週刊 Windows Azure Platform 通信

第25回 Windows Azure PowerShell CmdLets v2.2 公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Windows Azure PowerShell CmdLets v2.2 公開

Windows Azure PowerShell CmdLetsの最新版v2.2が公開されています。サブスクリプションIDや証明書データ,デフォルトのサブスクリプション,アカウントやデータファイルロケーションなどの設定をユーザプロファイルとして保持できる機能などが強化されています。

Windows Azure PowerShellは .NET版のほかにもNode.js版も用意されていますのでご利用ください。

馮富久の眼

今週はWindows Azure PowerShell CmdLetsの最新版がリリースされました。Windows Azureで利用できるPowerShellのコマンドレット群は大変便利で,今回のバージョンアップで認証やプロファイル管理周りが強化されています。クラウドシステム運用管理者にとって大変便利と言えるでしょう。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入