Ubuntu Weekly Topics

2012年3月30日号 uTouch有効版Chromium・カウントダウンバナーと壁紙・Ubuntu Survey・UWN#258

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

12.04の開発

12.04はBeta2のフリーズとリリースが完了し,開発フェーズにおける最終段階,⁠Quality」トラックに突入しました。ここからはクオリティアップのための作業と翻訳にほとんどの力が注がれます注1)⁠⁠次」にあたる12.10(Q)のコードネーム発表も例年ではこの時期です。

なお,気になるWubi部分は,事実上Wubiによるインストールが封印される形で落ち着きそうです。

今回のリリースはLTSということで,バーンダウンチャートも比較的おとなしい状態ではありますが,Essential(優先度:最優先)はともかく,Low(優先度:低)の進捗度がHigh(優先度:高)⁠Medium(優先度:中)を上回っているあたりが少々微妙なところです注2)⁠

ただし,まだカーネルは最終版になっていませんし(Kernel Freezeは4月5日)⁠FinalFreeze(4月12日)まではかなりの時間があります。テストとバグ出しを行い,自分にとって気になる問題を解決するのは今がチャンスです。マルチモニタ関連の機能が組み込まれたUnity(Unity 5.8)もリリースされていますので,動作上の気になる点については,適切な形でバグ報告を行いましょう。

12.04版のディスプレイの設定画面。⁠Launcher Placement」でUnityのLauncherの位置を指定できる

12.04版のディスプレイの設定画面。「Launcher Placement」でUnityのLauncherの位置を指定できる

注1
まだ隠し玉があるかもしれませんが,それらは「既存の機能のブラッシュアップ」と主張できるもののはずです。
注2
この傾向はOneiricのときも同様です。これは優先度が高いほど作業の粒度が大きめ・難易度が高い傾向があるためです。バーンダウンチャートの使い方としては若干間違っている気もしますが,この規模の開発で粒度を揃えようとするとマイクロマネジメント化してかえって炎上するため,こうしたある意味適当な方針になっています。

uTouchのChromiumへの組み込み

Ubuntuのマルチタッチ実装,uTouchをChromiumに組み込むことで,ドット単位のスクロールを実現させたデモがYoutube上に掲載されています。

通常,Linux環境のマウススクロール(含タッチパッドのスクロール)は,非常に大雑把な動作しか行えません。ホイールを一目盛り分スクロールすると,ブラウザの表示行にして数行の単位でスクロールする,という実装が基本です。タッチパッドのマウスホイールエミュレーション(タッチパッドの右隅をなぞってスクロールするものや,あるいは二本指でスクロールするもの)も同様で,⁠タッチパッド上を8mmほどスクロールしたら,突然ブラウザも数行スクロールする」という,UIとしては非常に不完全なものとなっています。

マウスホイールであれば無段階スクロールするモデルは少ないためそれほど大きな問題にはなりませんが,せっかく二本指・三本指でのスクロールに対応しても,無段階スクロールができないと少々興ざめです。このような背景のもと,uTouchのイベントハンドラをアプリケーションに組み込ませることで実現してみました,というものです。

カウントダウンバナー・壁紙の公募結果

12.04のカウントダウンバナーの選定が終了し,各種バナーが利用できるようになっています。

また,12.04フェーズでの壁紙のコンテストの結果が出ています注3)⁠

注3
さりげなく村田さんの作品が混じっています。

Upstart 1.5

Upstart 1.5の合計8個のパッチがマージされ,無事にリリースされました。

Ubuntu Survey

Ubuntuのユーザーを対象にした大規模アンケートと,その結果が公表されています。Server Surveyに比べると衝撃の結果(例:「主に使っているハードウェア」の上位に自作PCとか書いてある)は少ないものの,読み込んでいくといろいろな傾向が見えてきます。

大まかに読み取れる結果としては,次のようなものがあります。

  • 回答者は英語圏が中心。
  • 年齢層はバラけている。
  • Ubuntuを知ったきっかけもバラけている。
  • しかし,年齢層ときっかけでクロス集計すると,18歳以下の低年齢層は家族や友達空の口コミが,年を取るにつれて雑誌等からのチャネルが増えていく。
  • 使っているUbuntuは,⁠自分で入れた」パターンがほとんど。
  • インストールは難しかったか?という質問には,大半が「そんなに問題にならなかった」と答えている。
  • Ubuntu Oneはユーザーの半分ぐらいにしか使われていない。
  • 最近発表された新しいUbunutプロダクト(for Android/Tablet/TV/Ubuntu Phone)への興味は,for Androidがやや強い。
  • 新しいデバイスを買ったらUbuntuを入れると思う?という質問には,半数が肯定的反応,3割ほどが「たぶん」⁠
  • 他に使っているOSは?という質問には,3/4がWindowsと答えている。

UWN#258

Ubuntu Weekly Newsletter #256がリリースされています。

その他のニュース

注4
GNOME2と同様の見かけ・操作性とはいえ,GNOME2時代のカスタマイズ方法はほとんどが機能しないので注意してください。現状では,あくまで「そのまま」の環境で利用すべきものです。GNOME2に細かなカスタマイズを加えて使っていた場合は,Linux Mintなどの「カスタマイズ可能なGNOME2ライクなUI」を持ったディストリビューションを使うべきです。

今週のセキュリティアップデート

usn-1402-1:libpngのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001635.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.10・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-3045を修正します。
  • PNGファイルのチャンクを読み込む処理に問題があり,任意のコードの実行の危険があります。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,セッションを再起動(一度ログアウトして再ログイン)してください。
usn-1403-1:FreeTypeのセキュリティアップデート
usn-1401-2:Thunderbirdのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001637.html
  • Ubuntu 11.04・10.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。usn-1401-1のThunderbirdへの適用です。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Thunderbirdを再起動してください。
usn-1404-1:Linux kernel (OMAP4)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001638.html
  • Ubuntu 11.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-3347を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1405-1 Linux kernel のセキュリティアップデート
usn-1407-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001640.html
  • Ubuntu 10.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1097, CVE-2012-1146を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1410-1 Linux kernel (EC2) のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001641.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-0879を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1411-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001642.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-0879を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1406-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001643.html
  • Ubutu 11.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1097, CVE-2012-1146を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1409-1:Linux kernel (Oneiric backport)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001644.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用の3.0カーネルのアップデータがリリースされています。CVE-2011-3347, CVE-2011-4347を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1408-1:Linux kernel (FSL-IMX51)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001645.html
  • Ubuntu 10.04 LTSのFreescale i.MX51用カーネルのアップデータがリリースされています。CVE-2012-0879を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1197-7:ca-certificates-javaのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001646.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。
  • DigiNotar CAから誤って発行された,不正な証明書をブラックリストに入れるためのアップデートです。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,ca-certificate-javaを利用するすべてのプロセスを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入