パワフル&ハイレスポンス! ビジネスシーンをリードするプロフェッショナル・ネットワークストレージ――ネットギア「ReadyNAS 4200」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

クアッドコアCPUを搭載した10GbEポート対応モデル

クラウドで提供されるアプリケーションやストリーミング配信など,ビジネスシーンの拡大に伴い,ストレージのレスポンスへのニーズが高まっています。これまで以上に,大量のデータを高速で転送することが,ビジネスの成否を分けるといっても過言ではありません。すでに新しいビジネスへ取り組み,その必要性を痛感している企業にとって,最新のスペックを搭載したストレージは非常に魅力です。

ネットギア「ReadyNAS 4200」は,インテル製のクアッドコアCPU(3GHz)⁠超高速転送を可能にする10GbEthernet,大容量8Gバイトメモリなど,ハイスペックを搭載した2Uラックマウントタイプのネットワークストレージ(NAS)です。スペックからも伺えるように,⁠ファイルサーバ⁠としても群を抜いた高いハイパフォーマンスで,複雑化するビジネスシーンにおいても頼りがいのある製品です。今回は,ReadyNAS 4200の特長をご紹介しましょう。

図1 ネットギア ReadyNAS 4200

画像

最大24TB搭載可能! 2Uラックのメリットを活かしきるハイパフォーマンス

ReadyNAS 4200の10GbEtherは,CX4もしくはSFP+(それぞれ2ポート)を追加することが可能です。10Gbpsに対応できるため,VMware等の仮想化をはじめとしたネットワーク負荷の高いサービスにも余裕で対応できます。

図2 ReadyNAS 4200の背面

画像

図3 SFP+ユニットと別売りのモジュール

画像

図4 CX4ユニットと専用ケーブル(ケーブルは別途※)

画像

※ ネットギアでは未販売

高速処理を支える心臓部にはインテル クアッドコアCPU(3GHz)が採用され,メモリも大容量8GBが搭載されています。10GbEの高速転送を余すことなく処理できる高いスペックは,あらゆる可能性を実現してくれる仕様です。

図5 ReadyNAS 4200の内部

画像

また,効率的に配列されたディスクスペースは12基用意され,ホットスワップで追加できるハードディスクは2TB×12と,これまでにない大容量を確保できます。もちろん,ネットギアの独自規格「X-RAID2」に加えて,RAID0,1,5および6も選択できるので,冗長性の高いシステムにも,アクセススピード重視のシステムにも対応します。

図6 ホットスワップ可能なハードディスクユニットは簡単に抜き差しできます

画像

当製品の詳細はこちら

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

コメント

コメントの記入