Ubuntu Weekly Topics

2017年7月14日号 Ubuntu 17.10へ向けた動き, Ubuntuのインストーラーに変化が?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

さよなら LightDM

7月7日に公開されたArtful(17.10)のデイリービルドのライブイメージで,ログインセッションにデフォルトで利用されるディスプレイマネージャーがLightDMからGDMに切り替わっていることを海外のニュースサイトが確認しました

6月16日のTopicsでもお伝えしたとおり,Artfulではこの切り替えが決定されていましたが,実際に切り替えられたイメージが公開されたのは,これが初めてとなります。ログインセッションはGDMからLightDMへ戻すことも可能なため,永遠にさよならというわけではないようですが,Artfulに向けて,UnityからGNOMEへの統合・移行のプロセスは着実に進められていることがうかがえます。

他にもUnityからGNOME Shellへの移行スクリプトの実装なども進められており,問題があればバグレポートを投げてほしいとの呼びかけがおこなわれています。

その他のニュース

  • Snap版LibreOffice 5.3.4のテストの呼びかけがおこなわれています。snapコマンドを使って簡単にインストール・アンインストールでき,Ubuntu公式のLibreOfficeパッケージと共存可能な形で試すことができます注1)⁠
  • Daily Virtualization Package Buildsがサーバー開発のメーリングリストで紹介されました。仮想化のアップストリームを日々ビルドし,パッケージとして提供するPPAです。このPPAを利用することで,libvirtやqemuといった仮想化関係のソフトウェアの最新版を動かせます。このPPAは「最新版にバグがあるかどうか」⁠バグが改善しているかどうか」を確認することを目的としたものです。そのため,もちろん,本番環境で利用するためのものではありませんが,これらのパッケージの最新版を手軽に試すことができます。
  • UbuntuのインストーラーであるUbiquityに"minimal"モードを追加しては,という提案がありました。この提案では,Ubuntuのインストールにどうしても必要なキーボードレイアウトといった最小限の設定のみをUbiquityでおこなうことで,それ以外の設定は各フレーバーの流儀に沿った初回起動設定をおこなえる注2と主張しています。また,現在のUbiquityの"Complete"モードでも画面を並べ替えてはどうか,ということも提案されています注3)⁠
  • 今回も test rebuildの1回目がおこなわれています。今回もGCC7でもテストされています注4)⁠test buildの性質については2017年3月31日号を参照してください。
注1
ただし,このsnapパッケージには日本語フォントが含まれていないため,インストール直後の状態だと各アプリケーションで入力した日本語を表示させることはできません。
注2
例えばGNOMEの場合,"GNOME Initial Setup"を利用して設定することが想定されています。
注3
並べ替えの提案理由に,例えば「キーボードレイアウトの選択がインストールタイプの選択後にあるため,キーボードレイアウトが不明な状態でユーザーがディスクの暗号化キーを入力しなければならない」というものがあり,一定の合理性があると筆者は考えます。
注4
GCC7への移行は7月後半から8月にかけての時期に計画されています。

今週のセキュリティアップデート

USN-3348-1:Sambaのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-July/003933.html
  • Ubuntu 17.04・16.10・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-9461を修正します。
  • ターゲットの存在しないシンボリックリンクを正しく取り扱えず,これを利用した攻撃を受けた場合,Sambaがハングし,サービス拒否を引き起こす可能性がありました。
  • 対処方法:システムをアップデートすることで問題は解消されます。
USN-3349-1:NTPのセキュリティアプデート
USN-3321-1:Thnderbirdのセキュリティアップデート
USN-3350-1:popperのセキュリティアップデート

著者プロフィール

たなかあきら

Ubuntu Japanese Team Member。ちょっとお高い電子辞書を買ったので,楽しく翻訳をしていたところ,気づいたらメンバーになっていました。

コメント

コメントの記入