Ubuntu Weekly Topics

2011年8月5日号 OneiricのAlpha3・EeePCのUbuntu搭載モデル・Ubuntu Oneの容量プラン変更・FCM#51・UWN#226

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

OneiricのAlpha3

Oneiricの開発は「最後のAlpha」であるAlpha3に向けて,フリーズに入りました。大きな問題がなければ8月4日(現地時間)中にAlpha3がリリースされ,以降,8月11日のFeature Freeze・8月25日のUser Interface/Beta Freezeと,各種仕様の確定フェーズに移ります注1)⁠

注1
言い換えると,この時期のアップデートは駆け込みコミットが増えるため,大変危険な状態になる,ということでもあります。⁠アップデート後に再起動すると起動しない」ということがしばしば起こりますので,いわゆる本番環境でテストする場合は相応の覚悟を持って臨みましょう。

EeePC 1215P/R001PX

Netbookの元祖であるASUS EeePCシリーズに,Ubuntu 10.10をプリインストールしたモデル登場しました

現時点で販売ないし予約を確認できた型番は「R001PX」「1215P」の2系列で,現時点での販売先はヨーロッパのみとなります。既報の型番とはややズレていますが,想定よりも多くのプリインストールモデルが存在することになりそうです。

カタログスペックは以下で,R001PXはNetbookの中でも特に廉価なモデルとなっています。

EeePC R001PX
  • Display: 10.1inch/WSVGA(1024x600)
  • CPU: Intel Atom N455(1 core/2 threads, 1.66Ghz)
  • Memory: 2GB DDR3
  • Storage: 320GB HDD
  • Weight: 1.25Kg
  • 価格:209ユーロ(約2.3万円)
EeePC 1215P-BLK001U
  • Display: 12.1inch/FWXGA(1366x768)
  • CPU: Intel Atom N570(2 core/4 threads, 1.66GHz)
  • Memory: 2GB DDR3
  • Storage: 320GB HDD
  • Weight: 1.46Kg
  • 価格: 260ユーロ(約2.86万円)

なお,⁠日本に送ってくれるわけではありませんが)Amazon.deではR001PXの予約を受け付けています。個人輸入代行業者等を利用することで,日本からも購入することができるでしょう注2)⁠

注2
ただし,多くの場合は無線関係のデバイスを日本国内で利用することができないため,そこまでして調達する価値があるかは微妙なところです。

Ubuntu One無料プランが5GBに拡張

Ubuntu標準のクラウドストレージ(ファイル同期)がサービスUbuntu Oneのサービスプランが改訂され,無料プランで提供される容量が2GBから5GBに増強されました。Android・iOS用クライアント(+Windows用クライアントのベータ版)も提供されているので,Ubuntuを主に使うユーザーであれば便利に利用できるはずです。

有償サービスについても以下のようにプランが変更されており,同種のサービスの中ではコスト面でかなり有利であるとともに,最小課金単位が小さくなっています(たとえば同種サービスとして最有力なDropboxであれば,+50GBで$9.99/月です)⁠

  • 追加ファイル容量:20GBごとに$2.99/月 or $29.9/年
  • ストリーミングサービス利用権(+20GBの追加容量)⁠$3.99/月 or $39.9/年

また,いずれのサービスも,年契約は10ヶ月分の費用となっているので,⁠10ヶ月契約すると2ヶ月タダ」というモデルになっています。

UWN#226

Ubuntu Weekly Newsletter #226がリリースされています。

FCM#51

UbuntuをテーマにしたWebマガジン,Full Circle Magazineの51号がリリースされています。今回の内容は次の通りです。

  • Command and Conquer: Dzen2とConkyを用いた,⁠動的な壁紙」設定の方法
  • Pythonによるプログラミング入門・第25回:グリッド表示を行う方法
  • How-To: LibreOffice特集・第6回
  • Ubuntu開発入門・第3回:バグ修正の方法
  • KDE4.6.2の紹介
  • How-To: Full Circle Magazineの作り方
  • Linux Lab: 自家製のaptリポジトリの作成方法

特に,手元で修正版パッケージを作成する方法・自家製リポジトリを作成する方法は場合によっては「最後の手段」として役に立つかもしれません注3)⁠

注3
基本的にはリポジトリにあるものを修正したり,PPAなどで問題解決するほうが素直な上,他の人の支援を得られる可能性もあります。基本的にはこうした「手元でだけ直す」⁠自家製リポジトリ」は裏技扱いにしておくのが良いでしょう。もちろん,バグ報告した上で「リポジトリ上に修正が反映されるまでの間」という前提で手元で修正して利用するのは妥当な方法といえます。

その他のニュース

  • Upstart環境で複数のコンソールにカーネルメッセージを出力するにはどうすればいいのかという投稿。ポイントは投稿者の所属です……。ここで上手く処理する方法が見つかると,当該ディストリビューションのマニュアルやパッケージなどにこのアプローチが取り込まれるかもしれません。
  • bipを用いてIRC Proxyを構成する方法
  • Ubuntu環境で利用できる各種IDEについて。
  • CanonicalによるUbuntuの有償サポートサービスが拡張され,クラウド環境にも対応するようになりました。
  • 車載機器向けの,Ubuntu IVI RemixがGENIVI Allianceの認定を受けました。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入