一般記事

はじめてのAWS 〜なかなか始められなかった人のためのクラウドガイド

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

さまざまなところで見聞きする「クラウド⁠⁠。多くの企業がシステム開発に導入しています。 何かと話題になるものの,まだ自分では触ったことのないという人も多いのではないでしょうか?

クラウドをそろそろ始めようと思っても,いつ始めるべきか,そして,どこから始めるべきか,わからないところがたくさんあります。 今回,AWSに関する著書を多数執筆している大澤文孝氏に,現在のクラウドと開発について伺いました。

インタビューイ プロフィール

大澤文孝(おおさわふみたか)

エンジニア,ライター。エンジニアとしてクラウドやVPSへの移行支援などを行う。AWSに関する著書多数。AWSに関してセミナー登壇などもしている。

先日,書籍ゼロからわかる Amazon Web Services超入門 はじめてのクラウドを上梓したばかり。

クラウドの状況

――いまクラウドは,どのような状況なのでしょうか? 使っていて当たり前という声もあれば,導入検討の段階という声もあります。

まず,クラウドという言葉を整理しましょう。今回は,クラウドをAWSに代表されるパブリッククラウドとして考えることとします。⁠クラウドでのシステム構成=AWSなどを用いてシステムを構築する」と考えてください。以後の話では一部AWSを前提にします。

インフラを担うという点で,クラウドはとても活発に用いられています。開発の現場の選択肢としてはクラウドはオンプレミスと同等,あるいはそれ以上に候補として当たり前の存在になりつつあります。初期コストの少なさやサービス規模に応じてスケールしやすいこと,自社だけでは開発が難しいマネージドサービスが利用できる,保守体制がしっかりしているなど魅力は多くあります。

例えば次のようなケースではクラウド導入のメリットが大きいでしょう。

  • 新規Webサービスを構築するのに,機器の購入など初期投資を抑えたい。
  • クラウドプロバイダーが提供する機械学習システムなど,自社で構築が難しい機能を組み込んだサービスを展開したい。
  • 社内システムの保守運用のコストを軽減したい。

国内海外含め多くのクラウドベンダーがありますがAmazon Web Services(アマゾンウェブサービス,AWS)Microsoft AzureGoogle Cloud Platform(GCP)が人気です。特にAWSが広く人気を集めていると感じています。

――Webサービスをクラウドでというのは想像しやすいですが,社内インフラをクラウド化できるのでしょうか?

少し前までは,クラウドというとWebサービスを提供するインフラとして注目を集めていました。近年は,社内システムをクラウドに移行する例が増えてきています。そういう意味では裾野が広がってきているでしょう。

(機器やOSサポートの)タイミング的に,ちょうど社内インフラを更新する時期なのかもしれません。しかしそれ以上に,AWSなどのクラウドが,安心・安全に使えるという認識が広まったことが要因として大きいと考えています。事例も増えてきており,技術選択が保守的な企業も手を出しやすくなってきたのではないでしょうか。

クラウドは先進的な技術から,一般的な技術になったなという感覚はシステム開発の現場ではある程度共有されていると思います。AWSのサイトでは事例も確認できます

近年のクラウドの広がりを
説明する大澤氏

画像

――クラウドに社内システムを構築するとして,安全性をどうやって担保するのでしょう?

オンプレミスのシステムを一部をクラウドに移行し,AWSなどのクラウドで構築したネットワークに,社内から専用線やVPNを引き込んで直結というのがよくあるパターンです。これでクラウドでもオンプレミスに近い,ネットワーク的に閉じた環境が構築できます。いわゆる閉域網を構築したければ専用線(AWSではDirect Connect)を使いましょう。

AWSには,利用者ごとに分離されたVPCというネットワークがあります。他の利用者と共用するわけではないので,AWSの利用だけでデータ流出するといった心配はありません,社内システムの移行先として安全性は担保されています。

――クラウドに移行すると,サーバーやシステムをクラウド用に作り直さないとならないのですよね?

構成にもよりますが,ほとんどの場合,大きな作り直しは必要ありません。

AWSには,仮想サーバーとなるEC2というサービスがあり,いままでのサーバーとほぼ同じように使えます。さまざまなOSを選択できるのでその上で動いているシステムのソフトウェアなどを作り直す必要はなく,丸ごと,ごっそりと移行できます。

これは,いまのシステムを「えいやっ」と持ち上げて(リフト⁠⁠,クラウドにそのまま「よっこいしょ」って下ろす(シフト)感じなので,⁠リフトアンドシフト」と呼ばれています。

きちんとシステムを開発,保守していればそこまで大変ではありません。

――クラウドだとデータが,どこに保存されるかわからないのですよね? 社内データを保存するのは不安ではありませんか?

どこに保存されるかわからないというのは,誤解です。 AWSの場合,データを置く場所を決めたら,そこから勝手に動くことはありません。 特に,国をまたぐことは,絶対にありません。AWSで日本にデータを置くと決めたら,それが他の国に移動することはないのです。国外に持ち出せないデータを扱うときも問題にはなりません。

クラウドはデータがどこに保存されるかわからない,インターネットにすべて公開されてしまうというのはクラウド(雲)という用語が招いている誤解ですね。クラウドが当初どこでも使えるというような漠然としたバズワードだったことから,誤解される人もまだいますが,置き場所はクラウドを構成するデータセンター内で固定されます。

――クラウドは安全なのでしょうか? 流出の危険性は?

データをAWSに預けるのですから,流出は心配かもしれません。

仕組み上,データ流出が絶対に起こりえないとは言えません。しかし,AWSは各種認証を満たしたデータセンターで運営されており,普通のデータセンターに預けるのと同様,もしくはそれ以上のセキュリティーで運営されています。安全性はかなり高い水準で保たれているでしょう。

クラウドを使うだけでデータ流出に直結するということはまずありません。もちろん,利用者側での適切な設定や管理は必要です。

バックナンバー

2019

  • はじめてのAWS 〜なかなか始められなかった人のためのクラウドガイド