週刊 Windows Azure Platform 通信

第14回 Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labsが利用可能に,Windows Azure Platform活用方針ホワイトペーパー公開他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure Guest OS緊急セキュリティ対応バージョンアップ

ASP.NETの脆弱性に対する緊急セキュリティ対応(MS11-100)のため,Windows Azure Guest OSのバージョンアップが行われました。最新版は,Guest OS 1.16(Release 201109-03)/2.8(Release 201109-03)となります。

Guest OSの自動アップデートを有効に設定している場合は,自動的に適用済みになっていますが,手動アップデートに設定している場合は対応を行ってください。

Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labs 2011年12月版リリース

Windows Azure Service Bus EAI & EDI Labsが利用可能になっています。プライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境をつなぐメッセージプロセッシング機能であるEnterprise Application Integration(EAI)⁠およびB2Bメッセージングを実現するElectric Data Interchange(EDI)機能がプレビュー版として公開されています。

クラウドサービス提供会社向けWindows Azure Platform活用方針ホワイトペーパー公開

SaaS型クラウドでサービス提供される会社がWindows Azure Platformを活用するためのガイドラインとなるホワイトペーパーが公開されました。こちらは,日本においてWindows Azure Platform上でクラウドサービスを提供されているCSV(Cloud Service Vender)各社のメンバーから構成されたCSVカウンシルにおいて,実際のご経験やメンバー同士のディスカッションを基にしてまとめられたものです。

現在オンプレミスで稼働するソフトウェア,サービスをクラウドに移行するメリットや,新規クラウドサービスを開発する上で検討が必要となるサービス提供形態や,アーキテクチャ上の考慮点・設計ポイントなども盛り込まれています。

馮富久の眼

2012年の幕が上がりました。今年もよろしくお願いします。まず,最初のトピックであるセキュリティアップデート。Windows Azureを利用している皆さんはぜひ一度お確かめください。

さて,注目としては,2つ目のWindows Azure Service Bus EAI and EDI Labsがプレビューされたことです。2011年がWindows Azure導入の年で,今年はもう普及・運用に移っていくと思います。その中でのメッセージングプロセッシングやB2Bメッセージングは,ビジネスシーンにおけるクラウド利用において欠かせない技術となっていくでしょう。現在はプレビュー版となっていますが,開発者の方は今から触れておくことをお勧めします。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入