Windows Azure通信

2012年11月12日号:Windows Azureストレージにフラットネットワーク導入,Python向け開発環境,Windows Azure Plugin for Eclipse for Java

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Windows Azureストレージにフラットネットワーク導入,帯域幅を大幅に改善(11/2)

Windows Azureのすべてのデータセンターにおいて,ストレージにフラットネットワークが導入され,より高い帯域幅のネットワークによる接続が実現できるようになったことが公表されました。

Windows Azure仮想マシンでは,展開する仮想マシンイメージ(VHD)をWindows Azureストレージ上に保持しており,今回公表された⁠第2世代⁠と呼ばれるストレージの導入により,大幅に通信速度が向上します。また,コンピューティングサービスとストレージ の間に多くの帯域幅を必要とするMap/ReduceやHPCにも対応した設計となっています。

この⁠第2世代⁠は,コンピューティングのマルチテナントへの対応を強化,独立して拡張性を高めるために,ストレージからの分離が行われたため,ネットワークの拡張とスループットの大幅な改善を実現するべく開発・導入が進められました。Quantum 10(Q10)と呼ばれるノンブロック型の10Gbpsフラットネットワークが採用されており,また,ハードウェアロードバランサーからソフトウェアロードバランサーに変更されています。

なお,今回の拡張性アップデートは,2012年6月7日以降に新規作成されたストレージに対して提供されます。主な機能拡張は下記になります。

ストレージアカウントにおける機能拡張

容量上限200TB
トランザクション上限20,000/秒
地域冗長(Geo Redundant)上限受信5gigabit/秒,送信10gigabit/秒
ローカル冗長(Locally Redundant)上限受信10gigabit/秒,送信15gigabit/秒

パーティションにおける機能拡張

1キュー当たり上限2,000メッセージ/秒
1テーブルパーティション当たり上限2,000 エントリ/秒(→1テーブル当たり20,000エントリ/秒)
1ブロブ当たり上限60MB/秒

Python Tools for Visual Studio 1.5&Windows Azure SDK for Python 2012年10月版公開(10/31)

Windows AzureではPythonをサポートしていますが,PythonをVisual Studioで開発するためのPython Tools for Visual Studio 1.5がCodePlexにて公開されています。また,Windows Azure SDK for Pythonも2012年10月版が公開されており,合わせてWindows Azure上で稼働するアプリケーションの開発・発行・管理などをサポートします。

Python Tools for Visual Studioでは,CPython, IronPythonを利用でき,Intellisenceを含めたコーディングやデバッグ,リファクタリングなどVisual Studioとしての機能を活用可能です。今回のアップデートでVisual Studio 2012,Python 3.3のサポートなども行われています。

なお,Windows Azureクラウドサービスや仮想マシン,WebサイトでもDjangoに対応,Windows Azure仮想マシンでIPython Notebookの利用なども可能です。

Python Tools for Visual StudioおよびWindows Azure SDK for PythonはWeb Platform Installerで一括インストールできます。

Windows Azure Plugin for Eclipse for Java,2012年11月プレビュー版にアップデート(11/5)

Windows Azure SDK for .NET 1.8とともにWindows AzureのJavaアプリケーション開発を行うためのWindows Azure Plugin for Eclipse for Javaの2012年11月プレビュー版が公開されました。

今回のアップデートでは,相互運用性を実現するメッセージプロトコルである AMQP(Advanced Message Queuing Protocol)1.0がWindows Azureサービスバスでサポートされ,対応するクライアントライブラリであるPackage for Apache Qpid Client Libraries for JMSが提供されます。

他にも,Windows Server 2012(Guest OS 3.x)への対応やWindows Azure Cachingの操作(各ロール内で動作するCo-located/インメモリキャッシュ の設定など)が可能になります。

馮富久の眼

今週は,PythonおよびJavaに対応した開発環境のリリースがありました。

Pythonに関してはこれまでもWindows Azureで利用可能でしたが,今回のSDKアップデートでは,アプリケーションの管理がしやすくなりました。加えて,Microsoftが提供するIDE,Visual Studioでの利用が可能になり,Visual Studio 2012やPython 3.3への対応が行われ,Pythonデベロッパにとっては環境が整備されたと言えます。

また,Javaに関しては,Eclipse向けのプラグインが用意されました。これにより,AMQPがWindows Azureサービスバスで対応し,Eclipse上でのメッセージングツール開発などが行い易くなっています。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入