最大6台のHDDが搭載可能!─QNAP Turbo NASシリーズのフラッグシップモデルを試す!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Intelプロセッサ(1.6GHz)を搭載しパワーアップしたTurbo NAS

企業においてファイル共有の必要性が高まっている中,本格的なサーバの構築はコストも掛かり,何よりも設置スペースの確保が難しいという話しを聞くことがあります。中小企業においてもビジネスで顧客との取引で使用されるデジタルファイルは増加の一途を辿り,企業内で共有すべきファイルについても同様に増大しています。

コストや設置スペースを度外視すれば,すぐにでも大容量のファイルサーバを構築し運用していかなければなりませんが,実際にはなかなか手が出せないというケースも多いのです。今回レビューするQNAPのNASサーバ「TS-639 Pro」は最大で6台のシリアルATA HDDを搭載できる製品です。サイズは175(H)×257(W)×235(D)mmと非常にコンパクトで,設置スペースは最小限で済むのが特長です。

QNAP Turbo NASシリーズのニューモデル「TS-639 Pro」

QNAP Turbo NASシリーズのニューモデル「TS-639 Pro」

さらにプロセッサにIntel Atom 1.6GHzを搭載し,メモリも1GバイトのDDR2 RAMのほか,128MバイトのFlash DOMを採用し,アクセスが多い時間帯にも余裕をもって対応できるハイパワーも大きな魅力です。搭載可能なHDDの種類もシリアルATA-IおよびIIで,1台最大1.5Tバイトまで認識することが可能です。内蔵できるHDDだけでも最大9Tバイトと大容量ですが,eSATAポートもしくはUSB2.0ポートを利用することでHDDを拡張することもできます。将来的にも余裕のディスクスペースを確保できるというわけです。

冗長性を持たせたシステムも構築可能

もちろん,HDDの運用はRAID構成で行えます。RAID0/1/5/6のほか,RAID5+Spareなど主要なRAIDはすべて対応し,トラブルに強い冗長性を持つファイルサーバを簡単に構築できます。また,OSとアプリケーションはDOMにデュアル構成でインストールされており,仮に一方のシステムが破損しても他方から起動・修復が行えます。

さらに,バックアップソフトウェアNetbak Replicatorによってリアルタイム同期,rsyncを利用した遠隔地へのバックアップ,ワンタッチUSBコピーなど万全のバックアップ体制を持つことも,ビジネス用途に向いている部分でしょう。

そして,この製品の最大の特徴はiSCSIターゲットサーバとしての機能を持つことです。iSCSIターゲットを内蔵しているので,IP-SANを簡単に構築できます。MySQL,SQLiteをデュアルサポートしているため,スタンドアロンデータベースサーバとしても設定できます。もちろん,これらの設定は物理的なHDDを割り振ることで,NASサーバと兼用して管理することも可能なため,ビジネスに必要とされるファイル共有環境やデータベースサーバ機能を自在に,そして手軽に構築することができます。

ディスクボリュームをそれぞれIP-SAN(図のA),NAS(図のB)と振り分けることも可能。QNAPのTS-639 Pro製品紹介ページより)

ディスクボリュームをそれぞれIP-SAN(図のA),NAS(図のB)と振り分けることも可能

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

バックナンバー

NAS

  • 最大6台のHDDが搭載可能!─QNAP Turbo NASシリーズのフラッグシップモデルを試す!

コメント

コメントの記入