Ubuntu Weekly Topics

2013年5月17日号 vUDS 13.05と13.10の新機能・8.04 LTS/10.04 LTS(デスクトップ)/11.10のEOL・UWN#316

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu Developer Summit 13.05(vUDS 13.05)

13.10の開発が動き始めました。5月14~16日にかけて,オンラインベースのUbuntu Developer Summit 13.05(vUDS 13.05)開催されています。UDSはUbuntuの開発者が一同に会し,⁠これから何を実現すべきか」を話し合うための場です。これまでは半年に一度,実際に集まって開催していたのですが,Ubuntu Touch等,コンピューティングにまつわる変化に対応するため,⁠3ヶ月に一度,オンラインで」行う形式に変更されています。vUDS 13.05は,オンラインベースになってから2度目のUDSです。

UDSでは,次のUbuntuが備えるべき機能を,実装方法を含めて話しあったり,あるいは開発プロセスの改善,あるいはコミュニティとの関わり方など,さまざまな点について話し合いが行われます。13.10の開発期間には8月頃にもvUDSが開催される予定ですが,8月は開発に大きな影響を与える時期としては遅く,今回のUDSで議論された新機能が13.10のかなりの部分を構成することになります注1)⁠

UDSの様子は,ライブストリーミングやその録画,あるいはEtherpad,Blueprintといったオンラインコラボレーションツールを経由して,世界中から閲覧したり,議論に参加することもできます。もちろん議論のログは公開されます。この連載では,議論が完了した議題について,筆者が興味を持ったものをいくつか紹介していきます。13.10でどのような機能が実現されるかの参考になるでしょう注2)⁠なお今回はいつもの分野別の紹介とは異なり,⁠曜日ごと」の紹介です。今回は初日,5月14日に話し合われた項目を見ていきます。

注1
ただし,Ubuntuの支援企業であるCanonicalでは,ひそかに新機能を開発していることがあります(いわゆるSkank work。これまでに投入された事例では,Ubuntu Touchが該当します)⁠こうした機能の中には,8月のvUDSでコンセンサスを作ったのち,ただちに投入されるものもあるかもしれません。
注2
あくまで「筆者の興味を引いたもの」に限定されることと,⁠UDSで話されたことであっても,現実の壁の前に実現されずに終わることもある」ということに注意してください。

UDSは,開発者向けプレビュー的な新機能のデビューの場でもあります。Canonicalが開発しているディスプレイマネージャー,Mirの現状についても明らかにされました。⁠とりあえず動いている」というレベルではありますが,Galaxy Nexus上とMacbook Pro上で動作している動画が公開されています。

  • client-s-xorg-general:Saucyで利用するXスタックについて話しあおう。タッチパネルサポートの強化・Radeon UVD(radeonsi)やIntelのClearVideo(Intel VA-API)のような動画再生サポートや,Mirのための準備を進めよう。また,NVIDIAのPrime(OptimusのLinux実装)への対応も進める必要がある。
  • client-1305-content-mgmt-picking:UnityのDashにおいて,各アイテムを列挙する方法を再検討しよう。過去に使ったファイルの取り扱いを「うまく」実現することは,メディアデータやコンテンツの取り扱い上,非常に重要な要素だ。そもそもどのように動作すべきなのかから考えてみよう。
  • servercloud-s-cloud-images-lts-enablement:Cloud Imageに,12.04用の新しいカーネルを組み込んだものを準備しよう。12.04のデフォルトカーネルは古いので,CephやBtrFSをうまく使うことができない。ユーザーに「うまく」マイグレーションしてもらうための方法もあわせて検討しよう。
  • servercloud-s-openstack-havana:13.10向けのOpenStackパッケージを準備しよう。時期的には⁠Havana⁠を搭載してリリースできるはずだ。Havanaが要求する周辺パッケージも含めて更新し,13.10と12.04で利用できるようにしよう。
  • appdev-1305-ui-toolkit-theming:Ubuntu SDKを利用したアプリケーションのデザインを見なおそう。
  • client-1305-background-task-service:Ubuntu Touch環境で,⁠バックグラウンドに回るアプリケーション」の挙動を検討しよう。たとえばメッセージングを担当するアプリケーションは基本的に常に動いている必要があるし,動画再生も同じように,バックグラウンドでも動作し続けてくれなくては困るし,ダウンロードやアップロードを伴うアプリケーションもそうだ。同時に,これらはユーザーの意思に基づいて停止したり,個別に呼び出せたりする必要がある。これらをどのように操作できるようにするべきか,そして,どのように各アプリケーションは振る舞うべきかを検討しよう。
  • client-s-upgrade-testing-with-utah:アップグレードテストをUTAHベースに更新しよう。テストの効率が大幅に改善されるはずだ。
  • servercloud-s-cloud-vagrant:Vagrantにcloud-initサポートを追加し,Cloud Imageをより簡単に扱えるようにしよう。
  • appdev-1305-sdk-roadmap:Ubuntu SDK 1.0にむけて,機能を追加しよう。各種ボタンやGUI部品を追加し,APIを整理し,U1DBをAPIから扱えるようにしよう。
  • community-1305-ubuntu-website-planning:Ubuntu.comを翻訳できるようにしよう。
  • servercloud-s-openstack-hypervisor:Ubuntu上のOpenStackで扱える仮想マシンハイパーバイザーを増やそう。XenのXCPや,LXCの動作,そしてVMwareの動作テストや文書の整理をしよう。
  • client-1305-mir-thrash-testing:Mirのテストのための仕組みとシナリオを検討しよう。メモリが少なくなった状態での動作や,極端なUI操作など,さまざまな「ストレス」をテストしよう。
  • foundations-1305-kernel:13.10で利用するカーネルを検討しよう。今のところ3.11が9月中旬にリリースされる予定で,ぎりぎり1ヶ月が確保できる。3.11はARMサポートが強化される予定なので,もしも-genericカーネルにSamsung Exynos5のサポートを追加するのであれば,3.11にするのがいいだろう。あわせて,サポートすべきFlavorも検討しよう。今のところは-genericと,ti-omap4はすでに13.10のリポジトリに投入してある。Ubuntu TouchをGalaxy Nexus・Nexus 4/7/10で動作させる以上は,これらのデバイスもサポートする必要がある。4と7はすでにサポート済,10は間もなく,Galaxy Nexusは作業中だ。

8.04 LTS・10.04 LTS(デスクトップ)⁠11.10のEOL

2013年5月9日をもって,8.04 LTS・10.04 LTS(デスクトップのみ,サーバーはあと2年間サポート)⁠11.10がEOLしました。8.04 LTS・11.10は全パッケージの更新が終了したことになります。これらのバージョンを利用している場合は,速やかにサポートが継続しているバージョン(12.04 LTS以降のリリース)へ更新してください。

10.04 LTSは,mainに含まれるサーバー向けパッケージのみ,あと2年間のサポートが提供されます。デスクトップ用途に利用している場合はLTS Upgradeで12.04 LTSへ更新してください。サーバー環境で利用している場合は,各パッケージのサポート状況を確認の上,サポートが切れたパッケージを自力でメンテナンスするか,アンインストールしてください。

英語版アナウンスが以下にあります。

日本語アナウンスが必要な場合,以下を利用してください。

UWN#316

Ubuntu Weekly Newsletter #316がリリースされています。

その他のニュース

  • 12.04 LTSと13.04のベンチマーク比較
  • Ubuntuベースのカスタムディストリビューションを簡単に作れる,Ubuntu builderの2.4.0がリリースされています。
  • Intelの6x35系無線LANへの対応パッチがQuantalに投入されました。更新版カーネルパッケージのリリースは間もなくですが,⁠6x35シリーズの無線LANが認識されない」という現象に遭遇した場合,カーネルのアップデートだけで解決できるようになる見込みです。Raring/Saucyにも同様のパッチが適用される見込みです。
  • あなたの端末に「突然の死」をもたらすbashスクリプト

図1 ⁠突然の死」をもたらすecho-sd(編注:本日は17日です)

図1 「突然の死」をもたらすecho-sd

今週のセキュリティアップデート

usn-1820-1:gpsdのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-May/002103.html
  • 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-2038を修正します。
  • 不正なGPSデータを受け取った場合,メモリ破壊を伴うクラッシュが発生する可能性がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1821-1:telepathy-idleのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-May/002104.html
  • Ubuntu 13.04・12.10・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2007-6746を修正します。
  • telepathy-idleがSSL接続を行う際,サーバー証明書を適切に検証していませんでした。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,セッションを再起動(一度ログアウトして再ログイン)してください。
usn-1822-1:Firefoxのセキュリティアップデート
usn-1823-1:Thunderbirdのセキュリティアップデート

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入