PerlでAtomPubサーバを作ろう!

第1回 もっとも簡単なAtomPubサーバを作ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

はじめまして。井上武(たける)といいます。

2007年後半はAtomPub(Atom Publication Protocol)に関するニュースが目白押しでした。7月には,日本で初めてのAtomPub接続実験(Interop)が行われました。10月にはIETFでRFCとして承認され,仕様が確定しました。11月になるとGoogleからOpenSocialが発表されました。OpenSocialは,AtomPubをベースとしたSNS APIです。12月にはAtomPubの理論的背景を解説した『RESTful Web サービス』の日本語版が発売されました。

このように,AtomPubを取り巻く環境は,理論から実装,基本から拡張までとても賑やかです。AtomPubを使うと,Webサービスをシンプルでわかりやすく仕上げることができます。これが,AtomPubが注目を集めている理由です。

この連載では,CPANモジュールのCatalyst::Controller::Atompubを使ってAtomPubサーバを実装する方法を紹介します。まず,テキストデータのみを扱う簡易サーバから始めて,写真付きブログサーバを作り,最後にGoogle Data APIs(GData)を実装します。GDataはOpenSocialに検索機能を提供する技術です。

サンプルコードはこちらからダウンロードできます。

Catalyst::Controller::Atompub 開発の経緯

Catalyst::Controller::Atompubは,昨年夏に開発が始まった比較的新しいモジュールです。

最初は昨年7月末に開催されたAtomPubの接続実験のために開発されました。この時点ではまだ独立したモジュールではなく,Webアプリケーションとして実装されていました。このとき,IRCで参加されていた宮川さんとの短いやり取りがきっかけで,Catalystモジュールとして開発することになりました。

Catalystに詳しい中川さんにアドバイスをいただきながら開発を進め,2007年9月10日に最初のバージョンがCPANにアップされました。その後,AtomPub仕様策定を指揮したTim Brayにテストしてもらったり,米国で行われた接続実験に参加するなどして(日本からのリモート参加でしたが),徐々に実装が磨かれていきました。国産AtomPubクライアントを開発されている丸本さんにもたくさんテストしていただきました。その結果,現在では多くのAtomPubクライアントと接続できることが確認されています。

現在,Catalyst::Controller::AtompubはCodeReposで開発が進められています。バグを見つけたり機能拡張してくださった方は,こちらに直接commitしていただいてもかまいません。

接続実験(Interop)について

新しいプロトコルの仕様策定を進める過程で,相互接続実験(Interop)が開催されることがあります。仕様の妥当性確認や,実装レベルの向上が目的です。AtomPubのInteropは,米国で3回,日本で1回開催されました。努力の甲斐あって,現在ではほとんどのサーバとクライアントが相互接続できるようになりました。

GoogleやIBMのような大企業からはもちろん,個人で参加される方もいます。参加資格は「AtomPubの実装があること」だけです。日本でもう一回くらい開催されるかもしれませんので,興味のある方はGoogleグループのatom-protocol-jaをチェックしていてください。余談ですが,米国ではInteropがきっかけでGoogleに転職した方もいるようです。

Catalystとは

Catalystは,MVC(Model-View-Controller)パターンを利用したPerlのWebアプリケーションフレームワークです。多くの雑誌やWebページに解説がありますので,詳細はそちらを参考にしてください。

AtomPubは,Webサービスのコントロールフロー(制御の流れ)を定義するプロトコルです。Catalyst::Controller::Atompubモジュールは,その名の通りCatalystのコントローラです。プログラマは,Catalyst::Controller::Atompubをサブクラス化してAtomPubサーバに必要な機能を実装します。

AtomPubとは

AtomPubは,将来のWebサービス標準技術として期待されているプロトコルです。RESTにもとづくシンプルなコンセプトでありながら,テキストに限らずあらゆるWebリソースを扱うことができるなど幅広い応用力を持ちます。

gihyo.jpでは朝倉さんと坂野さんが書かれた記事Web APIの次世代標準プロトコル「Atom Publishing Protocol」を読むことができます。プロトコルの詳細についてはこちらをご覧ください。

ここでは,AtomPubサーバを実装するために,最低限知っておかなければならないことを説明します。

AtomPubのリソース

AtomPubはWeb上のリソースを扱うプロトコルです。まずはリソースから説明します。AtomPubでは,エントリや画像ファイルなどを「メンバリソース」と呼び,それらの入れ物を「コレクションリソース」と呼びます。

AtomPubのリソース

AtomPub のリソース

メンバリソースがAtomエントリのときは「エントリリソース」と呼ばれ,それ以外のときは「メディアリソース」のように呼び分けられます。AtomPubサーバは複数のコレクション持つことができます。この連載で作成するブログサーバでは,テキストと写真を別々のコレクションに保持します。

今回はエントリリソースについて説明し,メディアリソースは次回に説明します。

著者プロフィール

井上武(いのうえたける)

NTTに入社後,未来ねっと研究所でマルチキャストやモバイルIPなどのネットワーク技術の研究開発に取り組んでいたが,最近はWebアーキテクチャに関する仕事をしている。

URLhttp://teahut.sakura.ne.jp/

コメント

コメントの記入