Ubuntu Weekly Topics

2012年1月27日号 “HUD”・Jack Detectionのテスト・12.04の壁紙コンテスト・UbuntuにおけるARMの今後・Full Circle Magazine Python Special3・UWN#249

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

Preciseの開発

HUD

Precise世代のUnityに「HUD」という新機能が搭載されました。機能は「メニューとしてアクセスできるものに,UnityのLensのようにキーボードからの入力を用いて選択できる」というものです。

画像

Mark ShuttleworthJono Baconのblog記事をあわせて参照してください。この機能はエキスパート向けとして位置づけられているものの(メニュー名が頭に入っていないと適切に操作できないので,慣れた人にしか役に立ちません)⁠システムに不慣れな人にとっても「メニューを検索できる」というメリットがあります。たとえば,⁠保存」という文字列を入力すれば,⁠ファイルの保存」などといったメニューにアクセスできます。

ポイントとなるのは,Mark Shuttleworthの記事に,⁠12.04には「新しいアプローチ」の最初の一歩が含まれる』⁠“12.04 LTS will include the first step in a major new approach to application interfaces.”)という記述があることです。これから先のバージョンではさらに拡張機能が追加される可能性があります。

12.04を利用している場合,次の操作でテスト版を導入することができます注1)⁠HUDの呼び出しキーは[Alt]が設定されていますが,CompizConfigSettingsManagerを利用することで変更できます。

$ sudo add-apt-repository ppa:unity-team/hud 
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade

注1
あくまで現状ではプレビューで,実際に12.04で採用されるキーバインドや見た目とは異なるものになる可能性があります。また現状では,日本語周りの処理にはいくつか問題があり,日本語環境で利用するには厳しいものがあります。

Jack Detectionのテスト

2012年1月6日号で紹介したJack Sense Patchのテスト要請が行われています。致命的な問題がなければ,このまま順当に12.04に導入されるはずです。

12.04の壁紙コンテスト

Preciseでも,壁紙のコンテストが開始されました。3月15日までに応募された壁紙から,12.04に収録される壁紙が決まります(デフォルトの壁紙はまた別)⁠これまでに採用された壁紙の一覧は,OMG! Ubuntu!にあります。

チャレンジする方はガイドラインを参照の上,締め切りまでに応募してみてください。

UbuntuにおけるARM

CanonicalのARM Team Manager,David MandalaがLinux.Conf.Auで行った動画が公開されています。

サマリはPhoronixCNX Softwareにありますので,動画を見ている時間がない方はこちらでどうぞ。

注目は,Marvell MV78640 “ARMADA XP⁠に関する言及があることです。ARMADA XPは現行のMarvellのCortex A9 SoC⁠Dove⁠(Armada 510)の後継にあたるチップで,2~4コアのCPU,豊富なイーサネットポート,組込み系としてはリッチなバスと高性能なSoCです。なお,ARMADA XPそのものの動作映像はこちら。Canonicalの人間がこうしたものに言及するということは,そのまま「Ubuntuが動くマシンが出てくる」可能性を意味するからです。

これ以外は基本的にHardware Summit当時に比べて大きな進展はありませんが,CanonicalにあるARM用ビルドサーバー(“PandaBuilder”)についての詳細が33:48頃から含まれています。PandaBoardを10枚並べた環境で,力技で構成したマシンとなっています。ARMをデータセンターで使う,小規模クラスタWebサーバーとして使うといった場合には参考になるかもしれません。

Ubuntu Certification Webサイトの更新

Ubuntu CertificationのWebサイトが強化されました。Ubuntu Certification Webサイトは,⁠Canonicalによる動作確認を経て,Ubuntuが利用できることが確認されたハードウェア」をリストするものです。ここに掲載されたハードウェアは,⁠きちんと動作する」注2はずです。

注2
テストされているのはあくまで海外モデルなので,⁠日本国内で販売されるものは仕様変更により動作しない」ということもありえます。また,中には「プリインストールイメージでないと動作しない機能がある」ものもありえるので,各ページをよく確認するようにしましょう。

Full Circle Magazine Python Special Edition Volume 3

Full Circle MagazineのPythonスペシャル版 #3がリリースされています。Full Circle MagazineはUbuntuに関する記事を集めた月刊Webマガジン……なのですが,今回はPython関連の記事を抜き出した総集編です。これまでのFull Circle MagazineのPython関連記事を抜き出したものです。⁠Ubuntu上で利用できるPython入門」としてまとめられたPDFとして利用できます。

Ubuntu Developer Week

12月23日に紹介したUbuntu Developer Week1月31日~2月2日に開催されます。

2012年1月31日 - 2月3日
IRC #ubuntu-classroom
see also:https://wiki.ubuntu.com/UbuntuDeveloperWeek/JoiningIn

UWN#249

Ubuntu Weekly Newsletter #249がリリースされています。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入