Ubuntu Weekly Topics

2012年3月23日号 UnityのUI設計・Mythbuntuのリリース方針・non-smp PowerPC Kernelのメンテナンス終了・Upstart 1.5・Ubuntu Magazine Japan Vol.06のPDF公開・UWN#257

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

12.04の開発

12.04は二度目のBetaFreeze(Beta2リリースのためのmainのfreeze)がかかりました。この時期特有のイベントである,予想外のトラブルに注意してください。現状としては,パッケージ構成が壊れたりUIFreeze Exceptionが大量に投げられたり,このタイミングでWubiのインストール機能を止めたいという話が出てきたり注1と,比較的のんびりした光景が広がっています。リリースノートの準備も開始されています。ここから全くの新機能が搭載されることはないはずです注2)⁠

注1
厳密には「WubiはUbuntu本体とは異なるペースで開発されているし,WubiそのものをCDに入れるのではなく,一種のドロッパーを入れるべきだよね」という話で,Wubiのインストール機能を止めるのは「このタイミングであらたに開発したソフトウェアに置き換えるのはナンセンスなので,ひとまずはインストール機能だけ無効にしておこう」という方法論を採ろう,という話です。
注2
ないはずなのですが,https://launchpad.net/maasあたりに音もなくリリース体制に移行しつつあるプロダクトが見え隠れしています……。MaaSはOrchestraの次世代プロジェクトではあるので,Feature Freeze Exception不要で入れられるもののような気もしますが,現状ではなんとも言えないところです。

UnityのUI設計・タスク切り替え編

12.04のUnityは,Super(Windows)キーと数字・Super+S・Super+Wといったキーの組み合わせで,ウインドウを一覧・切り替えできるようになっています。Super+数字はLauncherに表示されているアプリケーションごと・Super+Sはワークスペースの一覧・Super+Wは現在のワークスペースにあるウインドウの一覧の表示に利用します。Unity環境ではAlt+Tabは,いくつかあるウインドウ切り替え方法の一つでしかありません。

こうしたデザインについて,CanonicalのDesign Teamが背景と設計を説明しています。コンセプトデザインにあたる文書も公開されています。Unityの操作をより深く知りたい,あるいは改善案を出したい,といった場合,下調べのための資料として使えるはずです。

Mythbuntu のリリース方針の変更

Ubuntuの「テレビ録画・視聴に特化したFlavor」である「Mythbuntu」のリリース体制が少々変化しそうです。Mythbuntuはその名の通り,UbuntuにMythTVを追加・統合したディストリビューションです。

これまでMythbuntuは「すべてのUbuntuリリースで」ISOイメージをリリースしてきていましたが,12.04以降,LTSリリースでのみISOイメージをリリースすることになりました。日本国内特有の事情まではカバーしていないのでユーザーは少ないかもしれませんが,利用している場合は少しだけ気をつけておくと良いでしょう注3)⁠

重要な点は次の通りです。

  • Mythbuntuのリリースそのものは止まらない。あくまでISOイメージとしてのリリースが止まるだけで,mythbuntuを構成する主要パッケージは非LTSバージョンでも提供する。Ubuntuをインストールした後で,mythbuntu-control-centreなどのパッケージを追加することで,Mythbuntu同等の状態は維持できる。
  • ISOイメージのリリースには,テストやバグフィックスをはじめとした,さまざまな作業が必要になる。Mythbuntu Teamの人員は少ないので,毎リリースごとにISOイメージをリリースすることは困難だと判断した。

なお,最近LTS化に手を上げたUbuntu Studioの方は,説得力の不足や体制作りの面から,まだ承認が出ていません

注3
普通はテレビ録画・視聴サーバーとして使うので,半年に一度のペースで入れ替えることはほとんどないはず(LTSで入れたら次のLTSまではそのまま,という使い方が普通)です。

non-smp PowerPC Kernelのメンテナンス終了

Ubuntuでは,⁠コミュニティによるメンテナンス」により,PowerPC(おもにPS3と古いMac)をサポートしています。しかし,PowerPCには歴史的経緯から,以下の3種類のカーネルが存在しています。

  • linux-image-powerpc : 非SMP
  • linux-image-powerpc-smp : SMP
  • linux-image-powerpc64-smp : SMP w/64bit

現在のところ,⁠時代遅れでない」と言えるのはSMPとSMP w/64bit番で,非SMPが適用されるハードウェア,というのはほとんどありません注4)⁠また,これも歴史的経緯から,カーネルのビルドはCanonicalのマシンで行われています。結果として,⁠使われる可能性が低いカーネルをビルドするために,ビルドに非常に時間がかかってしまう」というよろしくない事態が起こっています。カーネルビルドは現在のUbuntuの宿命的な問題で注5)⁠12.04がリリースされる前にできるだけ減らしておこう,というのが現在の流れです注6)⁠

こうした背景のもと,PowerPCの非SMPカーネルは12.04ではメンテナンスされないことになりそうです。

注4
組み込みで使われる405GPrが代表例ですが,この型番のチップを「コンピューターの中心チップ」として見かけることはもうほとんどありません。ディスクサブシステム(いわゆる外付けRAID装置)のコントローラなどとして,独自OSが走っている姿をみかけることがほとんどでしょう。
注5
現在のUbuntuカーネルは「増えすぎ」の状態にあります。ワーストケースでは「1つ前のLTS + 現行のLTS+ 通常のリリース3つ + 通常のリリース3つ分のLTS向けビルド」の計8ビルドを,x86・x86 w/PAE・x64・ARM SoC2種類程度の合計4アーキテクチャに対して行う必要があり,セキュリティ的な脆弱性が見つかった場合,おおよそ32種類のカーネルをビルドする必要があります。もちろんアーキテクチャごとにビルドマシンは異なりますし,並列でビルドすればよいので所要時間そのものは致命的ではありませんが,ツリー管理やリリースエンジニアリング等の面で大きな負担となっています。12.04はLTSなので,ここで十分な必然性がないものを残してしまうと,2017年まで祟ることになります。
注6
この流れの中で,⁠x86はPAEサポートのみ」といった判断が行われています。

12.04のOpenStackパッケージ

OpenStackは,Eucalyptusなどと同じような,⁠Amazon EC2+S3」互換(AWS環境ではなくあくまでEC2+S3互換)のプライベート/パブリッククラウドを自作するためのソフトウェアです。Ubuntuでは,UECの内部実装の一つとして利用されています。また,OpenStackの開発リファレンス環境がUbuntuであること・OpenStackの開発方針やバージョンごとのネーミングがUbuntuと同じ(リリース毎にA/B/C……とフォネティック的なネーミングを使う)など,Ubuntuととても近しいソフトウェアです。

……しかしながら,12.04段階ではuniverse扱いで,Canonicalによるサポートが得られる状態になっていません。そんな中,3.2.1-1を入れたいので協力して欲しい,という問いかけが行われました。現状では情報に不備がある(理由が明確でない)ため処理は止まっていますが,理由がきちんと説明されれば3.2.1-1が入ることになりそうです。

Upstart 1.5

Upstart 1.5のリリース準備が行われています。合計8個のパッチがマージされ,チェックが終わり次第リリースされるでしょう。1.5には大きな目玉と言えるものはありませんが,⁠ディスクへの書き込みが可能になるまで」のジョブハンドリングの強化が特徴です。12.04へのマージは微妙なところですが,大きな修正ではなく,副作用も小さいので危険性は小さいでしょう。

Ubuntu Magazine Japan Vol.06のPDF公開

日本唯一のUbuntu専門誌,Ubuntu MagazineのVol.06のPDF公開が行われています。CC-BY-NC-SAライセンスの範囲で自由に利用できます。

UWN#257

Ubuntu Weekly Newsletter #256がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1400-1usn-1400-2:Firefoxのセキュリティアップデート
usn-1401-1:Xulrunnerのセキュリティアップデート
usn-1400-3:Thunderbirdのセキュリティアップデート

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入