Ubuntu Weekly Topics

2011年11月11日号 UDS-Pの成果物・11.10カーネルの更新・Japanese RemixでのAdobe Reader提供終了・UWN#240

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

UDS-P

UDS-Pが無事終了し,成果物が続々とBlueprintにまとめられています。今回はそのうち,デスクトップとFoundation(Canonicalが直接面倒を見る,インストーラーなどのコア部分)の開発予定を眺めてみましょう。

なお,UDSはあくまで「開発者会議」であり,そこで話し合われた内容は「こんなことをしたいね,では実現するためのアクションアイテムは何だろう」という段階にあります。これらが実際に実装され,さらにUbuntuとして統合されるには,これから約半年の間の,開発者の作業の進捗に依存します。ここに掲載されているからといって,Preciseで採用されることが確定したわけではありません。

最終的にこれらのうち何割が完成するかは,半年後に答えが出ます。

デスクトップ関連

  • desktop-p-ubuntu-one-cloud-printing:CUPSからUbuntu Oneを経由して,HP ePrintやGoogle Cloud Printで接続できるプリンタを,一種の「ローカル」プリンタとして見せるようにしよう。
  • desktop-p-google-cloud-print-integration:Google Cloud Printerを,システム設定から設定できるようにしよう。
  • desktop-p-freerdp:rdesktopからFreeRDPへ移行し,さらにUIを整備してWindowsのリモートデスクトップへ簡単に接続できるようにしよう。
  • desktop-p-sign-in-with-u1-credentials:Ubuntu SSO ID(LaunchpadやUbuntu Oneで利用されているID)を用いて,デスクトップへログインできるようにしよう。
  • desktop-p-multi-monitor:マルチモニタサポートを強化し,接続しただけでクローンやマルチディスプレイ等,適切な設定を簡単に行えるようにしよう。
  • desktop-p-unity-greeter:Unity Greeterの適用範囲の拡張。Unity Greeterをスクリーンロックの解除に使えるようにしたり,ネットワークインジケータを表示したり,デザインを変更できるようにしよう。
  • desktop-p-fingerprintauthentication:指紋認証を積極的に利用できるようにしよう。Foundationで行う予定のTPMの強化foundations-p-tpm-toolsと連携して,企業向けシステムとして適切な認証系を構成できるようにしよう。
  • desktop-p-usb-modeswitch-needs-to-get-extended-to-printers「いまどき」のプリンタのために,usb-modeswitchを同梱してプリンタとして正しく見えるようにしよう。usb-modeswitchなしだと,⁠いまどき」のプリンタはドライバ置き場のストレージデバイスとしてだけ見えてしまう。
  • desktop-p-calendar-integration:Ubuntuには「カレンダー」アプリケーション(予定表管理のためのスケジュール機能。いわゆるPIM的なもの)がないので,何らかのソフトウェアを選定してデスクトップ一式に含めよう。
  • desktop-p-text-free-boot:起動時にテキストが表示されるのは負けだ。意味不明な文字列を表示させずに,スムーズにブートするようにしよう。

Foundation関連

11.10のカーネル

Ubuntu 11.10にいくつかパッチが受け入れられています。

  • USB3.0ドライバが,モジュールからカーネル組み込みに変更されました。これにより(BIOSもしくはEFIがUSB3.0チップからのブートをサポートしている前提で)⁠USB3.0接続のストレージデバイスからの直接ブートが可能になるかもしれません。
  • IvyBridgeの内蔵GPUの周波数スケーリング対応が追加されました。
  • ごく最近のPCに搭載されているBluetoothチップ,BCM20702A0のサポートが追加されました。

Japanese RemixリポジトリからのAdobe Readerの提供終了

Ubuntu Japanese Teamでは,Japanese Remixのadobereader-jpn(Adobe Reader日本語版)パッケージの配布を終了することにしました。今後はpartnerリポジトリ経由でadobereader-jpnを入手してください。

この背景は,⁠partnerリポジトリから提供されるのであれば,重複して提供するのは混乱を招くだけ」というだけでなく,partnerリポジトリで提供されているAdobe Readerにはx64環境向け(≠x64バイナリ)ビルドも存在する注1ことです。

注1
Adobe Readerの配布契約上,as-isでない(パッケージを変更する)配布には個別の許諾が必要なため,AdobeとCanonicalの間になんらかの契約が存在し,それに基づいて改変していると考えられます。

UWN#240

Ubuntu Weekly Newsletter #240がリリースされそうです。

その他のニュース

注2
Debianの「main」とUbuntuの「main」は意味が異なります。Debianにおける「main」は,たいていの場合Ubuntuでは「universe」にあたります。Debianでmainに入ったことは,Ubuntuでmainとして受け入れられることの必要条件の一部を構成する可能性がありますが,イコールではありません。

今週のセキュリティアップデート

usn-1252-1:Tomcatのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2011-November/001470.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-1184, CVE-2011-2204, CVE-2011-2526, CVE-2011-3190を修正します。
  • Tomcat 6.0.33に相当するセキュリティアップデータです。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1253-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2011-November/001471.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-1576, CVE-2011-1833, CVE-2011-2494, CVE-2011-2495, CVE-2011-2497, CVE-2011-2695, CVE-2011-2699, CVE-2011-2905, CVE-2011-2928, CVE-2011-3188, CVE-2011-3191を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入