Windows管理者のためのネットワークコマンド実践テクニック

Command-3 ネットワークが遅い

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「ネットワークが遅い」という申告もさまざまな場面で聞く苦情のひとつです。こちらも考えられる原因はいろいろあります。最初にやるべきは影響範囲のヒアリングでしょう。

たとえば,特定のWebサイトやサーバにアクセスするときだけ遅いのであれば,ネットワークの問題ではなくて該当のサーバ側の問題である可能性が高くなりますし,特定の個人マシンでだけ発生するのであれば,該当マシンでプロセスが暴走してCPUを使いきっているだけかも知れません。

ping応答による原因の切り分け

ヒアリングと合わせて有効なのが,図1のpingコマンドによる応答状況の確認です。

図1 pingコマンド
-tオプションにより[Ctrl]+[C]で強制終了させるまでpingが継続している。また,「Request timed out」が1回発生している。

C:\>ping -t www.monyo.com

Pinging WWW.MONYO.COM [202.224.206.195] with 32 bytes of data:

Reply from 202.224.206.195: bytes=32 time=41ms TTL=243
Reply from 202.224.206.195: bytes=32 time=29ms TTL=243
Request timed out.
Reply from 202.224.206.195: bytes=32 time=29ms TTL=243
Reply from 202.224.206.195: bytes=32 time=30ms TTL=243
Reply from 202.224.206.195: bytes=32 time=28ms TTL=243

Ping statistics for 202.224.206.195:
    Packets: Sent = 6, Received = 5, Lost = 1 (16% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
    Minimum = 28ms, Maximum = 41ms, Average = 31ms
Control-C
^C
C:\>

-tを付けることで,[Ctrl]+[C]で強制終了させるまで継続してpingコマンドが実行されます。デフォルトでは4回で終了してしまいますが,傾向を見る上では数十秒位続けた方がよいでしょう。

サーバをIPアドレスで指定した場合と名前で指定した場合との応答を見比べることをお勧めします。名前でアクセスした時に初回の応答までにちょっと間が空くという場合は,ネットワークの問題ではなく,名前をIPアドレスに変換する名前解決機構の問題であると推測できます。

名前解決機構のトラブルシューティング

名前解決機構のトラブルシューティングはかなり繁雑ですが,まずは図2ipconfig /allコマンドでDNSサーバが構成されている場合は,そのDNSサーバにアクセス可能かを確認してみましょう。とくに1台目のDNSサーバに障害が発生しており,2台目以降を使って名前解決が成功している場合は,結果として応答が「遅く」なりますので,注意が必要です。

図2 ipconfig /allコマンド

C:\>ipconfig /all

Windows IP Configuration

        Host Name . . . . . . . . . . . . : madoka
        Primary Dns Suffix  . . . . . . . : monyo.local
        Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid
        IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
        WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No
        DNS Suffix Search List. . . . . . : monyo.local

Ethernet adapter LAN2:

        Connection-specific DNS Suffix  . : localdomain
        Description . . . . . . . . . . . : VMware Accelerated AMD PCNet Adapter #2
        Physical Address. . . . . . . . . : 00-0C-29-11-C0-EF
        Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
        Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.135.153
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
        Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.135.2
        DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.135.254
        DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.1.1
                                            172.16.100.1
        Primary WINS Server . . . . . . . : 192.168.135.2
        Lease Obtained. . . . . . . . . . : 2007年8月10日 10:12:25
        Lease Expires . . . . . . . . . . : 2007年8月10日 10:42:25

DNSサーバへのアクセスに問題がない場合は,図3のようにnslookupコマンドで明示的に問い合わせ先のDNSサーバを指定して名前解決を行ってみることをお勧めします。

図3 nslookupコマンド
最初は192.168.1.1のDNSサーバへ,次は172.16.100.1のDNSサーバに対してwww.monyo.comの名前解決を実施している。

C:\>nslookup www.monyo.com 192.168.1.1
Server:  modemnv3-e68c8e
Address:  192.168.1.1

Non-authoritative answer:
Name:    www.monyo.com
Address:  202.224.206.195


C:\>nslookup www.monyo.com 172.16.100.1
*** Can't find server name for address 172.16.100.1: Non-existent domain
Server:  UnKnown
Address:  172.16.100.1

Non-authoritative answer:
Name:    www.monyo.com
Address:  202.224.206.195


C:\>

DNSサーバで名前解決が失敗しているにもかかわらず,最終的に名前解決が成功している場合は,LMHOSTSファイルWINSサーバを用いて名前解決が成功している可能性が考えられます。これは通常ネットワーク管理者の意図する動作ではないと思いますので,名前解決の構成を見直した方がよいでしょう。

コメント

コメントの記入