Ubuntu Weekly Topics

2017年9月8日号 UbuCon Europe 2017,オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall,UWN#518

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

UbuCon Europe 2017

Ubuntu関連のオフラインカンファレンス,UbuCon Europe 2017が9月8日〜9月10日にかけてパリで開催される予定です。Canonicalのスタッフやコア開発者によるセッション(キーノートとしては18.04のロードマップについて話そう by Dustin Kirkland」といったものもあります)を含め,非常に魅力的なセッションが予定されています。

オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall

Ubuntu Japanese Teamは,9月9日(土),9月10日(日)に開催されるオープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fallに参加します。Ubuntuを搭載したデバイスを展示するブース(両日)とともに,土曜日にはUbuntu,Unityやめるってよと題したセミナーをお届けする予定です注1)⁠

オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall

日程 2017年9月9日(土) 10:00~18:00(展示:11:00~17:30)
9月10日(日) 10:00~17:30(展示:10:00~16:00)
会場 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
費用 無料
内容 オープンソースに関する最新情報の提供・展示
オープンソースコミュニティ,企業・団体による展示・セミナー
オープンソースの最新情報を提供
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会
協賛 明星大学 情報学部
ハッシュタグ #osc17tk
注1
テーマがテーマだけに,関係者が「それ以上いけない」と止めることになりそうなセミナーをお届けするかもしれませんし,しないかもしれません。

UWN#518

ubuntu weekly newsletter #518がリリースされています。

その他のニュース

注2
年に一度ぐらいこうしたお問い合わせがあります。不具合の報告は非常にありがたいことではあるのですが,このやりとりの通り,何かのバグや不調ではないのでスルーして頂いて大丈夫です。

今週のセキュリティアップデート

usn-3406-2:Linux kernel (Trusty HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-August/004031.html
  • Ubuntu 12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。usn-3406-1のUbuntu 12.04 ESM向けバージョンです。CVE-2016-7914, CVE-2017-7261, CVE-2017-7273, CVE-2017-7487, CVE-2017-7495, CVE-2017-7616を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3407-1:PyJWTのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-August/004032.html
  • Ubuntu 17.04・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-11424を修正します。
  • pubkeyのinvalid_stringsを適切に処理しないため,JWTのキー偽装を容易にする問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3408-1:Liblouisのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-September/004034.html
  • Ubuntu 17.04・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-13738, CVE-2017-13739, CVE-2017-13740, CVE-2017-13742, CVE-2017-13744を修正します。
  • 本来期待されない場所からのアクセスを許可する問題と,悪意ある加工を施した入力によるメモリ破壊を伴うクラッシュが生じる問題を解決します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3409-1:FontForgeのセキュリティアップデート

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入