LAMP開発者のためのWindows Azure講座

第10回 Azure上で使うネイティブLinux環境

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

IaaSの提供でLinuxがそのまま稼働するように

米Microsoftは6月6日(米国時間)⁠Windows Azureの大幅なアップデート「Windows Azure Spring Release」を実施しました。LAMP環境についての大きなトピックは,Linux OSに対応したIaaS機能「Virtual Machines」の提供,MySQLなどに対応したWebサイト制作機能「Web Sites」の提供,HTML5に対応した管理ポータルの提供です。

このアップデートにより,これまで紹介してきたようなPaaS上でLAMP環境を動作させるための手間や作業は必要なくなりました。MacやLinuxなどのクライアントからブラウザで管理ポータルを開き,事前に提供されているテンプレートを使って⁠素の⁠Linuxマシンを10分程度で稼働させることができます。

対応しているLinuxは現在のところ,CentOS 6.2,SUSE Linux Enterprise Server,Ubuntu Server 12.04,openSUSE 12.1となっています図1)⁠

図1 テンプレートとして用意されてるVirtual Machines

図1 テンプレートとして用意されてるVirtual Machines

10分もかからずにLinuxマシンを作成できる

最終回となる今回は,このアップデートを受けて,新しくなった管理ポータルでLinuxマシンを作成して稼働させる手順を紹介することにします。新しい管理ポータルのURLhttp://manage.windowsazure.comにアクセスします。ログイン情報を入力すると,自動的に図2の画面になります。

図2 新しい管理ポータルの画面

図2 新しい管理ポータルの画面

もし,旧管理ポータルが表示されたら画面の下部の「新しいポータルへ移動」で移動できます。

図3 古い管理ポータルの画面

図3 古い管理ポータルの画面

新しい管理ポータルの左下の「NEW」から「VIRTUAL MACHINES」⁠⁠CREATE A VIRTUAL MACHINE」⁠⁠FROM GALLARY」を選択すると図1になりますので,そのままCentOS 6.2を選び「→」を押します。図4の画面になります。

図4 CentOS 6.2を作成

図4 CentOS 6.2を作成

続いて,Virtual Machineの名前(ホスト名)⁠ユーザー名,パスワードを入力して「→」を押します。

図5 Virtual MachineのDNSなどを設定

図5 Virtual MachineのDNSなどを設定

続いて,URLとなる「DNS NAME」⁠ストレージアカウントなどを入力して「→」を押します。

図6 Virtual Machineのオプションを設定

図6 Virtual Machineのオプションを設定

そのまま,チェックボタンをクリックして終了です。5分程度でVirtual Machineが作成され,次のような画面になると思います。

図7 Virtual Machineの一覧画面

図7 Virtual Machineの一覧画面

Virtual Machineの名前「centos」をクリックすると,図8のような設定画面に移動します。

図8 Virtual Machineの設定画面

図8 Virtual Machineの設定画面

ここでCPU,ディスクの使用状況や各種設定を確認することができます。ディスクやネットワークは自動的に作成され,すでにSSHでアクセスできる状態になっています。

Virtual Machineの作成は以上です。なお,Virtual MachinesとWeb Sitesはプレビュー版なるので初回時に利用登録が必要で,これには少し時間がかかります。

著者プロフィール

齋藤公二(さいとうこうじ)

インサイト合同会社

『月刊Computerwold』『CIO Magazine』(IDGジャパン)の記者,編集者などを経て,2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆,編集のほか,OSSを利用した企業Webサイト,サービスサイトの制作を担当する。

コメント

コメントの記入