週刊 Windows Azure Platform 通信

第30回 Windows Intune次期バージョン発表, "Casablanca",C++ネイティブコードによるWindows Azureへのアクセスを可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Intune次期バージョンを発表,Windows Intune April 2012 Pre-Release を公開

米国ラスベガスにて4月16~20日(現地時間)に開催されていたMicrosoft Management Summit 2012にてWindows Intune次期バージョンの内容が発表され,合わせて次期バージョンの一部機能を試用できるWindows Intune April 2012 Pre-Releaseが公開されました。

クラウド上でPC管理を行うサービスであるWindows Intuneの次期バージョンでは,

  • モバイルデバイスの管理 - Windows Server Active Directory,Microsoft Exchange Serverとの連携により,Exchange ActiveSyncを活用してWindows Phone/iOS/Androidを含めたモバイルデバイスの管理が可能に
  • オンプレミスとクラウドのActive Directory連携 - Windows Azure Activce Directoryのユーザアカウントを管理でき,オンプレミスのWindows Server Active Directoryとの連携も可能に
  • 企業内ポータル - システム管理部門が自社ユーザ向けにアプリケーションやツールなどを公開できる企業内ポータルが作成可能。Windows/iOS/Androidの各デバイスに対応

といった機能が追加されます。

Codename "Casablanca",C++ネイティブコードによるWindows Azureへのアクセスを可能に

非同期のC++ API設計によるネイティブコードでクライアント/(クラウド上の)サーバ 間の通信を可能にする,Codename Casablancaが発表されました。

Windows Azureに対応しており,主な機能として以下が提供されます。

  • Visual Studioに統合されたWindows Azure向けアプリケーションのネイティブコードによるRESTコーディング
  • ネイティブクライアントからWindows Azureブロブ,キューストレージへアクセスするためのライブラリ
  • Windows Vista/Windows 7/Windows 8(Consumer Preview)からのHTTP/JSON/URIへの非同期C++バインディングネイティブコードによるRESTアクセス
  • C++のHTTPクライアントサイドコードによるWindows 8 Metroスタイルアプリケーションを構築するためのVisual Studio向けSDK
  • C++ 11機能を使用した非同期オペレーションを作成するための一貫性のある協力なモデリング
  • Erlang のアクターをベースとしたプログラミングモデル

MSDN DevLabsにはサンプルコードドキュメントなども用意されています。

馮富久の眼

クラウドサービスとWindows OSのアップグレードサブスクリプションの組み合わせにより,PC の管理とセキュリティ保護・保守を容易にするWindows Intune。今回のアップデートでは,Windows Phone/iOS/AndroidといったスマートフォンOSへの対応がなされた他,Windows Server Active Directoryとの連携も行われています。今後,ますますニーズが高まる機能と言えるので,注目しましょう。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入