Windows Azure通信

2013年3月19日号:Windows Azureによるビックデータソリューションガイド公開,Windows AzureのSSLルート証明書がBaltimore CyberTrust Rootに変更

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azureによるビックデータソリューションガイド公開(3/14)

Microsoft .NETのアプリケーション設計・開発における実践的ガイド,Microsoft patterns & practicesのWindows Azure Guideとしては第4弾となる,Windows Azure HDInsightによるビックデータソリューション構築ガイド,Developing Big Data Solutions on Windows Azureが追加されました。

ビッグデータソリューションの導入計画やWindows Azure HDInsightを利用することによるメリットについてはもちろん,データの準備やBIツールなどから利用できるようにするための設定についても記載されています。また,想定されるビックデータ活用のシナリオ例として,Twitterの公式アカウントを利用したオンラインマーケティングを取り上げ,Windows Azure HDInsightで感情分析(Sentiment Analysis)を行い,Excelで結果を取得できるようにするまでの手順について紹介しています。

Windows AzureのSSLルート証明書が2013年4月よりBaltimore CyberTrust Rootに変更(3/16)

Windows AzureのSSLルート証明書はこれまでGTE CyberTrust Global Rootが使われてきましたが,2013年4月15日よりBaltimore CyberTrust Rootに変更となります。

Baltimore CyberTrust Rootは,PCやモバイル端末のさまざまなOS,ブラウザに対応しており,より強力なハッシュアルゴリズムを用いた暗号化通信を行うことができます。

4月15日以降,Windows Azureの各サービスに順次更新が行われ,通常対応は必要ありませんが,必要に応じてGTE CyberTrust Global RootとBaltimore CyberTrust Rootの両方を受け入れる設定を行ってください。

馮富久の眼

今週のニュースでは,Developing Big Data Solutions on Windows Azureに注目したいところです。日々データが大きくなる中,Windows Azureの活用法も望まれています。このガイドを読めば,Windows Azureベースのビッグデータインフラの構築が行えるでしょう。開発者の皆さんにおすすめです。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入