Ubuntu Weekly Topics

2014年1月31日号 Mobile World Congress・14.04のAlpha2・Ubuntu Oneドメインのクラッキング騒動

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Mobile World Congress

Ubuntu Phoneの「お披露目」の場のひとつが近づいてきました。例年2月にバルセロナで行われるMobile World Congress(MWC)は,モバイル端末(主にスマートフォンやタブレット)の展示会で,いわゆる「第三のOS」(Windows PhoneやTizen,そしてUbuntu Touch)の展示やプレスリリースが行われる場です。このMWCに,Canonicalが出展を表明しています。

昨年は公開されたばかりのUbuntu Touchの実機展示という大きな目玉が準備されていたこともあり,⁠一年後のUbuntu Touch」がどのような状態にあるのか,そして何らかの「隠し球」的な発表があるのか,ということが注目されます。おそらく様々なサイトで(そして日本から手軽に確認するにはYouTube等で)情報が確認できるはずですので,iOSやAndroidデバイスの発表とあわせて,Ubuntu Touch関連の情報も確認してみてはいかがでしょうか。

なお,Ubuntu Edgeのクラウドファンディングに出資していたユーザーには,次のようなメールが届いています。

We are thrilled to be returning to Mobile World Congress 2014 in full force! Last year we demonstrated the Ubuntu operating system for smartphone and tablet...it⁠s been a busy year and we⁠re excited to show you the beautiful OS packed with innovation.

We⁠ll also be showcasing a variety of ways to discover content on Ubuntu - from native and web apps to our unique scopes, join us there to try it yourself.

We look forward to seeing you in Barcelona from 24-27 February 2014!

Best regards,
Canonical
Find us in the App Planet Hall 8.1 - booth 8.1E49

参考訳:Canonicalは総力を結集してMobile World Congress 2014に舞い戻れることに,抑えきれない興奮を感じています。去年のMWCでは,Canonicalはスマートフォンとタブレット,そしてOSとしてのUbuntuの展示を行いました。……そして,この一年のあいだ多くの作業を行いました。結果として,すばらしく美しくなり,革新性を備えたOSをお見せできることにわくわくしています。

あわせて,Ubuntuに含まれるいろいろな機能,たとえばWeb Appsであったり,UnityのScopeのような機能もあわせて展示し,実際に体験いただけける予定です。

2014年2月24~27日にかけて,バルセロナでお会いできることを楽しみにしています。)

14.04のAlpha2

14.04(Trusty Tahr)の開発がAlpha 2に到達しました。現状ではまだ「13.10を少し改造したもの」という段階ではありますが,真剣に利用する場合はテスト環境の準備を始める頃合いです注1)⁠

ただし,⁠あくまでアルファリリースである」という制限はあるので,インストールはテスト環境に留めましょう注2)⁠また,Ubiquityに手が入っているため,新規インストールする場合は十分な備えをすることをお勧めします。⁠家にある一台しかないマシンに14.04を入れる」といった行為は冒険すぎるでしょう。

注1
ソフトウェア開発ではよくあることですが,Ubuntuにおいても「開発期間中ならあっさり直せるが,一度リリースされてしまうと直しにくい箇所」というものがあります。開発期間にバグを見つけ,適切な形で報告しておく(あるいは可能ならパッチも準備する)と,リリース後のSRUを経た改善に比べ,数十分の一程度のコストで直る可能性があります。
注2
といいつつも,この原稿は14.04上で執筆しています。

UWN#352

Ubuntu Weekly Newsletter #352がリリースされています。

その他のニュース

注3
実際には乗っ取りではなく,⁠Ubuntu Oneのファイル公開機能で画像をアップロードする」⁠ ⁠Ubuntu Oneドメインでファイルが公開される」⁠ ⁠何も知らない人に見せるとUbuntu Oneが乗っ取られているかのように見える!」というソーシャルハックです。Ubuntu Oneの公開URLの実装が良くないのでは,という気もしますが……。

今週のセキュリティアップデート

usn-2087-1:NSPRのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-January/002379.html
  • Ubuntu 13.10・12.10・12.04 LTS・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-5607を修正します。
  • 悪意ある加工の施された証明書を読み込んだ際に,NSPRがメモリ破壊を伴う形でクラッシュする問題がありました。結果として,可能性レベルの任意のコードの実行が可能になる可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-2089-1:openjdk-7のセキュリティアップデート
usn-2090-1:Muninのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-January/002381.html
  • Ubuntu 13.10・12.10・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-6048, CVE-2013-6359を修正します。
  • multigraphデータの取り扱いに問題があり,リソース過大消費・データ記録の阻害が可能です。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入