低価格なPCサーバで低コストの業務効率化を!――NEC「Express5800/S70 タイプSD」レビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

Windows Vistaを導入する

では,さっそくOSをインストールして気になるスペックを確認していきましょう。なお,レビュー機は基本構成に加えSATA 500Gバイトハードディスク2台と,メインメモリ2Gバイトという構成になっています。

図10,11 Windows Vistaのエクスペリエンスインデックス

図10 図11

最初にインストールしたのはWindows Vista Ultimate SP1です。インストール完了後,いくつかの機能を使ってみましたが,特に動作に不満は感じません。ただし,チップセットの周囲でいくつかドライバが正常にインストールされていない部分があったので別途アップデートを行いました。

Windows Vistaのデバイスマネージャ

図12 

図12

図13

図13

図14 

図14

レビュー機はスペック的にコンシューマ用のハイエンドPCと比べれば若干見劣りしますが,現実にビジネスで活用する際にストレスを感じることはないはずです。今回は比較しやすいようにエアロや視覚効果もオンにしてあるのですが,実際にこれらをカットすればさらに使いやすくなるはずです。PCMark VANTAGEを実行させてみましたが,3回とも完走し,スコア的に平凡ではありますが,それが逆に安定感のある運用を期待させてくれます。

図15 PCMark VANTAGEの結果(3回計測の中間値)

図15 PCMark VANTAGEの結果(3回計測の中間値)

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

バックナンバー

レビュー

  • 低価格なPCサーバで低コストの業務効率化を!――NEC「Express5800/S70 タイプSD」レビュー