週刊 Windows Azure Platform 通信

第27回 Hadoop for Windows Azure 2nd Preview公開,Windows Azureに米国西部と東部のデータセンター追加,SQL Azure Data Syncプレビュー版アップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Hadoop based service for Windows Azure,"Second Preview"を公開

大規模データ分散処理のフレームワークであるHadoopをWindows Azure上で利用できるHadoop based service for Windows Azureがアップデートされ,これまでの招待制プレビューに引き続き,"Second Preview"として試用可能になっています。

下記のような機能が強化されています;

  • 格納できるデータ量を4倍に拡張
  • HDFS(Hadoop Distributed File System)NameNodeの障害復旧による信頼性向上
  • Apache Mahout といった Hadoop プロジェクトの分析手法をサポート
  • SQL Server Analysis Services / Reporting Services による Excel / Sharepoint (PowerPivot),SQL Server 2012 Power View からの利用

Windows Azure,米国西部と東部のデータセンターが新たに利用可能

Windows Azureをホストしているデータセンターが増え,新たにWest USとEast USが利用可能になりました。

Windows Azureホステッドサービス(コンピューティング)とストレージではすでに利用が可能になっており,SQL Azureについても数ヵ月のうちに開始予定です。これにより,アメリカ・ヨーロッパ・アジアで下記の合計8ヵ所から選択が可能になりました。

USNorth Central/South Central/West/East
EuropeWest/North
AsiaSoutheast/East

SQL Azure Data Syncプレビュー版,Service Update 4にアップデート

プレビュー版として試用可能なSQL Azure Data Syncが,Service Update 4にバージョンアップされました。データベーススキーマ上に作成済みの同期グループ(Sync Group)を修正することができるようになり,また,同期グループを再作成しなくても新機能が適用されます。

管理ポータルに表示される管理情報もアップデートされており,ローカル側にインストールするクライアント(Data Sync Agent)のバージョン表示やサポート切れの警告,変更の適用が失敗している同期グループの表示といった機能が追加されています。合わせて,ORM(オブジェクト リレーショナル モデル)フレームワークに関連する問題の修正も行われています。

馮富久の眼

今週はHadoop based service for Windows Azureに注目したいと思います。大規模データ分散処理技術として普及しているHadoopに関して,Azure上での利用がしやすくなっています。とくに,格納できるデータ量が4倍になった点,HDFS(Hadoop Distributed File System)NameNode対応など注目したい機能強化が行われています。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入