週刊 Windows Azure Platform 通信

第2回 Windows Azure Tools for Visual Studio 1.5日本語版利用可能に,Windows Azure Guest OS 2.7 & 1.15 リリース,Windows Azure Platform PowerShell Cmdlets 2.0公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure Tools for Visual Studio 1.5,日本語版利用可能に

先月リリースされたWindows Azure Tools for Visual Studio 1.5,日本語版が利用可能になりました。Windows Azure SDK 1.5のアップデートと合わせてご利用ください。Microsoft Web Platform Installer(WebPI)を使って最新版が簡単にダウンロード,インストールできます。

Windows Azure Guest OS 2.7 & 1.15 リリース

Windows Azure OS のバージョン 2.7(Windows Server 2008 R2 互換)と1.15(Windows Server 2008 SP2 互換)がリリースされました。自動アップグレードをOnにしている場合は,自動で最新バージョンにアップグレードされます。

Windows Azure Platform PowerShell Cmdlets 2.0 公開

Windows Azure Platform を Windows PowerShellから管理するためのコマンド群(CmdLets)のV2.0が公開になりました。Windows Azure,SQL Azure,Windows Azure Access Control Serviceの管理コマンドが利用可能です。


まずは,Windows Azure Platformを無料で試すためのアカウントを取得しましょう。

さらに詳しい技術情報はこちらから。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入