週刊 Windows Azure Platform 通信

第31回 Microsoft System Center 2012正式リリース,プライベート+パブリッククラウドの管理が容易に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

MicrosoftのIT管理製品であるMicrosoft System Center 2012がMicrosoft Intune次期バージョンの発表と同じくMicrosoft Management Summit 2012(2012年4月開催)にて正式リリースとなり,評価版ダウンロードも用意されています。オンプレミスのサーバやアプリケーションに留まらず,プライベートクラウドからパブリッククラウド(Windows Azure)まで,企業のITシステム全体の運営・管理をサポートするための製品ファミリーとして構成され,オンプレミスとクラウドのサーバ,サービスの管理が一元的に行えること,またプライベートとパブリック,クラウドの配置先を意識せずに利用できることを実現しています。

サーバ,サービスの監視と管理を行うSystem Center Operations Manager(SCOM)からWindows Azureアプリケーションの監視,パフォーマンスの確認などを行うことが可能になっていますSystem Center Monitoring Pack for Windows Azure ApplicationsSystem Center Monitoring Pack for SQL Azure (CTP版)が必要です)⁠

また,System Center App Controllerは,System Center Vitrual Machine Manager(SCVMM)で構成・管理している仮想環境(プライベートクラウド)とWindows Azure(パブリッククラウド)を同様に管理でき,直接アプリケーションをデプロイすることも可能です。

馮富久の眼

今回紹介したMicrosoft System Center 2012は,今後ますます利用シーンが増えると予想されるハイブリッドクラウドの管理に最適なツールです。クラウドの運用コストを削減したい場合に検討してみることをお勧めします。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入