Ubuntu Weekly Topics

2014年10月31日号 15.04の開発開始・14.10の日本語Remixリリース候補版・“UT One”タブレットの噂

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

vividの開発

14.10のリリースが完了したばかりですが,15.04となるvividの開発がスタートしています。

15.04での最大の変更となりうるのはUpstartからsystemdへの移行ですが,現時点では何も決まっておらず,再来週に行われるUOS 14.11(UOS;Ubuntu Online Summit)の結果を待つ必要があります注1)⁠開発的な話としてはビルド環境のlangをCからC.UTF-8にすること,glibcやtoolchainを更新すること,Server環境では起動時にntpdateを実行するかわりにデフォルトでntpdを入れておくことといった話が出てきつつありますが,これらもUOSでの話し合いを待つ必要があります。

注1
Ubuntuの開発はおおむね,⁠Mark Shuttleworthがそのリリースで実現したいテーマを宣言する」⁠⁠UOSで関係者が『あの無茶ぶり,どう対応しよう。あと今回こっそり実現したいテーマは何にしよう』と話し合う」⁠⁠開発期間の最初の1/3で仕様を起こしてみる」⁠⁠次の1/3の期間で頑張って実装したり,挫折してみたりする」⁠⁠さらに残りの1/3でブラッシュアップする」という流れで行われます。現時点では最初の段階までしか完了していないので,新バージョンで実現される機能を予測するのは困難な状態です。

14.10 日本語Remixのリリース候補版

Ubuntu 14.10の日本語Remixのリリース候補版(ubuntu.comのリリース版に,日本語Remixで通常行っている修正を加えたもの)の公開を開始しました。

ここからテスト結果を集め,バグを修正した後でリリース版となります。各種環境での動作や,⁠普通に使えるか試してみた結果」が集まらないと修正もできないため注2)⁠余裕のある方はテスト環境等へのインストールとテストをお願いします。

注2
そもそも「開発者だけではテストしきれない,ユーザーの手元でのみ確認できる修正すべき箇所」を明らかにするためのリリース候補版なので,誰にもテストしてもらえないと存在意義がなくなってしまいます。

UWN#389

Ubuntu Weekly Newsletter #389がリリースされています。

その他のニュース

  • 14.10でのXubuntuの様子
  • 14.10でのJujuの新機能。主にOpenStack Juno対応ですが,Jujuそのもの(juju-core)更新されています。
  • Unity 8環境におけるAmazonでの検索機能がScopeによって制約されるという話題。
  • CanonicalのCEO,Jane SilberによるUbuntuの10年の振り返り記事。
  • OMG! Ubuntuによって行われた,10周年記念アンケートの結果。全体の63%のユーザーがUnityを使っていること,⁠あなたの予測するVのコードネームは?」という予測の結果がおおむね全滅っぽい気配を漂わせていること等,画像だけでも非常に興味深い結果となっています。
  • Bay TrailベースのUbuntu Touchタブレット,UT Oneが12月にリリースされそうだという話題。

今週のセキュリティアップデート

usn-2387-1:pollinateのアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-October/002704.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。LP#1381359への対応です。
  • entropy.ubuntu.comの証明書を更新します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-2388-1usn-2388-2:OpenJDK 7のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-October/002705.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-October/002706.html
  • Ubuntu 14.04 LTS・14.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2014-6457, CVE-2014-6502, CVE-2014-6504, CVE-2014-6506, CVE-2014-6511, CVE-2014-6512, CVE-2014-6517, CVE-2014-6519, CVE-2014-6527, CVE-2014-6531, CVE-2014-6558を修正します。
  • CPUOct2014相当のアップデータです。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Javaを利用するソフトウェアを再起動してください。
  • 備考:upstreamの新しいリリースをそのまま利用したアップデートです。バグ修正以外の仕様変更等を含んでいる可能性に注意してください。また,現状でJamVMが正しく動作していないことが確認されています。LP#1382205を参照してください。
usn-2389-1:libxml2のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2014-October/002707.html
  • Ubuntu 14.04 LTS・12.04 LTS・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2014-3660を修正します。
  • 悪意ある加工の施されたXMLファイルを開くことで,リソースの過大消費が発生することがありました。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入