指紋認証機能を搭載したUSBメモリ 高セキュリティと利便性を両立したUSBメモリ RUF2-FHSを徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

パスワード入力型USBメモリの弱点

ファイルのコピーやデータのバックアップなどに最適な外部記憶メディアとして,USBメモリは定番となりつつあります。コンパクトで簡単に持ち歩ける反面,紛失する危険性も併せ持つのが弱点ともいえます。そんな事情から,保存するデータを暗号化し,万が一の紛失の際にも,データが解読できないようにするUSBメモリも発売されるようになりました。

こうしたUSBメモリの多くは,パスワードによって認証が行われます。入力するのが面倒だからといって簡単なパスワードを設定すると,簡単に推測されてしまう恐れがあり,データの暗号化をせずに利用したり,設定したパスワード自体を忘れてしまったりすることもあるでしょう。パスワード認証の場合,セキュリティを高めると,その反面で利便性が損なわれるという欠点があるのです。

データの秘匿性と認証のしやすさの両面を実現させる認証方法としては,生体認証が考えられます。生体認証とは,人間ひとりひとりに固有の特徴を使った認証方法です。認証の方法はいくつかありますが,なじみ深いのは,指紋を使って本人かどうかを識別する「指紋認証」でしょう。現在では,ノートパソコンや携帯電話のユーザー認証にも使用されるようになりました。指紋認証を使って情報漏えいを防ぐUSBメモリが,バッファローのRUF2-FHSシリーズです。

指紋認証機能を搭載したUSBメモリ

RUF2-FHSは,本体に指紋読み取り用のセンサーを備え,データの自動暗号化機能を搭載するUSBメモリです。管理ソフトを併用することで,より詳細なセキュリティ設定も可能となっています。スライド式のセンサーを採用することで,指を押しつけるタイプのセンサーと違い,指紋の痕跡を残さないこともセキュリティの向上に一役買っています。高いセキュリティが求められるビジネスでの利用に最適なUSBメモリといえます。

指紋読み取りセンサーが搭載されたRUF2-FHS

指紋読み取りセンサーが搭載されたRUF2-FHS

RUF2-FHSは,一見すると普通のUSBメモリですが,キャップを外すと指紋読み取り用のセンサーが顔を出します。認証用のソフトはUSBメモリ内に搭載されているため,特に暗号化ソフトをインストールする必要もなく,データの暗号化も自動的に行われます。面倒な作業なしに,生体認証を手軽に利用できるのが,RUF2-FHSの特長です。なお,取り外したキャップは,使用中は本体の逆側に装着でき,専用の紛失防止用紐も付属しているため、紛失しないようになっています。

RUF2-FHSは内部が2つのドライブに別れており,1つは暗号化されたドライブ,もう1つのドライブ(MANAGE_DRV)には指紋の登録や認証を行うソフト(FINGER.EXE)が保存されています。このソフトを起動して,指紋の登録や認証を行うと,暗号化されたドライブにアクセスできるようになります。

初回の接続時には,指紋を登録したい指を指定して,その指でRUF2-FHSの指紋読み取りセンサーをなぞって指紋の登録を行います。1台につき最大で指10本分の指紋を登録可能です(認証に必要なのは,1本だけです)。指先にケガをしてしまった場合などを考慮して,何本かの指の指紋を登録しておくとよいでしょう。また,部署内での共有利用を想定して,他人の指紋を登録することも可能です。登録が終了したら,暗号化されたドライブにアクセスができるようになるので,保存したいファイルをコピーします。指紋以外に,パスワードを登録することも可能です。

RUF2-FHSの指紋登録画面

RUF2-FHSの指紋登録画面

二度目以降にRUF2-FHSを使用する場合は,USBポートに接続後,指紋の登録に使用したFINGER.EXEを起動します。指紋の読み取りを求める画面が表示されるので,指紋をセンサーに読み取らせます。一致すれば暗号化されたドライブが認識され,パソコンから読み書きできるようになります。なお,バッファローによれば,他の指紋を誤認してしまう確率は0.001%(10 万分の1)以下とのことで,ほぼ確実に正規の利用者を判別できることになります。また,パスワードを登録している場合には,パスワードの入力でも認証を行うことができます。

RUF2-FHSの認証画面

RUF2-FHSの認証画面

このように,RUF2-FHSは指紋認証によってデータを守る強固なセキュリティを搭載していますが,内部のメモリチップを取り外されてしまったら元も子もないのではないか,と懸念を抱く人もいるかもしれません。しかし,RUF2-FHSはデータを書き込む際にAES方式で自動的に暗号化するので,たとえメモリチップに直接アクセスされても安心です。しかも,暗号鍵の長さは256ビットに設定されており,現状では解読はほぼ不可能とされています。

次のページでは,企業内での利用に便利な,専用の管理ツールについて紹介します。

コメント

コメントの記入