アキラの海外“デッドストックニュース”掘り起こし

第11回 Appleからハッカーへの挑戦状 -たとえユーザを失うことになっても,SIMロック解除は絶対に認めない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

最近,扱うネタがiPhone & Apple関連に偏ってきた感があるので,そろそろ違う話をしたいところだが…スイマセン,今回もiPhoneの話です。日本では使える目処も立っていない商品だが,しかし,最近の一連の騒動を見ていると,Appleという会社のスタンスは昔からあまり変わっていないことがよくわかる。創造性あふれる魅力的なインターフェースで一般ユーザの気持ちを掴む一方で,サードパーティやそのユーザに対しては断固たる措置を取る。開発者もユーザも,Appleが作った枠からはみ出ることは決して許されない。今回のiPhoneアップデートに絡むAppleの対応を見ると,Mac互換機を作ろうとしていたサードパーティを徹底的に排除していたころの同社と,ぴたりと重なってくる。

Appleからの警告

iPhnoeのSIMロック解除がハッカーたちの間でちょっとしたブームになったことは,前にも書いた。SIMロックはずしがおおっぴらに行われれば,当然,AppleとAT&Tによるビジネスモデルは崩れてしまう。そろそろ何らかの法的措置に出てもおかしくないかな…と思っていたら,9月24日,Appleがついに警告とも取れる声明を出した。「巷ではiPhoneを不正にアンロックするプログラムが出回っているが,これらを使うとiPhoneのソフトウェアに取り返しのつかないダメージを与える恐れがある。勝手にそんなソフトを適用してiPhoneが使えなくなったとしても,Appleはいっさい面倒見ないからそのつもりで」-つまり,不正なソフトを入れてiPhoneが動かなくなったとしてもAppleは何の責任も取らない,そんなiPhoneは保証外と宣言したのだ。

え,これだけ? 警告だけで終わりなの? ……もちろん,そんなワケはなかった。3日後の9月27日,AppleはiPhoneソフトウェアのアップデータ(Version 1.1.1)を公開した。Webブラウザ"Safari"の脆弱性の修正やiTunes Wi-Fi Music Storeのアクセスが含まれるもので,6月の発売開始以来,初の大きなアップデートである。ユーザたちはiPhoneの新しい操作感を想像しながら,うきうきとアップデートを試みた。

そして"それ"が発動された

それから数時間後,全米のあちこちで悲痛な声が響き渡ることになる。「アップデートしたらiPhoneが使えなくなった」「入れていたソフトが消えちゃった」…彼らのうちの一部にはSIMロック解除ツールを試した者もいたかもしれない。だがフリーズしたiPhoneを呆然と眺めるしかなかった人々のほとんどは,そんなことはしていない。彼らがしたことといえば,ネットからiPhone用のソフト-Apple製じゃないヤツ-をいくつかダウンロードして,便利に使っていただけなのだ。

だがAppleはそれらサードパーティの製品やフリーソフトもすべて「不正なソフト」としてiPhoneから弾くよう,アップデータに設定したのだ。法的措置? そんな時間のかかることなんて冗談じゃない。Appleが選んだのはAppleが認めたもの以外はすべて拒否するという強い意思表示だった。その強硬な姿勢の前にはどんな小さなユーティリティツールも"Apple的に違法"となる。Appleのビジネスの邪魔をするとも思えないスクリーンキャプチャツールやIMツール,そしてDavid Pogue(The New York Timesの人気ジャーナリスト)もお気に入りだったバーチャルポップコーンメーカーも使えなくなった。

各地のApple Storeには動かなくなったiPhoneを持ち込む人や電話で問い合わせてくる人が後を絶たない。だが,ストアの店員は皆厳しく「それはあなたが取ったリスクです。Appleの保証外です」と例外なく突っぱねているという。

つくづく,アメリカらしい会社だと思う。フレンドリーに見える反面,ビジネスにはこの上なくシビアに対応する。自分の権益を侵す勢力とは徹底的に闘う。たとえそれでいくらかの信頼を失うことになったとしても,決して引かない。この宣戦布告の前にSIMロックはずしのハッカーたちはどう立ち向かうのだろうか。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

  • Appleのスタンス

    初めまして。記事、拝見しました。
    Appleのスタンス、まったくその通りで苦々しい思いでいます。
    私のiPhoneのSafariは、数ヶ月前から不具合が発生。Safariを立ち上げ、検索し、それをタップすると、AppStoreに飛んだりエロサイトが開いたり、というもので、初期化してもデバイスを交換しても改善されず、ついにはアプリ使用中にもエロサイトに飛んだりするので、AppleIDのアカウントがどういう経緯でかはわからないけれどもエロサイトやAppStoreに飛ぶよう紐付けされてしまっているとしか思えなかったのですが、Appleに問い合わせても、Appleはウィルスに感染しない、IDにも問題ないの一点張りお客様のケースは非常に珍しいケースですと言いながらもApple製品の非は一切認めませんでした。
    高額なパソコンのようなものなのに、本体を送って不具合を修理する、というようなことをしていないのもおかしな話だと思います。他のパソコンメーカーはやってるのに。
    あまりにも頭にきて、ついコメントしてしまいました。今の気分にピッタリの記事だったので。
    長々と失礼しました。

    Commented : #1   (2015/09/15, 23:46)

コメントの記入