週刊 Windows Azure Platform 通信

第9回 Windows Azure SDK 1.6公開,Windows Azure Toolkit for Social Games v1.1公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure SDK 1.6公開

Windows Azure Platform 用アプリケーションを開発するためのソフトウエア開発キット,SDK(Software Development Kit) の最新版 v1.6 が公開公開され,すでに日本語版も利用可能になっています。

Windows Azure ToolsにはSDKが含まれていますので,Windows Azure Tools v1.5をインストール済みの場合はSDK部分をアップデートしてください。

今回は,Windows Azureに接続するための証明書管理が自動化されたり,Windows Azure管理ポータルにアクセスせずに操作できるようになるなど,より柔軟に開発が行えるようになるアップデートとなっています。なお,これまでWindows Azure AppFabric SDKと呼ばれていたものが,Windows Azure Libraries for .NET 1.6となり,Service Bus,Cacingのクライアントライブラリの強化,Queueの機能強化が盛り込まれています。

また,SDK 1.6に対応したWindows Azure Platform Training Kitの最新版も利用可能になっています。

このSDKのアップデートと合わせて,Windows Azure HPC Scheduler SDKリリース,およびHPC Pack 2008 R2アップデートが行われました。

Windows Azure Toolkit for Social Games v1.1公開

Windows Azureを利用して ソーシャルゲームを作成するためのツールキットであるWindows Azure Toolkit for Social Gamesが今年の8月にリリース,この度アップデートされた v1.1が公開になりました。

v1.0は実際にオンラインでデモ公開されているTanksterをベースとして,ソースコード付きで公開されていましたが,今回はTanksterに加えて,より単純なゲーム(三目並べと四目並べ)でクラウドおよびクライアントのアプリケーション構成や,Windows Live ID/Facebookによるユーザ管理,ユーザ対戦などの基本機能を確認できる内容になっています。

馮富久の眼

今回は2つとも注目したいニュースですね。その中でも2つめ,Windows Azure Toolkit for Social Gamesを取り上げます。今のクラウド関連の話題ではソーシャルゲームが欠かすことができません。その中で,これまではAmazon EC2などのIaaSに注目が集まっていました。しかし,その後,Windows Azure上にゲームを構築する例も登場してきています。

今回の1.1のリリースにより,各種クライアントアプリケーションの構成管理,ユーザ管理などの基本機能が準備されているため,今後,Azure上でソーシャルゲームを開発する例が増えていくのではないかと予想できます。どういったゲームを開発できるのか,興味のある方はアクセスしてみてください(Windows Live IDまはたFacebookアカウント認証が行われます)⁠

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入