Ubuntu Weekly Topics

2012年8月10日号 Quantalの翻訳開始・KDEのuniverse化・Ubuntu App Showdown受賞作発表・UWN#277

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Quantalの開発

Quantalの翻訳開始

これまでのリリースのタイミングに比べると遅くなりましたが,Quantal(12.10)フェーズの翻訳作業が可能になりました。Ubuntuの翻訳はLaunchpadのRosetta(Webインターフェース)上で行われており,誰でも参加できます。必要なものは,Launchpadのアカウントと英語とUbuntuの知識,そして「分からない箇所を無理に訳さない」慎重さだけです。LaunchpadのアカウントはUbuntu Oneのアカウントがそのまま利用できます。

なお,Launchpad上で行った翻訳リソースは3-Clause BSDライセンス(いわゆる「修正BSDライセンス」注1として扱われるため,Webベースの翻訳サービス・生成物の流用が許可されていない安価な翻訳ソフトウェアの成果物を取り込むことはできません注2)⁠

Rosettaベースの翻訳はブラウザからフォームに翻訳文字列を入力するだけで,非常に簡単に行えます。翻訳ガイドを参考に,新しい翻訳提案を行なってみてください注3)⁠

Ubuntuへの貢献の中では権限付与・要求スキルとも比較的敷居の低いものの一つなので,夏休みを生かして挑戦してみてはいかがでしょうか注4)⁠

注1
「修正BSDライセンス」の後にさらに修正が加わった2-Clause BSDライセンスもあります。どれを指しているか不明瞭になるため,⁠修正版」という表現は避けた方が良いでしょう。うかつに利用すると「次世代ゲーム機」と同程度にやっかいです。もっとも,修正BSDライセンスは一種の固有名詞なので,⁠ああ3-Clauseのことね」という変換が行われ,誤解が生じる可能性は低めです。
注2
こうした流用が発覚した場合,場合によっては「その人が投入した翻訳成果はすべて⁠汚染済み⁠とみなして全削除」といった対応が必要になります。ちなみに全削除のためのインターフェースは存在しないので,関係者が手動で行うことになり,不毛な工数が発生してしまいます。
注3
Ubuntu Japanese Translator権限を得るまでの間は,Rosettaでの作業はすべて「提案」として扱われます。この「提案」は,Japanese Translatorがレビューし,問題ないことを確認した上でUbuntu本体に反映されます。
注4
Ubuntu Japanese Translatorの権限付与は非常に軽量なプロセスで行っており,最短で1~2日,合計10時間程度の作業を行えば取得できるようになっています。判断の基準は「量より質」に重きを置いており,⁠背伸びして作業を行うことよりも,できる範囲の確実な作業を行なっているかどうか」が判断のポイントとなっています。

KDEのuniverse化

Kubuntuの一部分を構成するKDE関連のパッケージが,mainからuniverseに変更になりました。また同時に,これまでlanguage-pack経由で提供されていた翻訳リソースがパッケージ側に含まれる形になり,KDEでの作業の結果がそのまま取り込まれる形式に変更されます注5)⁠

全体的にはCanonical/Ubuntu Teamからの直接のKubuntuの支援は終息方向にあり,KDEそのものをBlue Systemsが支援することで間接的にKubuntuも強化される,というモデルに切り替わりつつありますが,実際にはリソースはほとんど減っていない(むしろフルタイムワーカーの数で考えると増えている)ので不安になる必要はありませんが,Kubuntuを利用している方は「コミュニティでできること」の中に協力できることがないかを探してみるべきだと言えます。

注5
つまり,KDE関連パッケージ部分はLaunchpad経由での翻訳は行えなくなります。

Ubuntu App Showdown

Ubuntu App Showdownコンテストの受賞作が発表されました。最優秀賞はLightreadです。

Lightreadを含めたUbuntu App Showdown投稿作の紹介は,姉妹連載のUbuntu Weekly Recipe 第232回233回を参照してください。

Ubuntu for Androidのデモ

Ubuntu for Andoridの動画デモの様子が動画で公開されています。一部のユーザーランドアプリケーションの挙動や見た目から(特にUnityのメイン画面が11.10世代のUnity 2Dそのもの)⁠開発途中の11.10ベースのものと見られます。

実際に世に出てくるであろうより新しいバージョンとは異なるものの,スマートフォン上で「それなり」のパフォーマンスでデスクトップが動作していること,そしてAndroid環境と統合され,Android側のアプリケーションも利用できることなどが見て取れます。

デスクトップ環境を動かしている途中に電話がかかってきても,おもむろにスマートフォンを取り外して電話に出ることができることや,SMSをデスクトップから受け取ることができることなど,⁠スマートフォンとの融合」という意味では非常に興味深いものと言えそうです。

UWN#277

Ubuntu Weekly Newsletter #277がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1522-1:QEMUのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-August/001775.html
  • Ubuntu 12.04 LTS・11.10・11.04・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-2652を修正します。
  • QEMUがスナップショット作成時に生成する一時ファイルが安全でなくなるコードパスが存在します。条件を満たした場合に古典的シンボリックリンク攻撃を仕掛けることで,特定のファイルを不正に上書きすることができます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1523-1:NVIDIA graphics driversのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-August/001776.html
  • Ubuntu 12.04 LTS・11.10・11.04・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。LP#1033452を修正します。
  • NVIDIA製プロプライエタリドライバを利用する際に必要なデバイスノードを経由して,システムのメモリの一部を書き換えることが可能です。これによりroot権限の奪取が可能です。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入