Windows Azure通信

2013年2月26日号:ASP.NET and Web Tools 2012.2リリース,Windows Azure SDK for .NET,2013年2月版に更新

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ASP.NET and Web Tools 2012.2リリース(2/18)

先日RC版(Release Candidate:正式候補)が公開されていたASP.NET and Web Tools 2012.2がリリースとなりました。

Windows Azure関連では,Windows Azure認証がASP.NET MVC,Webページ,Webフォームで利用できるようになっています。Office365アカウントやWindows Azure Active Directoryに登録されているカスタムドメイン,Windows Azure Active Directoryと同期されているオンプレミスのActive Directoryのアカウントでこの認証機能を利用できます。

ASP.NET and Web Tools 2012.2は後日公開されるVisual Studio 2012 Update 2に先駆けて公開されたもので,Visual Studio 2012 Update 2に含まれることになります。

ASP.NET and Web Tools 2012.2のリリースに合わせて,Visual StudioにWebコーディングツールとしての機能を強化するWeb Essentials 2012(拡張機能)の最新版が利用可能となっています。HTML/CSS/JavaScript/TypeScript/CoffeeScript/LESSなどをサポートしており,各種ブラウザでのデバックといった機能も備えています。

Windows Azure SDK for .NET,2013年2月版に更新(2/18)

ASP.NET and Web Tools 2012.2リリースに合わせて,Windows Azure SDK for .NETが更新され,最新版が2013年2月版(v1.8.1)となりました。Web Platform InstallerでASP.NET and Web Tools 2012.2をインストールすると,Windows Azure SDK 1.8.1も一緒にインストールされます。

  • Web Platform Installer(ASP.NET and Web Tools 2012.2およびWindows Azure SDK 1.8.1のインストール)

馮富久の眼

今週は開発者向け機能のアップデートが行われています。まずは,ASP.NETとWeb Toolsのアップデートです。これにより,Windows Azure認証を利用したアプリケーション開発が行えるようになりました。また,Windows Azure SDK for .NETの最新版が出ています。

お詫びとお知らせ

2013年2月23日(日本時間)にWindows Azureストレージ のサービス中断が発生いたしました。ご利用いただいているお客様には大変なご迷惑をおかけいたしましたこと,心よりお詫び申し上げます。

2月23日5時44分にSSL 証明書に期限切れに伴い,HTTPSトラフィックに対して世界規模で Windows Azureストレージのサービス中断が発生いたしました(HTTPトラフィックに関しては影響はありませんでした)⁠

影響のあったクラスタに対して復旧作業を実行,同日18:00(日本時間)時点で,全世界の99%以上のストレージがご利用可能な状態となり,2月24日13時には復旧作業を完了,すべてのサービスが正常稼働していることが確認されました。

今回発生した障害の原因究明と今後の再発防止策について,Windows Azure 公式ブログ にて公開される予定となっております。

なお,サービス中断と復旧までの経緯はwindowsazure.comのサービスフィード(英語)にてご確認いただけます。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入