Windows Azure通信

2013年2月20日号:Windows Azure Guest OSの更新,Windows Azure PowerShell v0.6.10公開,Windows Azure Plugin for Eclipse with Java v1.8.1公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure Guest OSの更新:3.2, 2.14,1.22を公開(2/12)

Windows AzureクラウドサービスのベースとなるGuest OSの最新バージョンが公開されました。Windows Server 2012ベース(3.x)は 3.2,Windows Server 2008 R2ベース(2.x)は2.14,Windows Server 2008 SP2ベース(1.x)は,1.22が最新バージョンになります。OSのバージョン設定が[自動]に設定されている場合は,Windows Azureにより自動で最新バージョンにアップデートされます。

ちなみに,クラウドサービスを稼働させる仮想マシンであるGuest OSおよびGuest OSを稼働させるHost OS,この両方のアップデートが定期的に行われており,その際には仮想マシンの再起動が行われます。クラウドサービスで同じロールを2つ以上デプロイすることで,アップデートや再起動中でも稼働させているサービスのダウンタイムが発生しないように構成できます。

Windows Azure PowerShell v0.6.10公開,デバックモードを追加(2/12)

Windows Azure Powershellがアップデートされ,バージョン 0.6.10として公開されました。ベースはWindows Powershell 3.0となりました。

追加機能としては,デバッグモードが追加され,RequestとReponseをコンソール上で確認できるようになりました。また,クラウドサービス,仮想マシン用cmdletsのソースコードのリリース,クラウドサービス用のcmdletsの追加(Web/Worker ロールの追加など)等が行われています。

なお,2012年11月版(v0.6.9)のWindows Azure SQLデータベース用cmdletsによりデータベースサーバの新規作成やファイアウォール設定,データベースの作成・変更・削除などが行えるようになっています。

Windows Azure Plugin for Eclipse with Java v1.8.1公開(2/9)

Windows AzureクラウドサービスにデプロイできるJavaアプリケーションの開発をサポートするWindows Azure Plugin for Eclipse with Javaの最新版,2013年2月版CTP(v1.8.1)が公開されました。こちら2012年11月版のアップデートになります。

機能追加として,インストールに含める必要のあるJDKやアプリケーションサーバ,コンポーネント類をWindows Azureブロブストレージにアップロードしておき,そちらを指定して直接デプロイすることが可能になりました。また,Windows Azure Libraries for Javaのアップデートが含まれています。

馮富久の眼

今週は注目のアップデートが多数行われました。まず,Guest OSです。定期的にアップデートされるので自動更新設定をしておくと良いでしょう。また,Windows Azureの特徴の1つでもある,Windows Azure PowerShellのアップデートにも注目したいです。PaaSでありながらも,コンソールで管理できるのはWindows Azureの魅力の1つです。今回,デバッグが行えるようになり,一層管理しやすくなりました。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入