Ubuntu Weekly Topics

2012年11月16日号 UDS-Rの議題(2)・UWN#291

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

UDS-R(2)

前回に引き続き,⁠UDSで話し合われた新機能」のうち,特に興味深そうな項目を見て行きましょう。今回はCloud&Serverの一部と,Hardwareカテゴリに関する話題です。今回のリリースではCloud&Serverとゲーム関連の機能にリソースが集中されているため,サーバー関連の話題は次回にも続きます。

これらの話題は「UDSで話し合われた新機能は実装されるかもしれないし,されないかもしれない」という前提を踏まえた上でお読みください。

  • hardware-r-kernel-version-and-flavors:Raringで利用するカーネルについて検討しよう。3.7は12月中旬,3.8が3月中旬,3.9が6月中旬,というのが現在の見通しなので,おそらく3.8がリーズナブルだ。ti-omap4がまだBSP(Board Support Package,注1だよりだが,マージされるように動いていこう。
  • cert-r-checkbox-simplification:現行のCheckbox(システムテストツール)は複雑すぎるので,常人にはそう簡単には触ることができず,メンテナンスに大きな苦労を伴うものになってしまっている。プラグイン方式に移行し,テストごとに独立してメンテナンスできるように改良した上で,最終的には必要に応じてテストスイートを構成できるようにするべきだ。
  • arm-power-measurement:Nexus 7などのARMデバイスにおいて,消費電力を抑えるための機能を「うまく」搭載しよう。現状だとカーネルからI2Cの先につながっている電源コントローラを直接操作して電圧を上下させるような,非常に原始的なやり方で制御している。これはそもそもユーザー空間から簡単に制御できるようにするべきだ。また,どのソフトウェアがどの程度電力を使っているのかプロファイルをとれるようにするべきだ。Linaroのフレームワークを使ってうまく実装できないか検討してみよう。
  • cert-r-13-04-coverage:UbuntuのCertifiedプログラムのテスト項目を検討しよう。今のテストには足りない項目がいろいろと存在している。たとえばDisplayPort経由のオーディオはあまりきちんとテストしていないので,サスペンドから復帰したときにdp経由で音が出なくても「Certified」になってしまうし,各種LEDの挙動もカバーされていないし,そもそも既存のテストのカバレッジにもいろいろな疑問がある。
  • kernel-round-table-wednesday:カーネルが備えるべき機能について話しあおう(の水曜日版,注2)⁠LXCとAppArmorはきちんと連携した状態でプロファイルを提供するべきだし,ゲームに使うなら低レイテンシのオーディオ出力が必要だ。現在は25msなので,目標1msで。また,Ubiquity上からSoftware RAIDの設定がきちんとできるようにするべきだし,aarch64(64bit版ARM)もサポートしておきたい。Nexus 7で動かすならタッチセンサー以外にもいろいろなセンサーを内蔵しているので,これらも扱えるようにしておきたい。
  • hardware-r-fwts-features:UEFIを含めて,ファームウェアが備えているべき要件を整理しておこう。
  • hardware-r-arm-kernel-maintenance:ARM向けカーネルをどうするか検討しておこう。3.7や3.8ではARM向けカーネルは一種類のイメージに統合できるようになっているはずだし,PAE対応も検討する必要がある。特にPAEまわりは,ARMではまだまだ「PAE対応に対応していないデバイス」を適切に扱える必要があるので,⁠-generic-nonpae」フレーバーを用いていく必要がありそうだ。
  • servercloud-r-webscale:現代的なWeb環境を構成する「次世代」ソフトウェア群,NginxやNode.js・MongoDBなどのパッケージを見直し,必要であればmainに昇格させることができないか検討してみよう。
  • servercloud-r-openstack-grizzly:OpenStack GrizzlyリリースをどのようにUbuntuに取り込むか検討しておこう。
  • servercloud-r-openstack-sru:既存のリリースを含めて,OpenStack Essex/Folsomをいつ・どんなタイミングでSRUするか検討しよう。
  • servercloud-r-xen:R世代でのXenサポートはどうあるべきか考えてみよう。もっと簡単にUbuntuをXen上で,そしてXenをUbuntu上で使えるようにしておきたい。
  • servercloud-r-swiftmirrorsnapshots:Ubuntuでもsnapshot.debian.orgのような,日々のアーカイブのスナップショットを提供するサービスを構築できないか検討してみよう。
注1
組込み全般で,⁠あるOSを特定のボードで動かすための追加パッチやソフトウェア類」をBoard Support Packageと呼びます。TIのOMAP4は現時点ではまだLinux Kernelのメインラインには取り込まれていないので,TIがリリースするBSPをマージしたカーネルや,そのパッチを取り込むことでLinuxを動かしています。
注2
UDSは一週間弱にわたって行われるので,同じ話題を複数の曜日に分離して話し合うことがあります。

UWN#291

Ubuntu Weekly Newsletter #291がリリースされています。

その他のニュース

  • ThinkpadのBIOS Updateイメージからバイナリを抽出し,UEFI上での書き換えによってWindows不要にした

今週のセキュリティアップデート

usn-1625-1:Icedtea-Webのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001888.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS・11.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4540を修正します。
  • Icedtea-Webプラグインの利用上,極小のヒープバッファオーバーフローが生じることがありました。これによりプラグインのクラッシュ,ならびに非常に特異な環境を仮定したケースにおける任意のコードの実行の可能性があります。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,ブラウザを再起動してください。
usn-1626-1:Glanceのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001889.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4573を修正します。
  • 特定の条件下で,認証済みユーザーが本来の制限を超えてイメージファイルを削除することができます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1627-1:Apache HTTP Server のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001890.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS・11.10・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-2687, CVE-2012-4929を修正します。
  • mod_negotiaionにおける不適切なファイル名の取り扱いによるXSS,ならびにSSLのデータ圧縮機能に起因する,⁠CRIME」方式の盗聴の可能性を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。アップデータを適用することで,SSLのデータ圧縮機能が無効に設定されます。再度有効にしたい場合は,apache.orgのドキュメントを参照してください。
usn-1628-1:Qtのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001891.html
  • Ubuntu 12.04 LTS・11.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4929を修正します。
  • TLSのデータ圧縮機能を無効にすることで,⁠CRIME」方式の盗聴の可能性を抑制します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1626-2:Glanceのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001892.html
  • Ubuntu 12.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4573を修正します。
  • usn-1626-1のv2 API向けの修正です。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1629-1:libproxyのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-November/001893.html
  • Ubuntu 12.04 LTS・11.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4504, CVE-2012-4505を修正します。
  • libproxyを用いて悪意ある細工の施されたPACファイルを読み込んだ場合,クラッシュないし任意のコードを実行されるおそれがあります。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,セッションを再起動(一度ログアウトして再ログイン)してください。
usn-1630-1:Libavのセキュリティアップデート

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入