A・VCS・翻訳ポータルを兼ねたサイトであるLaunchpadにおいては,https://bugs.launchpad.net/bugs/1といった形式でバグ番号を指定することができます。また,登録したユーザーのユーザーページや,各プロジェクトのページ等,さまざまなURLが存在します。ですが,こうしたURLは手打ちするには少々長く,bit.lyのような短縮URLサービスを利用してアクセスされることがしばしばでした。

こうしたことを踏まえ,Launchpadの新サービス,pad.lv⁠トップページのハートマークを見る限り,⁠pad love」と読んでください,というオーラが漂っています)提供されるようになりました。特にバグ関連の短縮は非常に便利で,⁠http://pad.lv/1」とすることで,LP#1にアクセスすることができます。

Full Circle Magazine#47

Ubuntuに関する記事を集めた月刊のWebマガジンであるFull Circle Magazineの47号がリリースされています。

その他のニュース

  • Nattyで導入される⁠Love handle⁠を利用したタッチ操作の様子。
  • Longhorn風のデスクトップテーマ。
  • Ubuntuで利用できるCD/DVDライティングソフト7種
  • Ubuntuを使い始めた人が見ておくべき6つのサイト
  • Enlightenment DR17(Unix/Linux環境向けの古典的なウインドウマネージャ。ただし,DR17は「まだ開発中」の状態が10年以上にわたって続いている,ある意味では「最新の」ものでもあります)を利用したUbuntuベースのディストリビューション,Bodhi Linux。Enlightenment DR17は近代的なデスクトップ環境に比べるとハードウェア要求が高くないものの,見た目やアニメーション等では引けを取らない,⁠軽い」環境としては非常に強力なものです。Bodhiが安定したリリースを続けるようであれば,⁠軽量デスクトップ」として良い選択肢になる可能性があります。
  • Firefox 4系をUbuntu 10.10に導入する方法。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入