Windows Azure通信

2012年12月18日号:Team Foundation Serviceの2012年12月版アップデート,Windows Azure Active DirectoryでJSON Web Tokenをサポート,Windows Azure Guest OS 3.1/2.13/1.21公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Team Foundation Serviceの2012年12月版アップデート,Windows Azure SDK 1.8対応(12/10)

Windows Azure上でアプリケーションライフサイクル管理を行うサービスを提供しているTeam Foundation Serviceが2012年12月版にアップデートされました。

Windows 8向けWindowsストアアプリに対応したほか,デフォルトの表示画面である⁠Source⁠のデザイン見直しやCode Exploroer Viewのフォルダ表示ナビゲーションの改善,修正 / 追加 / 削除されたコードのマーカー表示など,Webツールからの操作性が大幅に向上しています。また,今回のアップデートでVisual Studio 2012 Update 1対応となり,Windows Azure SDK 1.8およびTypeScript 0.8.1でのビルドがサポートされます。

なお,これまではWindows Azure VMロールでサービスが提供されていましたが,今回のアップデートでWindows Azure仮想マシン上に移行,Windows Server 2012かつ,より大きいディスク領域にて再構築されています。

Windows Azure Active DirectoryでJSON Web Tokenをサポート(12/10)

Windows Azure Active DirectoryはRESTサービスにおけるトークンのフォーマットであるJSON Web Token(JWT)をサポートしています。JWTはIETFのOAuth Working Groupにより制定されており,OpenID Connectの基本コンポーネントの1つになっています。

このたびJSON Web Token Hander for .NET Framework 4.5が利用可能になり,JWTの作成/発行/シリアル化,逆シリアル化/認証/操作を行うためのクラスライブラリが提供されます。こちらWindows Azure Authentication Libraryの機能強化として提供され,Windows Azure ADでJWTを利用する.NETアプリケーションを容易に構築できます。

Windows Azure Guest OS 3.1/2.13/1.21公開(12/4)

Windows AzureクラウドサービスのWeb/Workerロールを稼働させるOSであるGuest OSが2012年11月版としてバージョンアップされています。最新は3.1(Windows Server 2012互換)⁠2.13(Windows Server 2008 R2(SP1)互換)⁠1.21(Windows Server 2008 SP2互換)となります。

馮富久の眼

今回は3つ目のトピック,Windows Azure Guest OS 3.1/2.13/1.21に注目します。今回の公開により,とくにサーバ向けOSの最新版をサポートすることになり,中規模システムの構築やシステム構築のステージング環境としての利用など,幅広い用途でWindows Azureが活用できるようになりました。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入