Ubuntu Weekly Topics

2012年5月11日号 Ubuntu 12.04 LTS Japanese Remixのリリース・Project Sputnik・UDS-Q・Calxeda EnergyCoreサーバー・UWN#263・264

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

12.04 Japanese Remix のリリース

Ubuntu Japanese Teamでは,Ubuntu 12.04 LTS Japanese Remixをリリースしました。12.04 LTSをベースに日本語環境特有のいくつかの修正を加えたRemixです。

ubuntu.comのデフォルトアーキテクチャと同じく32bit版です。64bit環境での利用はリポジトリを追加することで行えます注1)⁠

利用・アップグレードの前にリリースノートを確認することを強くお勧めします。

注1
もしかするとテストなし版として64bitをどこかに放置する可能性はありますが,⁠リリース」は32bitのみです。

Project Sputnik

UDS-Q(12.10世代のUbuntu Developer Summit)において,Ubuntuの開発者向けコンセプトリリース,⁠Sputnik」公開されました。これは,Dell XPS 13用のスペシャルリリースで,XPS 13用の調整カーネル,ならびにソフトウェア開発者向けの以下パッケージをあらかじめ導入したUbuntu Desktopです。

  • ソフトウェア構成管理:git git-core bzr bzr-gtk bzr-git python-launchpadlib
  • ユーティリティ:screen byobu tmux meld juju charm-tools charm-helper-sh euca2ools puppet chef
  • エディター:emacs vim vim-gnome
  • ブラウザー:chromium-browser firefox
  • 各種開発関連ツール:fakeroot build-essential crash kexec-tools kvm makedumpfile kernel-wedge fwts devscripts libncurses5 libncurses5-dev libelf-dev asciidoc binutils-dev

これを用いることで,ソフトウェア開発者はノートPCのドライバ調整や環境構築の手間をかけることなく,⁠Macbook Airを買ってくるような手軽さで」開発を始めることができるようになります。あくまで現状ではコンセプト試作レベルではありますが,プロダクトとしてリリースされるようになると,⁠Macはイヤだが手軽な開発環境が欲しい」というユーザーにとって良い選択肢になるかもしれません。

UDS-Q

Ubuntuの各リリースにおける開発のスタート地点,Ubuntu Developer SummitのQuantal(12.10)フェーズ,UDS-Qが行われています。今回から何回かに分けて,UDSで議論された内容を紹介していきます。

CalxedaのARM Server

「ARMをサーバーに用いる」世界のハードウェアが姿を現しました。ARM社が出資するARM SoCベンダーのCalxeda社製⁠EnergyCore⁠注2を搭載したサーバーがUDS-Qで公開されています。このサーバーは2Uサイズに48台のARMマシンを集約することで,⁠1ラックで四桁ホスト」を実現します。

このあたりの画像を見ると,背面端子部にSFPスロットx4らしきものが見えます。量産版でどのようになるのか(そもそも量産されるのか)⁠といった点では非常に未知数な要素が強いプロダクトですが,Twinaxケーブル等の廉価な実装が利用できるようであれば,ご家庭向けクラスタ注3や大規模Webサービスのフロントエンドノード等,ARMが活躍できるさまざまな分野で利用できるようになりそうです。

なお,Ubuntu的にはすでにEveryCore対応カーネルが「linux-highbank」注4パッケージとしてさまざまな用意が進められており,そう遠くないタイミングで「サポートされるARM SoC」として追加されそうな気配です。

注2
Project Moonshotなどで利用される「サーバー向けARM」の第一世代製品です。メモリ帯域こそ微妙なままですが,相応の性能のSATAディスクと1GbE,そして高集約性を実現するリファレンスデザインをセットにしています。
注3
家庭にクラスタを置く意味は良くわかりませんが,きっと欲しがる人は一定数存在します。筆者も少し間違えると買ってしまいそうです。
注4
EnergyCoreのコードネームが「Highbank」です。

non-PAE i386 kernelの行方

UDSでは様々な議論が行われます。その中では,⁠サポートを終了させることになったアーキテクチャへの対処」といった,一種の撤退戦に相当する作業もあります。12.04~12.10の世代では,i386の非PAEカーネル環境からのマイグレーションが検討される予定です。

現在のUbuntu環境において非PAEカーネルが利用されている場合,⁠CPU的にはPAEに対応できるが,メモリ搭載量が少ないので非PAEカーネルが利用されている(Ubuntuでは一定以上のメモリを積んだシステムには自動的にPAEカーネルがインストールされる,という機能が搭載されています)⁠というケースと,⁠そもそもCPUがPAEに対応していない」というケースに分かれ,前者についてはPAEカーネルに『自動的に』移行させる必要があります。……しかしながら,現時点ではそれをどのように実行するのか,そして自動的に処理してよいのか,といった点がまったく決められていません。影響があるユーザーが比較的多いと考えられるため,議論は簡単には収束しそうにありません。

UWN#263・264

Ubuntu Weekly Newsletter #263#264がリリースされています。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入