Software Design編集部が注目するアプライアンスサーバ「OpenBlockS 600」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

【Chapter 1】クラウドとの使い分けが鍵

今世間を席巻する語「クラウドコンピューティング」が,今後のIT ビジネスにとって非常に重要な位置を占めるであろうことは,誰の目から見ても明らかだ。とはいえ,顧客の要請や企業コンプライアンスの立場からデータ格納場所の不明瞭さが懸念となるケースや,運用を他社に完全に依存してしまう不安,また中小規模ではコスト増になってしまうケースも往々にして見られる。

一方,こうした部分をカバーする形で導入されるのが,アプライアンス機器によるサービス運用である。VPNやセキュリティ関連のクラウドサービスは数あるが,アプライアンス製品ならば,社内でデータや運用を管理でき,またランニングコストを気にすることなくサービスの運用が可能である。

そんな中,VPN や監視,セキュリティなどの各種ネットワークアプライアンスをスピーディに開発・運用できる管理ツール「アプリケーションマネージャ」を搭載したマイクロサーバー「OpenBlockS 600」がぷらっとホーム社より発表された。手のひらサイズと高い堅牢性を保ちつつ,メインメモリ1GB 搭載をはじめ,現在の企業ネットワーク環境に対応する大きなスペック向上を果たしている。今後は,こうしたアプライアンスによる安心かつ手離れのよいサービスと,クラウドやSaaS といったサービスとの効率のよい使い分けが,企業あるいは管理者のさまざまな課題を解決していくことになるだろう。

画像

【Chapter 2】手間をかけずにアプライアンス製品を新規開発できる!

死活監視,DHCP,フィルタリング... ネットワークに不可欠なサービスを安定稼働でこなす縁の下の力持ちが,アプライアンス(単機能サーバー機器)である。

汎用サーバーにアプリをインストールする場合と異なり,アプライアンスの堅牢性や手離れのよさは,ユーザー側のみならず,ベンダ側にも大きな恩恵をもたらす。とくに,ソフトウェアベンダが自社ソフトをアプライアンス製品化して販売すれば,顧客層拡大,サポート時の各種コスト軽減など,多くのメリットが期待できる。

ただ,通常よくアプライアンス製品開発の障害となるのは,開発コストの高さと面倒さである。ハードウェア開発,ソフトウェアの導入,筐体デザインやキッティング... 費用・リソース面で二の足を踏む企業も多い。

そこで登場するのが,ぷらっとホームのアプライアンス向け小型Linux サーバー,OpenBlockS 600 である。企業用途向けの高い堅牢性とメンテナンスフリー,そして8W という超低消費電力のこの製品だが,アプライアンスのベースハードウェアとしての真価は,仕様や周辺機器の情報,独自開発・維持される専用OS ソースコードや更新情報,さらに筐体や個装箱デザインのサポートなど,開発・販売に関わるトータルな環境が製品にひもづき提供される点にある。

通常のように,組込みパーツの選定調達やソフトウェア環境構築から開発する場合とは異なり,OpenBlockS 600を活用したアプライアンス製品の開発・販売は,非常にスムースかつ初期導入コストをかけずに実現が可能だ。

この最新モデルはギガビットイーサ×2 に600MHzプロセッサ,1Gバイトメモリを実装と,より広く活用可能。OpenBlockS 600で,あなたの企業に魅力的なラインナップを加えてはどうだろう。

画像

バックナンバー

レビュー

  • Software Design編集部が注目するアプライアンスサーバ「OpenBlockS 600」

コメント

コメントの記入