Windows Azure通信

2012年10月16日号:Windows Azure ポータルの機能強化,Windows 8/マルチデバイス+Windows Azure スターター キット公開他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Windows Azureポータルの機能強化~サービスバスの管理,Co-Admin追加,SQLデータベースのインポート&エクスポート(10/7)

Windows Azureのサービスの管理を行うWindows Azureポータル が機能強化されました。

SilverlightベースのWindows Azure管理ポータルwindows.azure.comからできなかった操作が,新しいHTML5ベースの通称⁠Preview Potal⁠manage.windowsazure.comにも追加されました。

  • Windows Azureサービスバス の管理:クラウド同士やオンプレミスにおけるアプリケーションのメッセージインフラストラクチャーを提供するWindows Azureサービスバスの作成や管理,監視をWindows Azureポータルから行えるようになりました
  • Co-Admin(共同管理者)の追加,管理機能:サブスクリプションごとにアカウント管理者とサービス管理者(Service Administrator)が設定されていますが,開発担当者などのサービス管理者(Co-Administrator)を追加することが可能です
  • Windows Azure SQLデータベースのBLOBストレージへのインポート&エクスポート:SQLデータベースをDACPAC形式でBLOBストレージへエクスポート,インポートすることができます。また,インポートの際に新規SQLデータベースを追加することなども可能になりました

また,ポータルとしての機能改善がいくつか行われており,Windows Azure仮想マシンに関連付けられたVHDの削除,Windows Azureクラウドサービスの管理メッセージ改善,Windows Azureメディアサービスの監視機能,Windows Azureストレージ コンテナの作成およびアクセス権限管理 などがアップデートされています。

Windows Azure Webサイト,ギャラリーにOSSアプリケーションを追加(10/2)

Windows Azure Webサイトのギャラリーに用意されているOSSアプリケーションにMediaWikiとphpBBが追加されました。

Wikipediaを構築しているMediaWikiやフォーラムサイトで利用されているphpBBがWindows Azure上にインストールされた仮想マシンを利用でき,自身でダウンロードやインストールする必要なく,すぐ利用を開始できます。MediaWikiはMySQL,phpBBはWindows Azure SQLデータベースまたはMySQLをデータベースとして利用可能です。

現在,Windows Azure Webサイトのギャラリーに含まれているアプリケーションはこちらになります。

Acqua Drupal 7 / Composite C1 CMS / DasBlog / DotNetNuke / Drupal Commerce Kickstart / Joomla! 2.5 / MediaWiki / mojoPortal / Orchard CMS / phpBB / Umbraco CMS / WordPress

Windows ServerでWindows Azureのサービスを稼働できる“Bringing Windows Azure Services to Windows Server”,ベータ版提供開始(10/8)

Windows AzureのサービスをWindows Server上で展開できるBringing Windows Azure Services to Windows Server,これまでCTP(Customer Technology Preview:プレビュー版)となっていましたが,この度ベータ版として提供を開始しました。

こちら主にホスティングサービスプロバイダ向けに提供されるサービスで,Windows Server+System Centerによるクラウドサービスが提供できる基盤となります。

ベータ版リリースに際し,CTP 版から下記のような機能がアップデートされています。

  • サービス管理ポータル,API:サービス管理ポータル,API の分散インストール,複数プランへのユーザーログイン
  • Webサイト機能:HTTP/SSL のサポート,高可用性オプションと Live アップグレードを含む分散インストール強化,Generic FastCGI のサポート
  • 仮想マシン機能:テンプレートからのVM作成ウィザードの強化,ハードウエアプロファイルを用いたVHDからのVM作成

稼働できる環境はWindows Server 2012+System Center 2012となっており,2013年の早い時期に予定されているSystem Center 2012 Service Pack 1と合わせて提供される予定です。

Windows 8/マルチデバイス+Windows Azureスターター キット公開(10/2)

Windows 8および各種デバイス向けアプリケーションとWindows Azureを連携させるサービスを構築するための「Windows 8/マルチデバイス+Windows Azure スターター キットが公開され,利用可能になりました。

こちら,Visual Studio 2012用のテンプレートとして提供され,jQuery Mobileを含むASP.NET MVCアプリケーションおよびJavaScriptベースのWinRTアプリケーションが作成でき,Windows 8やWindows Phoneなどに対応したアプリケーションを開発できます。

また,ASP.NETフォーム認証を利用するコードやデータアクセスのためのコードが含まれており,Windows Azure上にサービスを展開,SQL Azureデータベースを活用したアプリケーションを構築できます。

Windows Azureコミットメントプランで最大32%割引に(10/1)

Windows Azureを6ヵ月/12ヵ月継続して,月々一定以上のご利用をお約束いただくコミットメントプランで,ボリュームディスカウント割引が更新されました。

月々43,700円以上をご利用いただくコミットメントにより,従量課金料金の20%~でご提供し,さらに,⁠1)プリペイド(先払い)にてご利用いただく場合に2.5%割引,⁠2)12ヵ月コミットメントをご利用いただく場合に,6ヵ月コミットメントより2.5%割引,となり,合計最大で32%の割引になります。

Windows Azure Guest OS 2.12&1.20リリース(10/1)

Windows Azure Guest OSがアップデートされ,2.12(Windows Server 2008 R2)および1.20(Windows Server 2008 SP2)が最新版となりました。

なお,先日の記事でもお知らせいたしましたが,10/3以降,古いバージョンのGuest OSは利用できなくなっていますのでご注意ください。2012年3月にリリースされたGuest OS 2.9および1.17(Release 201112-03)以降が利用可能です。

馮富久の眼

今週からWindows Azure通信が再開しました。前回のパイロット版では,この3ヵ月間を振り返り,今回から最新動向をキャッチアップしていきます。

まず,今月の目玉は何と言ってもWindows 8のリリースでしょう。久々のメジャーバージョンアップでもあり,OSそのもの以外にも,関連する技術やサービス,すべてに動きが見えてきました。今回紹介している「Windows 8/マルチデバイス+Windows Azureスターター キット」もその1つです。

今後,マルチデバイス向けのアプリケーションやサービスを開発していく上で,大きなトラフィックをさばくことは最優先課題の1つとなります。このスターターキットでは,Visual Studio 2012を利用したテンプレートの他,インフラとしてのWindows Azureの活用のための機能が盛り込まれています。開発者の皆さんにはぜひ注目してもらいたいトピックです。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ、開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入