Windows Azure通信

2012年12月26日号:HPC Pack 2012公開,Windows Azureメディアサービス,エンコーディング占有ユニットの提供開始,CLI tool for Mac and Linux公開,Windows AzureとBing Mapsでサンタクロース追跡をサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

HPC Pack 2012公開,Windows Azure上にクラスタを作成可能に(12/14)

Windows ServerでHPC(Hi-Performance Computing)を実現するクラスタを構築するためのHPC Pack 2012(v.4)がリリースとなりました。Windows Server 2012よりHPC Editionがなくなり,HPC Packもすべてのエディションが統合され,HPC Pack 2012として無償で提供されるようになり,また,Windows Azureを活用するための機能が強化されています。

Windows Azure仮想ネットワークに対応しており,仮想プライベートネットワークを構成して社内ネットワークとWindows Azureに安全に接続できます。

また,クラスタを構成するヘッドノードをWindows Azure仮想マシン上に配置,配下の計算ノードは Windows Azureクラウドサービスのワーカーロールを使用でき,Windows Azure上に完全なクラスタを構築することも可能になりました。

なお,アプリケーションVHDの自動マウント先としてWindows Azureに配置した計算ノードを指定可能になるなど,Windows Azureの活用が容易になります。

Windows Azureメディアサービスでエンコーディング占有ユニットの提供を開始(12/15)

Windows Azureで動画のエンコーディングや配信を行うWindows Azureメディアサービス でエンコード占有ユニットの提供が開始されました。

こちら,Windows Azureメディアエンコーダのユニットを占有して利用できる有料サービスで,動画のエンコーディングの並列処理を行うことで,タスク処理を高速化できます。これまでの占有でない(共有の)エンコーディング機能はプレビュー期間中,無料で利用できます。また,エンコーディングの完了した動画配信はWindows Azureストリーミングで配信できます。こちらもプレビュー期間中につき,無料で利用できます。

Windows Azureメディアサービスは現在プレビュー中につき無料で利用できますが,アップロードされるコンテンツなどのデータ保存にはWindows Azureストレージを利用しており,ストレージ領域やストレージへのデータ転送(送信)については費用がかかります(もちろん90日無料評価版やMSDNサブスクリプションなどのメンバープランの無料分でカバーできます)⁠

Windows Azureの各サービスをコマンドラインで管理:CLI tool for Mac and Linux公開,Windows Azure PowerShell 2012年12月版(12/19)

Windows Azureの各サービスをコマンドラインで操作,管理を行うツールとして,この度 Mac OSおよびLinuxを含むマルチOS向けコマンドラインツールとして,Windows Azure CLI tool for Mac and Linux(v0.6.9)がGitHubで公開されました。こちらはアカウント情報をインポートして,Windows Azureの各種サービス(Webサイト,仮想マシン,モバイルサービス,サービスバス,ストレージ)の作成や管理をコマンドラインで実行できます。

また,Windows Azure PowerShellが2012年12月版にアップデートされており,仮想マシンを利用する際のVHDイメージ操作や,サービスバスを利用する上でサービスバス名前空間の管理,といった作業がコマンドラインで操作できるようになりました。なお,2012年11月版以降,Windows Azure SQLデータベース操作のコマンドも復活しています。

北米航空宇宙防衛司令部のサンタクロース追跡をWindows AzureとBing Mapsがサポート(12/13)

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD:North American Aerospace Defense Command)は62年も前から,毎年12月24日のクリスマスイブにサンタクロース追跡を行っています。今年は2,500万人もの人々がインターネットを通じて,Webやモバイルデバイス,携帯電話やemailでサンタクロースの軌跡をリアルタイムで確認すると予想されています。12月24日のアクセス集中に対応できる拡張性を備え,NORAD/パートナー各社/サンタクロースのITソリューションを統合できる,オープンで柔軟なプラットフォームとしてWindows Azureが採用されました。

サンタクロースの居場所の確認は,問い合わせ専用電話やメールが設けられ,NORAD Tracks SantaのWebサイトでは NORAD が所有する高速デジカメ"Santa Cams(サンタ・カメラ)" の映像もストリーミングされます。こちら各種スマートフォン向けアプリや,Windows 8 アプリから確認できます。

馮富久の眼

今回も注目ニュースがたくさん飛び込んできています。まず,HPC分野でのWindows Azure利用がますますしやすくなるHPC Pack 2012が公開されています。その他,コマンドラインでのWindows Azure管理がしやすくなるCLI tool for Mac and Linuxの公開にも注目したいところです。

また,時期的な話題としては,最近インターネット上で注目を集めるサンタクロース追跡について,北米航空宇宙防衛司令部での取り組みにWindows AzureとBing Mapsが利用されたのはおもしろいですね。時差の関係から,まさにこの記事が公開したころに2012年のサンタクロースの追跡が終わっていることでしょう。

2013年もよろしくお願いいたします。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入