FreeBSD 7.0 へようこそ

第2回 7.0-RELEASEでディスク丸ごとバックアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回のポイント:クリーンインストールの場所を確保しよう

それでは早速FreeBSD 7.0-RELEASE(2月27日公開)を試してみることにしよう。新しいOSには新しいハードウェアが似合うということにして,筆者も本稿執筆を機会に,3年来愛用したIntel Pentium M 2GHz + MSI 915GSpeedSter-FA4とお別れして,新たにIntel Core2 Duo 6550(2.33GHz) + ASUS P5GC-MX/1333を導入した図1)。秋葉原なら27,000円程度で購入できる,極めて普通の構成であるが,筆者は本稿執筆期間中フランスに出張しているため,やむなく現地の通販サイトからパーツを購入した。税込285.7ユーロ(46,616円)と,かなりお高い買い物になってしまった(コラム参照)。

図1 新規導入したCore2 Duo 6550とASUSのマザーボード。大型のヒートシンクが目立つ

新規導入したCore2 Duo 6550とASUSのマザーボード

FreeBSDの伝道師を自称する筆者としては本記事を機会にWindows やLinuxから乗り換えてくれる読者が一人でも出てくれることを願ってやまない。インストールに先立ち,現在使用しているサイズより大きなハードディスクを購入し,現ディスクから新しいディスクにセクタ単位で「丸ごとコピー」して,ディスクの末尾にできる空領域にFreeBSDを導入する方法が簡便である。セクタ単位のコピーであるので,中身はNTFSであってもUFSであってもEXT2FSであってもお構いない上に,丸ごとコピーすることによって,ついでにその日のハードディスクの完全なバックアップができてしまうおまけ付きである。FreeBSDインストールCD-ROMはこういった用途にも便利に利用できるので,今回はそのやり方を紹介しよう。

※)
私事で恐縮だが,たとえば近場の標的は筆者の家族には研究所で使っていたSunOS4.1.4の続きで9年前から,父親(77)には「Windowsのウィルスには絶対に感染しない」という殺し文句で6年前からFreeBSDを使ってもらっている。潜在的新ユーザは14ヵ月になる息子で,毎晩筆者のPCのマウスとキーボードで遊んでいるのでこれもFreeBSD使いと言ってよかろう-しかし得意技はM-x 不可解な文字列とか,タッピングでfvwm2をexitしてXを落っことすことだが…。

コラム:フランスでのPC事情

ヨーロッパは歴史好きにはたまらない,文明史とアンティークの国である。筆者が滞在中のベルサイユ中心部のアパートは一説に築200年というように,ヨーロッパはとかく古い物を大事にするお国柄であり,そのせいもあってか日本では1万円もしないようなオンボロ車でも「売ります50万円」といった高値を堂々と主張してはばからない。PCパーツもあまり値崩れを起こさないので,秋葉原感覚では一世代前のパーツを二世代前の値段で売っている印象である。ユーロ高の差益は中間業者の懐と付加価値税(19.6%)で政府に吸い込まれていっているように思われる。パソコンショップは小規模小売店のほか,fnacという大手デパートや,スーパー(Windows無し,Ubuntu Linuxだけが入ったPCを割引で売っていたりする)の他,通信販売サイトが充実している。店舗を持たない分,割引率が良いので,fnacで品定めして通販で購入するといったちゃっかり消費者も多い。

ネット接続はADSLが標準的で,最大下り10Mbps上り1Mbpsの回線で月29.9ユーロである。1ユーロ160円の相場として約4,800円,日本の我が家での光ファイバとほとんど同じ価格で速度は1割以下(今晩の実測では下り3Mbps上り240kbps)。さらにこちらでは日曜や夜間で混んでくるとIPアドレスを取れなくなるという,露骨にサーバの能力不足が見えてしまっているのがお粗末なところである。最大手のFrance Telecomですらこの有様なので,他の格安系は推して知るべしというべきか(実は本稿執筆時の大事な時にもネットが数時間不通になって困った)。フランスだけでなく,先週エジンバラ(英国)で宿泊したBed & Breakfast(民宿もどき)でもネット不通に祟られたので,割合一般的に起こる問題と見受けられる。ヨーロッパでは「不可抗力には逆らわない」というのが常識のようで,ユーザは一般的に我慢強いため利益率が高いのだなあと感じさせられる一幕。

反面,ADSLを申し込むと,IP電話はほぼ自動的に使えるようになるだけでなく,電話局から近い家庭には強制的に「インターネットテレビチューナー」が送りつけられてきて,ネット経由で百のテレビチャンネル,VoDでのビデオ購入などができるようになる。ブロードバンドの使い方といえばテレビだと決めた途端,全家庭にチューナを配る展開の速さなどは,選択と集中を地でいっているという点で参考にしたいものである。ちなみに番組としては,噂の「アルジャジーラ」や中国語放送は配信されている一方,残念ながら日本の放送局は無い。というものの,日本のアニメは大人気なので日本的なものを見るには苦労しない。

著者プロフィール

三田吉郎(みたよしお)

東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻准教授。講義「電気磁気学」「わかる電子回路」やマイクロマシン研究の傍ら,FreeBSDの普及,開発に尽力する。FreeBSD ports committer。国際派を自任し,2007~8年9月までフランス国立情報学研究所(INRIA)招聘教授。共著書に「FreeBSD徹底入門」(翔泳社),「FreeBSD Expert」など。

コメント

コメントの記入