新春特別企画

2010年の仮想化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2010年の仮想化を予測してみると,各仮想化ソフトウェアがしのぎを削る,ちょっとした乱世になるのではないでしょうか。

2009年を振り返ってみると,「無償化」の進展が著しい年だったといえます。主だったところだけでも,VMware ESXiにCitrix XenServer,Hyper-Vも実質無料で使用できますし,Linux KVMもCentOSの普及が相当進んだため無償で始めることができます。そんな状況の中,どのように仮想化の世界が動くか予想してみましょう。

サーバ仮想化の分野

仮想化といえば,まずはサーバ仮想化という感があります。この分野では,業務系システムではVMware ESX Server(パッケージという意味ではvSphere 4。以後VMware)が優勢で,そこにHyper-Vが食い込んでくる構図になるでしょう。

Hyper-V 2.0

Hyper-VはWindows Server 2008 R2のリリースに伴い,2.0にバージョンアップしました。ライブマイグレーションやクラスタ共有型ファイルシステムのサポートなど,これまで機能的に見劣りしていた点も補強され,企業の導入にあたっての評価対象に挙げられるようになってきています。特にWindowsの利用の多いユーザの場合,Hyper-Vならば仮想化部分のライセンス料が実質的に無料である点が魅力的に映るようです。それほど高機能が必要ない小規模システムであれば,管理面でもWindowsのユーザインターフェースで管理できることが好材料となっています。

vSphere 4

規模の大きいシステムの場合,VMwareがまず検討対象に挙がる状況はしばらく続きそうです。しかし一方で,先行的に導入しているユーザからは,ライセンスや保守のコストが高いことに対する不満が聞こえてきます。VMwareはライセンス課金がプロセッサ単位のため,先行導入したシステムはCPUのマルチコア数が少なかったりメモリ搭載量が少なかったりするため,それほど多くの仮想マシンは搭載できません。これが仮想マシンあたりのコストを押し上げてしまっています。新たしいハードウェアであればマルチコア化,多コア化が進み,相対的にライセンスコストも安く感じられるようになってきていますが,そのあたりのことがあまり知られていない実情があるように思います。

ハイパーバイザーの選択方法

XenやLinux KVM,Hyper-Vなど仮想化環境を構築するためのソフトウェアが一通り揃い,技術的にも「できること」に大きな差がつきにくくなって来ている現在,導入時のライセンスや保守にかかるコストは選択を大きく左右する要因になるでしょう。

2010年は,サーバ仮想化のコモディティ化(一般化と低価格化)が一気に進むのではないでしょうか。

ここで少し,ハードウェアについてのトレンドに触れておきましょう。

仮想化のためのハードウェア

2009年はAMDからコードネームIstanbul,IntelのコードネームNehalemと,仮想化に適した新CPUがリリースされました。Istanbulはプロセッサあたり6コアを搭載し,NehalemはメモリがDDR3の3チャネルになったのが大きな特長です。

マルチコア化が加速するCPU

まず,CPUがマルチコア化することで,仮想化に適したCPUになったといえます。仮想マシンに割り当てた仮想CPUは,物理CPUコアに割り振られて処理が行われますが,CPUコア数が多ければ多いほどCPU競合が発生しにくくなるため,スループットが向上します。現状,仮想化統合の対象となるシステムはそれほどCPUパワーを要求しないものが多いので,CPUコアあたりの絶対性能,つまり高クロック数よりはコア数の多さが重要となります。

メモリ帯域も重視

メモリチャネルが増えると,それだけCPUとメモリの間で一度にやり取りできるデータの量が多くなります。最近ではデータベースのようなアプリケーションを仮想マシン上で実行することが増えてきたので,メモリアクセス速度が速いことは性能的に有利な要因となります。AMDの次期CPUはメモリチャネルを4チャネル備えることになっています。

メモリの省電力も重要

メモリがDDR3規格になったのは,消費電力を押さえる点で有効です。エコ的な観点や,供給電力量の関係から低消費電力化の要請が高まっており,2010年はCPUやメモリが低消費電力のものが好まれるようになるでしょう。

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。

バックナンバー

新春特別企画

  • 2010年の仮想化

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入