モバイルPCや低帯域環境での利便性が大幅に向上したPC Xサーバ「Reflection X Advantage」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

これまでのPC Xサーバ製品は,社内LAN上での使用を想定し,UNIX/Linuxとの通信の安定性やセキュリティ,UNIX/LinuxアプリケーションのWindows上での高度な再現性・快適な操作性向上を目的として開発されてきました。

今日,ノートPCの性能向上やブロードバンド回線の普及などを背景に,企業の業務形態は変化しつつあります。ノートPCを導入して,社内外を問わずユーザがどこでも業務を行えるよう環境を整えている企業も珍しくありません。また,製造メーカを中心に,中国やアジア各国を新しいマーケットや生産拠点として,海外に進出する日本企業が増えています。

サイバネットシステムが2009年秋に新たにリリースしたPC Xサーバ「Reflection X Advantage(以下RXA)⁠は,社内LANでの利用はもちろん,無線LANや拠点間接続(WAN)⁠インターネット,VPNといった環境での利用にも最適化された,企業の業務形態の変化とともに拡大するPC Xサーバの利用ニーズに応える製品です。

Reflection X Advantageの画面例

Reflection X Advantageの画面例

※http://www.cybernet.co.jp/reflection/products/rxa/feature.htmlより引用

UNIX/Linuxへの接続方法を複数用意

RXAでは,クライアントPCからUNIX/Linuxに接続する際に,他の端末を中継して接続できるようになりました。このメリットは,UNIX/Linuxとの接続を行っているクライアントPC(RXA)がネットワークから切断されても,中継端末とUNIX/Linuxとのセッションが維持されていれば,PCを中継端末に再接続するだけでセッションを再開できる,ということです。この機能は「サスペンド&レジューム」と呼ばれています。

従来の接続方法では,クライアントPCがネットワークから切断されると,UNIX/Linuxとのセッションも終了してしまい,再開するには再ログインしてアプリケーションを起動し直し,コマンドを再実行するといった面倒な作業が必要でした。しかし,RXAの「サスペンド&レジューム」でセッションをただちに再開することが可能です。また,何らかの障害によりクライアントPCがクラッシュしてしまった場合にも,中継端末とサーバとのセッションは切れずに保持されるので,障害が復旧したら速やかにUNIX/Linuxへ再接続して,作業を継続できます。

この機能により,ジョブの実行中でもクライアントPCを再起動したり,シャットダウンしたりすることが可能です。会議や打ち合わせのためにノートPCをネットワークから切断しなければならない場合でも,中継端末上でセッションが維持されているので,ノートPCをネットワークに再接続すればジョブの実行結果ををただちに確認できます。業務終了時間には,ジョブを実行したままクライアントPCをシャットダウンできるため,クライアントPCの消費電力削減にもなるでしょう。クライアントPCを立ち上げたままにしておくことによる,セキュリティの問題も解消できます。

さらに中継端末を利用することで,RXAではセッションの共有や引き継ぎもできるようになりました。社内の開発チーム同士で作業を共有できるだけでなく,たとえば,外資系企業が米国本社と共同開発を行ったり,中国などとオフショア開発を行ったりする際にも,操作中のアプリケーションの動きをメンバー全員がリアルタイムに確認したり,操作権を受け渡したりできます。

こうしたセッションの中継に,中継専用の端末を必ず用意する必要はありません。RXAがインストールされたクライアントPCなら,どれでも好きな時に中継端末として利用することができます。従来から提供されていた,クライアントPCとUNIX/Linuxを直接接続する方法も利用できます。

バックナンバー

仮想化

コメント

コメントの記入