Windows Azure通信

2012年11月26日号:2012年10~11月のWindows Azure管理ポータル機能強化,Windows Azure SQLデータベースの改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2012年10~11月のWindows Azure管理ポータル機能強化(11/19)

先日,Windows Azure 管理ポータルmanage.windowsazure.comで日本語が利用可能になりましたが,他にも便利な機能が追加,アップデートされています。

6ヵ国語のサポート

日本語のサポートと同時にドイツ語,スペイン語,フランス語,イタリア語も利用できるようになり,英語と合わせて6ヵ国語で利用可能になりました。

操作ログの取得

Windows Azureクラウドサービスやストレージに対する操作(サービス作成やデプロイなど)のログがサブスクリプション別に簡単に抽出できます。

Windows Azure SQL データベースの稼働状況ダッシュボード

コンピューティングサービス(クラウドサービス,Webサイト,仮想マシン)と同様に,SQLデータベースの稼働状況を確認できるダッシュボードが利用できるようになりました。

Windows Azure仮想マシンのQuick Createオプション

あらかじめ用意されているVMイメージを利用するギャラリーにも,"Quick Create(簡易作成)"のオプションが追加され,仮想マシンの作成ステップが簡易になりました。仮想マシンのイメージ(VHD)を配置するストレージを指定したい場合は従来のギャラリーからの作成を行ってください。

すべてのデータセンターにおけるWindows Azure Webサイトの作成

東アジアを含む,すべてのデータセンターでWindows Azure Webサイトのサービスを利用できるようになりました。また,Private GitHub,BitBucketレポジトリからのデプロイがサポートされました。なお,先日よりPHP5.4がサポートされ,管理ポータルから設定可能です。

Windows Azureクラウドサービスのデプロイ機能強化

Visual Studio などのツールを利用するのではなく,管理ポータルからパッケージファイルをデプロイする場合,ローカル環境の他に,Windows Azure ストレージを指定してデプロイすることが可能になりました。なお,Windows Azure クラウドサービスのロール内の分散キャッシュ(Dedicated Cache)を使用している際,構成などの変更が管理ポータルから操作可能になります。

Windows Azureメディアサービスの強化

Windows Azureメディアサービスによる コンテンツのアップロード,エンコーディング,発行が管理ポータルで行えるようになりました。エンコーディングは,PC向け(Sliverlight/Flash)⁠HTML5(IE/Chrome/Safari)⁠iOS向けの3種類が用意されており,発行すると公開URLからすぐコンテンツを配信できます。

Windows Azure仮想ネットワークのQuick Createオプション

仮想ネットワークにも"Quick Create"による作成が追加されました。 また,DNSサーバの設定も管理ポータルから行えます。

Windows Azureストレージの独自ドメインの設定

デフォルトのドメイン名(xxx.blob.core.windows.net)の代わりに,カスタムドメイン(CNAME)を設定することが可能になりました。

データ層アプリケーションフレームワーク2012年11月版によるWindows Azure SQLデータベースの改善(11/16)

SQL Serverにおけるデータ層アプリケーションフレームワーク(DACFx:Data-Tier Application Framework)の2012年11月版アップデートが行われ,Windows Azure SQLデータベース関連の問題も修正されています。

Windows Azure SQLデータベースに対してBACPAC形式ファイルによるインポートおよびエクスポートを行う際,データベース接続がスロットリングされた場合にデータを損失する可能性があった問題が解決されています。また,DACFxによるWindows Azure SQLデータベースの利用におけるパフォーマンスと安定性の改善がなされています。

DACFxを用いることによってWindows Azure SQLデータベースをオンプレミスまたはWindows Azure仮想マシン上のSQL Serverに移行できます。Windows Azure管理ポータルでWindows zure SQLデータベースのBACPAC形式バックアップを作成でき,SQL Server Management Studio 2012でこちらをインポートできます。

馮富久の眼

この秋,Windows Azure管理ポータルの各種改善が行われています。まず何と言っても日本語のサポートが大きな改善点です。私たち日本のユーザにとって大変使いやすくなりました。また,Windows Azure Webサイトの作成に関して,すべてのデータセンターで利用できるようになったところも嬉しい限りです。その他,Private GitHub,BitBucketレポジトリからのデプロイが可能になったり,PHP 5.4がサポートされたりと,Web開発者にとって,利便性が大幅に向上したといえるでしょう。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入