中小企業でも導入しやすいラックマウント型ネットワークストレージ――ネットギア「ReadyNAS 3100」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

1Uラック対応NASの決定版!

ストリーミングデータや,音声ファイルなどが多様化する現在のビジネスシーンでは,作成するドキュメントのサイズも以前と比べて増大し続けています。数GB,あるいは数十GBのディスクを共有するだけで十分だった頃に比べ,ストレージが圧迫されて早急に解決策を見つける必要がある企業も多いはずです。

また,近年の新しい動きとして,クラウドで配信される電子書籍をはじめとする新たなビジネスへのチャレンジに注目している企業も多いはずです。これまで,システムのストレージとして要求していたニーズは次第に高まり,容量だけでなく可用性や管理性を高める必要性も強まっているのです。

課題を解決する,あるいは将来のビジネス拡大に備えるためのビジネスユースにぴったりのネットワークストレージ(NAS)が,ネットギアの「ReadyNAS 3100」です。ラックマウントによるメンテナンス性の向上に加え,ブラウザ経由で簡単におこなえる容易な管理性など,扱いやすいNASでありながら,ビッグビジネスにも対応できる機能など,企業にとって注目したいメリットが満載の製品です。

図1 ReadyNAS 3100

図1 ReadyNAS 3100_Left.tiff

優れた冗長性とメンテナンス性

ReadyNAS 3100は,1UラックマウントタイプのNASです。ホットスワップ対応の4つのスロットにそれぞれ2TBのHDDを搭載することができ,合計で8TBの容量を確保できます。ネットギア独自の規格としておなじみのX-RAID2に加えて,RAID0,1,5も選択可能です。

なお,ファイルサービスのプロトコルは,Windows,MaxOS Xで使われるCIFS/SMB/WINS,MaxOS 9/XのAFP3.1のほか,Linux,UnixのNFSv2/v3となっています。もちろん,HTTP/HTTPS/FTP/FTPS/Rsync/WebDAV,SANで用いられるiSCSIにも対応しており,ビジネスシーンで一般的に用いられるプロトコルは網羅されています。

図2 ホットスワップ対応のスロット

図2 ホットスワップ対応のスロット

図3 システムの状態を知らせるインジケータ

図3 システムの状態を知らせるインジケータ

図4 背面のインターフェース

図4 背面のインターフェース

図5 本体上部の2つのラッチを押し込むだけでカバーの開閉が行えます。容易なメンテナンス性が確保されているのも魅力です

図5 本体上部の2つのラッチを押し込むだけでカバーの開閉が行えます。容易なメンテナンス性が確保されているのも魅力です

基本機能の充実はもちろん,ReadyNAS 3100のハードウェア的な特長として,2重化された電源ユニットを搭載している点があげられます。一般的なNASのハードウェアトラブルで代表的なトラブルの1つに電源ユニットの不具合によるシステムダウンがあります。通常の電源ユニットは,何かしらのトラブルが発生した場合,システム全体に影響を及ぼします。しかし,2重の電源ユニットは,通常作動時はそれぞれが50%ずつの電源供給を行い,どちらか一方がトラブルでストップした場合でも,もう片方が100%の電力を供給するため,システムを停めずに稼働を続けることができるのです。

これにより,電源ユニットに起因するトラブルを,ほぼ100%近く防ぐことができるようになっています。ファイルサーバは停められない性質を持っているので,この仕様を採用した製品が与えてくれる大きな安心感は非常に魅力です。

図6 通常通電時はグリーンランプ

図6 通常通電時はグリーンランプ

図7 電源ユニットが異常を感じるとオレンジランプが点灯しブザー音が鳴ります

図7 電源ユニットが異常を感じるとオレンジランプが点灯しブザー音が鳴ります

図8 電源ユニットは引き抜くことができます

図8 電源ユニットは引き抜くことができます

図9 電源ユニットを引き抜いたところ

図9 電源ユニットを引き抜いたところ

当製品の詳細はこちら

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

コメント

コメントの記入