週刊 Windows Azure Platform 通信

第11回 Windows AzureがISO 27001準拠として認定,Windows Azure用PHPアプリ開発ガイド公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows AzureがISO 27001準拠として認定

Windows Azureは情報セキュリティ管理のための国際規格であるISO/IEC 27001準拠として,BSI Americaにより認定されました。ISO/IEC 27001は,Information Security Management System(情報セキュリティ マネジメントシステム)⁠つまり,情報資産を守るために適切なセキュリティ管理を実施するための国際規格です。

Microsoftのクラウドサービスは,データセンター(Global Foundation Services Division)としては,すでにISO/IEC 27001:2005準拠となっており,Office365としてISO 27001の他にもSAS 70 Type II,EU Safe Harbor準拠と認定されています。

Windows Azure用PHPアプリを開発するためのStep by Stepガイド公開

PHPでWindows Azure Platformを利用するための環境準備や,Step by Stepでコーディングして行けるチュートリアルガイドが公開されています。

こちらはJapan Windows Azure Users Groupの方々により検証,執筆されているガイドで,PHPによるWindows Azure開発環境の準備や,Windows Azure Blob/TableやSQL Azureを利用する方法,Facebookアプリの開発方法などまで,実践的な内容となっています。

馮富久の眼

今回は,ビジネスユーザ/開発者どちらにとっても注目したいニュースが届きました。まず,ISO 27001準拠。こちらは,情報セキュリティ管理における国際規格であり,Azure上でシステムを構築する際,情報資産の保護という観点で,信頼がおけるものです。

もう1つのPHPアプリ開発については,日本のコミュニティであるJAZUGが検証・執筆しているとこともあり,日本の開発者にとっては大変役立つ内容と言えるでしょう。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入