Ubuntu Weekly Topics

2015年6月5日号 bq Aquaris E5 HD Ubuntu Edition・Computex TaipeiのIoT関連リリース・UWN#419

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

新しいUbuntu Phone

Ubuntu Phoneに新顔が登場しました。

一つはスペインbqの2機種目のUbuntu Phoneで,Aquaris E5 HD Ubuntu Editionと名付けられています。これまでのbq製Ubuntu Phoneと同じようにAndroidバージョンとの選択式での提供で,199ユーロと非常に手に取りやすい金額となっています。その分ハイエンドのAndroidスマートフォン等に比べるとスペックは控えめで,ローエンド~ミッドレンジに属するモデルです。

また,Meizu MX4のヨーロッパでの一般ユーザー向け販売も間もなく開始される予定です。例によって日本国内では電波法の事情からほぼ実用的な利用はできませんが(電波暗箱をつねに背中に担いで移動するか,ずっと電波暗室にこもることで利用は可能)⁠大きく盛り上がることで日本国内からでもUbuntu Phoneが購入できる可能性が高くなっていくため,期待できる展開と言えるでしょう。

Computex Taipei

Computex Taipeiにおいて,Ubuntu/Canonical関連のいくつかのニュースリリースが発表されました。内容を見ていきましょう。

まず,PCやタブレット・スマートフォンでお馴染みのAcerから,Canonicalとの協業に関する発表が行われました。AOP(Acer Open Platform)と名付けられたAcer製のソリューション群の一環として,Snappy Ubuntu CoreをベースにしたWebカメラシステム(いわゆるホームサーベイランス環境)⁠⁠aBeing One」がアナウンスされています。筆者の把握している限りではSnappy Ubuntu Coreを採用した最初の商用プロダクトです。これに加えて,AcerではIoT関連プロダクトでSnappy Ubuntu Coreを採用する旨をアナウンスしており,今後も継続して色々なソリューションが提供されることが期待できます。

もう一つのIoT関連のプロダクトとして,Intelからも発表が行われています。これはIntelの IoTゲートウェイ(Intel製SoCをベースにした組み込み向けハードウェア環境)のサポートOSとしてUbuntuが利用できる旨が発表されました。

また,Dell(旧Wyse)のIoTゲートウェイデバイスでもUbuntu Core(おそらく非Snappy)が採用されています注1)⁠

Ubuntuが,IoT環境でのOSの選択肢の一つとして,着実に守備範囲を広げている様子が見てとれます。

注1
Wyseのシンクライアント(の,⁠Linuxモデル」⁠では,昔からUbuntu(正確にはUbuntuをベースに独自のカスタマイズを行った「Wyse Enhanced Ubuntu Linux」⁠が採用されています。この「IoTゲートウェイ」はカスタマイズ性を高めたシンクライアントとも言える設計のデバイスなので,Ubuntuがそのまま採用されるのは当然の話ではあります。

UWN#419

Ubuntu Weekly Newsletter #419がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-2617-3:NTFS-3Gのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2015-May/002969.html
  • Ubuntu 15.04用のアップデータがリリースされています。usn-2617-1で不十分だった修正を再度適用します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-2623-1:ipsec-toolsのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2015-June/002970.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2015-4047を修正します。
  • racoonに悪意あるUDPパケットを送りつけることで,DoSが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-2624-1:OpenSSL update
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2015-June/002971.html
  • Ubuntu 15.04・14.10・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。
  • 輸出グレードの暗号系をデフォルトの提示リストから除去するためのアップデートです。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入